光岡(ミツオカ)の希少車買取

あなたは光岡(ミツオカ)の買取に満足していますか?

もとは中古車ディーラー・輸入車ディーラーとして始まった光岡ですが、BUBU(ブブ)という名称で営業点を全国展開し事業が成功すると、社長の自動車を自ら製造販売したいという思いから1982年に50ccエンジンを搭載して自動二輪免許・原付免許で運転が可能なゼロハンカー「BUBUシャトル」を発表し、シリーズ化します。その後、1994年には、ロータススーパー7のレプリカモデル「ゼロワン」を発表し、これが組立車として認可されたことで、型式番号を持つ日本で10番目の国産自動車メーカーとなりました。企業理念を「お客様と夢、希望、喜びを共有する楽しいクルマづくり」とし、「独創的なクルマに乗る喜びを、より多くの人々に伝える」というミッションのもの、完全受注生産制かつ手作りで自動車生産しています。

光岡(ミツオカ)の買取相場の特徴

前述の通り、受注生産制を取っていること、限定生産車が多いことから中古市場でも出回る数が少ない希少な車がおおく、ある程度生産台数がある価格帯のマーチベースのビュートなどでも、ベース車両よりも大幅に高い買取価格で推移しています。また、2001年に発表され大きな反響から市販決定し、2006年から販売された大蛇(オロチ)は、フェラーリを参考にして設計製造した独自のシャシーを採用し、ミッドシップレイアウトとするなど非常に高額かつ生産台数も少ないため、買取価格も市販価格に近い価格での価格となり高値で安定しています。

光岡(ミツオカ)の人気の中古車

光岡の中古車の人気は、現代のコンポーネントを使用し、耐久性が良く、それでありながらクラシカルな外観を持つ「ビュート(美遊人)」や「リョーガ(凌駕)」などが、価格もこなれており人気があります。また、近年のモデルとしてマツダのロードスターをベースに製造した2ドアオープンとして、モーガン風のデザインのヒミコ(卑弥呼)が、また、同車ベースの兄弟車として、2代目シボレーコルベットスティングレイ風のデザインとしたロックスターが人気です。特に創業50周年記念モデルとして登場したロックスターは限定の200台が即完売となる人気でした。

光岡(ミツオカ)の車種一覧はこちら

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。