東証上場

運営:カレント
自動車株式会社

0120-389-777

受付時間9:00~22:00(年中無休)

査定を依頼する(無料)

このたびの「令和6年能登半島地震」により被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申しあげますとともに、
被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申しあげます。

1972年 ハコスカ L20型エンジン 3連装キャブレター

1972年 ハコスカ L20型エンジン 3連装キャブレターの紹介です。

旧車の定番のキャブレターには、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

まず、キャブレターのメリットのひとつは電気を使用しないことです。そのため、バッテリーが上がったとしても押しがけでエンジンをかけることができます。

次に構造が非常です。例えば、構造が複雑なインジェクションの場合は、故障した場合は交換するしかなく、高価な部品代がかかります。その点、構造が単純なキャブレターであれば、洗浄や消耗部品の交換だけで調子を取り戻すことができます。

しかし、セッティングには多くの知識と経験が必要なため、万人向けとはいえません。また、インジェクションに比べて動作が不安定なため、趣味の車と割り切る必要があります。

もちらん、アクセルを踏み込んだ時のダイレクトな感覚や独特の吸気音は、何ものにも代えがたい魅力があります。

[ライター/旧車王編集部]

査定を依頼する(無料)

お急ぎの方はお気軽にお電話ください

0120-389-777

受付時間:9:00~22:00(年中無休)