ルノーの希少車買取

あなたはルノーの買取に満足していますか?

1898年に、フランス人技術者のルノー兄弟により設立されたフランスの自動車メーカーです。中小の乗用車や商用車を得意とし、フランス的なオシャレかつ先進的なデザインと、優れた安全性能などが高い評価を受けて、1998年から2004年まで連続で欧州第1位の販売台数を誇りました。また、実質的な傘下に日産と三菱を持ち、「ルノー・日産・三菱アライアンス」を構成しており、それ以外の韓国、ルーマニア、ロシアの自動車会社を含めると2017年上半期の自動車販売台数が、トヨタ自動車や、フォルクスワーゲングループを抑え世界首位に立ちました。前輪駆動の小型車である1961年登場の4(キャトル)は1993年まで30年以上も作り続けられ、5(サンク)も先進的なデザインと高い実用性、経済性から人気を博し1972年登場から1984年までの12年間作られるという、フランスのみならず世界で大ヒットとなりました。現行モデルではカングーやトゥインゴなどおしゃれな外観と高いユーティリティなどで好評を博しています。

ルノーの買取相場の特徴

コンパクトな日常生活に利用する車として使用されることが多いため、通常の国産車同様にエンジンのコンディションや、日常のメンテナンス(バッテリー、エンジンオイル、マフラーなど)の状態が細かくチェックされ買取相場に反映さることが多いようです。また、日本ではフランス車ならではのおしゃれな外観が特徴のメーカーとして認識されているので、外装の傷でも大きく買取相場に影響します。オーナーの個性を反映して、純正以外のホイールに交換していたり、ステッカーを貼ったりなどしている場合は、純正パーツの有無を伝えたり、純正状態に戻すなりしたほうが、減額にならないことが多くなります。

ルノーの人気の中古車

現行や近年のモデルでは、圧倒的にカングーが人気です。おしゃれなデザインをちながらも使い勝手が良いコンパクトなミニバンタイプであり、小型ながら天井が高いことで広い荷室の高いユーティリティが特徴です。また、小型商用車を得意とするルノーらしく、トルクのあるエンジンと適切なギア比で走っていて楽しいクルマであることも人気の要因となっています。また、コンパクトハッチバックとして、初代と3代目でヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したクリオ(日本名:ルーテシア)も人気で、通常モデル以外のメガーヌR.SトロフィーRなど、ホンダで例えるとタイプRのようなスポーツ性を高めたモデルも特に人気があります。

無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。