シボレーの希少車買取

あなたはシボレーの買取に満足していますか?

シボレーは、レーサーであり、エンジニアでもある創設者のルイ・シボレーの名前を採り、デトロイトで設立されました。世界最大の自動車メーカー ゼネラル・モーターズグループの中で幅広いラインナップを持ち、コルベットやカマロ、タホ、ブレイザーなど、スポーツカーとSUV分野で高い人気を得ています。2011年11月で設立から100周年を迎え、特に創設者の意思を引き継ぐスポーツカーである「コルベット」は、世界中からの非常に高い人気を誇り、アメリカの自動車メーカーを代表する存在となっています。「コルベット」の初代モデルC1は、3,850ccのOHVエンジンを搭載したオープン2シーターとして登場しました。そこから代を重ね、C7まで頑なにOHVエンジンによる、低くロングノーズで流麗なプロポーションと、フロントエンジン・リアドライブ方式(FR)の後輪駆動で豪快な走り味を守ってきました。しかし、ついに8代目となるC8では、駆動方式をついにミッドシップレイアウトに変更し、世界の名だたるスーパーカーと互角以上に渡り合えるスペックとデザインで登場し、再び注目を集めています。

シボレーの買取相場の特徴

固定ファンが多いシボレーでは、同一車種でも固有の年代のモデルに強いこだわりを持っているファンも多いために、高年式、低走行だから高額というわけではなく、かなり以前に製造終了した低年式のモデルについても安定した人気をもち売買されています。コルベットで言えば、「コークボトルライン」と呼ばれるドア部分にくびれを持つグラマラスなボディの三代目C3、流麗でスポーティーなルックスとなったC5などで、Z06、Z51などのスポーツ性を高めた希少なモデルが特に人気で高額な買取価格になっています。また、日本のミニバンブームの火付け役ともいえるアストロでは、1985年より20年間の長い間生産され、角型2灯ライトの初期型から、新しいシボレーファミリーの顔でもある横長ライト四灯のモデルなど各年代毎ともに人気があり、特にスタークラフトと呼ばれる豪華な内装のコンバージョンモデルが高額な買取価格となっています。

シボレーの人気の中古車

シボレーといえば「コルベット」!というほど人気が高く、最新のモデルだけではなく、初代から最新のC7まで世代毎に熱烈なファンがいます。現在現行車種であるC7コルベットの場合、ベースグレードでも6.2リッターLT1型V8・OHVエンジンは450馬力と高出力となっていますが、ドライサンプ化して性能を高めた466馬力のZ51、スーパーチャージャーを付与した659馬力のZ06、そして最強モデルのZR1では755馬力という高出力を誇ります。また、アメリカ車には珍しいマニュアル・トランスミッション(7MT)が選択出来ることもスポーツカー好きなドライバーに高く評価されています。SUV分野では日本車にはない迫力のある大型なブレイザー、タホといったモデルが人気です。また、ミニバンタイプのアストロは、2005年製造終了と古い車種となっていますが、広々した室内や押し出しの強いフロントフェイスで根強い人気を誇ります。

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。