ゲンバラの希少車買取

あなたはゲンバラの買取に満足していますか?

1979年にウーヴェ・ゲンバラによって設立されたゲンバラ(GEMBALLA Automobiltechnik GmbH)は、フラットノーズ化したポルシェの過激なエクステリア、ハイパフォーマンスなエンジンチューンで有名な、ポルシェ中心のチューナーです。ゲンバラの特徴は、その過激なパフォーマンスや、エクステリア、インテアリアデザインにも関わらず華やかさも兼ね備えたコンプリートカーでもあることです。1994年に登場したポルシェ993ターボをベースとしたコンプリートカーである「ル・マン・ビターボ(Le man's BITURBO)」では、ニュルブルクリンクの北コースで驚異の7分52秒のラップタイムを叩き出すなど、西ドイツの名チューニングメーカーとして有名です。ゲンバラ氏が悲運でなくなったとともに倒産してしまいましたが、2010年8月に新体制で復活し、現在はポルシェだけに限らず、フェラーリなどのポルシェ以外のスポーツカーのチューニングも手掛け、設立当初と変わらぬ過激なハイパフォーマンスマシンを生み出しています。

ゲンバラの買取相場の特徴

ルーフ(RUF)同様、ポルシェをベースに独自のエクステリア、インテリアにチューニングを行ったコンプリートカーを販売していますが、オーナーの依頼を受けたフルコンプリートカーとして作られるため市場に出ることがあまりありません。また、希少車かつ、世界中で人気のモデルの為に、市場に出るとかなりの高額での販売となるため、買い取り価格も期待出来るモデルです。ゲンバラは、その過激かつ華やかなフルコンプリートカーという点が特徴の為、良さを崩さないようにノーマル状態で、適切なメンテナンスをしながら綺麗に乗り続ける事が高い買取価格に繋がります。メンテナンス記録の有無でも買取価格に影響するので、できる限りの資料を残しておくことが大切となります。

ゲンバラの人気の中古車

ゲンバラのイメージを決定した初期のコンプリートカーであるポルシェ911(type930)ベースのフラットノーズが人気があるようです。ターボ フラットノーズは、当時の新車価格2000万円級でオプションを含めるとかなりの金額となりましたが、日本のバブル期に販売されていたことなどもありある程度の中古車を選ぶことができ(と言っても数台ですが)ます。また、年式が古いこともありゲンバラの中では多少値段もこなれていることから人気があるようです。それ以降では600馬力を誇るポルシェ911(type993)ベースの「ExTREMO」やポルシェ911(type996)ベース「GTR550 BITURBO」など歴代の911各モデルにもコンプリートカーを発表しており、そのどれもが人気が高くなっています。

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。