メルセデスベンツの希少車買取

あなたはメルセデスベンツの買取に満足していますか?

世界で初めてガソリン自動車を発明したカール・ベンツと、カール・ベンツのライバルであり、ほぼ同時期にガソリンエンジンを発明したゴットリーブ・ダイムラーに由来するもので、その二社が1926年に合併して誕生しました。会社名はダイムラー、ブランド名としてはメルセデス・ベンツとして自動車生産するメーカーで、現在では日本でも有名な高級車以外に、大型トラックなどの商用車も広くラインナップしている総合自動車メーカーです。ヤナセが輸入していた時代には、Sクラス、Eクラス、190クラスなどのセダンモデルが大半でしたが、日本法人としてメルセデス・ベンツ・ジャパンが出来てからはGクラスやMLクラスなどのSUV、Vクラスのミニバンなど多くの車種をラインナップしています。常に最高品質のクルマを作るという徹底した姿勢を持ち、「Das Beste oder nichts(最善か無か)」というスローガンを掲げて開発していることでも有名です。

メルセデスベンツの買取相場の特徴

メルセデス・ベンツは、高級車ブランドとして広く認知され、買取相場は高く維持されており、値落ちの少ないメーカーのひとつです。その買取価格は、前述の“最善か無か”というスローガンを掲げて開発していた初期、スローガンを使わなくなった中期、そして再び“最善か無か”というスローガンを掲げた近代で大まかに区切られます。190E(W201)やEクラス(W124)を販売していた1995年頃までを初期とすると、デザイン的には微妙なものの、安全性最優先であるとして大きなステアリングホイールを採用したり、急発進しないようにとアクセルペダルが重かったりと独善的とも言える作りと言われる向きもありますが、過剰とも言えるボディ、各機関部分の品質で不朽の名作として未だに中古車市場でも高い人気を持っており、適切なメンテナンスさせされていれば、年式、走行距離に関わらず高い買取価格が期待出来ます。1995年に、W124型の後継として販売された衝撃の丸目ヘッドライトで登場したW210型Eクラス以降を中期とすると、生産効率を考えた製造品質が色濃くなり、そのイメージもあり割安な買取価格となってしまっています。再び2010年代後半から再び“最善か無か”というスローガンを掲げて以降の近代の新世代メルセデスではFFモデルであるAクラス、Bクラス、CLAクラスがモデルチェンジし、若返ったシャープなデザインと、高い品質が戻った内装で買取価格は再び安定しています。

メルセデスベンツの人気の中古車

前述の初期の190E(W201)やEクラス(W124)は、当時の名モデルとしていまでも人気があります。年式が古くてもしっかりとしたメンテナンスがされていれば、他の同年代のモデルよりも良い買取価格が期待出来ます。また、近代のモデルではダイナミックでスタイリッシュなデザインと高い品質に手頃な価格設定からAクラスセダン、ハッチバックや、AクラスをベースにしたコンパクトSUVとしてGLAの人気が高くなっています。また、190シリーズの後継モデルとして1993年に登場したCクラスは、Sクラスのような高級感ある外観や内装を持ち、主力セダンとしてメルセデスがしっかりとコストをかけて開発していることもあり、人気が高くなっています。

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。