ランボルギーニの希少車買取

あなたはランボルギーニの買取に満足していますか?

ランボルギーニは、1962年に設立されたイタリアを発祥とするスーパーカーモデルを製造販売するメーカーです。どれもが圧倒的なパワーを持つハイスペックな性能とエキゾギックで過激なデザインのスーパーカーで有名なランボルギーニですが、元はフェルッチオ・ランボルギーニ氏が起こしたトラック、トラクターメーカーとしての出発が始まりでした。会社の正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)となります。エンブレムは闘牛が用いられており、歴代のモデルにも闘牛にちなんだ名前が付けられています。設立当社は順調であった経営は、石油ショックなどの外的要因に翻弄され、投資家の手にわたったり、クライスラー傘下となったり、インドネシアの新興財閥のメガテックに譲渡されたりと紆余曲折を経ました。現在では、アウディ傘下となりもとよりのエキゾチックで過激なデザインと、アウディの高い製造品質が融合し、新モデルを順調にリリースしています。

ランボルギーニの買取相場の特徴

デザインとパフォーマンスが特徴のスーパーカーなので、外装、機関の状態が重要です。大型で、視界のあまり良くないモデルが多ことや、エンジンパワーが圧倒的なこともあり、修理をしているモデルも多いため、できるだけ修復歴がないことが高い買取価格に繋がります。また、車好きのオーナーが多い傾向にあり、マフラーやホイール、エアロパーツなどセンスよくまとまったカスタムが施されている場合は、査定がプラスになることも多くなります。ただし、車の強烈な個性に合わせてオーナーの強い趣味が反映されたカスタムが施されることもあり、パフォーマンス重視で車検に通らないカスタムや、個性的すぎるカスタムを施している車両もありますが、買取出来ないケースも発生するのである程度もとに戻してからの買取依頼が望ましいです。

ランボルギーニの人気の中古車

ランボルギーニの代名詞ともいえる、カウンタックが人気です。その後のランボルギーニのアイデンティティが決定付けられたとも言えるガルウイングドア、楔形のシャープなデザイン、V12型エンジンの生み出す怒涛パワーで、今なお人気ですが希少性が高く市場に出回るのを待っているコレクターが多く値段はほぼ応談となることが多いようです。新しいモデルでは、カウンタックから数えて4代目となるアヴァンタドールが、現行モデルながら2011年からと販売期間も長く、価格がこなれている車両もあるために人気があります。また、ランボルギーニ初のSUVにして、初の市販ターボエンジン搭載となるウルスは、SUVとして車高は高いものの最高速度は305km/h、最高出力は650PSとなり、パフォーマンスはまさに他のモデル同様のスーパーカー級で人気が上昇しています。

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。