ルーフの希少車買取

あなたはルーフの買取に満足していますか?

RUF(ルーフ)オートモービル社は、1939年にアロイス・ルーフ氏によって創業されたポルシェをベースに独自チューニングしたコンプリートカーを製造販売するドイツの自動車メーカーです。一般のポルシェチューナーとは異なり、自動車製造業者としての独自の形式番号(VINコード)をもつメーカーです。1987年に発表された黄色いボディカラーのCTR(カレラ・ターボ・ルーフ)は、ポルシェ911カレラ(930型)をベースにシャシー・エンジンを徹底的にチューニングしたもので、1987年当時の市販車最速を決定する企画でフェラーリF40が保持する記録を塗り替え339.6km/hを叩き出し、その名を世界に轟かせました。CTRは、3.4リッター空冷式水平対向6気筒ツインターボを搭載し、最高出力469ps、最大トルクは553Nmと当時発表されていましたが、これは「世界中のどのような環境下においても、それが達成できる」という最低保証の数字で、実際はそれ以上のパフォーマンスを発揮していました。その一台一台には、「イエローバード」のような特別な名称がRUF社のCEOから命名されることとなります。

ルーフの買取相場の特徴

RUFは、どのモデルも顧客のオーダーに合わせてオーダーメードで仕上げられる車となるため、モデル毎の相場というものはありません。また、それぞれ新車価格が数千万の高級車かつ、生産台数も限られた超希少車で中古車はほとんど市場に出てくることがないため、買取希望の場合は、コンディションが良くなくてもかなりの高額の買取となることが予想されます。また、ポルシェにRUF製のパーツを組み込んだコンバージョンモデルと呼ばれるチューニングカーも非常に人気が高いため、こちらもノーマルよりも高い買取価格が想定されます。

ルーフの人気の中古車

RUFの代表作ともいえるCTRは、現行型までに3代を数えており、ポルシェ911の930型をベースにした初代のCTRは469馬力、993型ベースの2代目CTR2は520馬力といずれもポルシェの水平対向6気筒をベースにツインターボ化して高出力化したモデルとなります。3代目で997型ベースのCTR3は700馬力、CTR3 クラブスポーツは777馬力で380km/hを誇ります。CTR3は997型ベースと言いながらも水平対向6気筒ツインターボをミッドシップレイアウトし、ボディ後半部分はほぼオリジナルとなるモデルです。その他には、RUFが開発したV型8気筒エンジンを搭載するRGTなどがあります。

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。