2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について

DR30 スカイライン FJ20型 DOHC インタークーラー付きターボエンジンの紹介

DR30 スカイライン FJ20型 DOHC インタークーラー付きターボエンジンの紹介です。

DR30 スカイラインの慌ただしい歴史を簡単に紹介します。

まずは1983年2月に、ターボ化されたスカイラインRSターボが発売されます。このエンジンは、最高出力190ps/6400rpm、最大トルクは23.0kgm/4800rpmを発揮します。

当時は4バルブのDOHCターボが存在しませんでした。したがって、DR30 スカイラインがリッター100psに近い4バルブDOHCターボを搭載したことは、関係者の間で大きな衝撃となりました。

こちらのエンジンはインタークーラーのパイピングがありますので後期型になります。

1983年8月にはマイナーチェンジにより後期型となり、いわゆる鉄仮面と呼ばれる細長いヘッドライトとラジエーターグリルレスのフロントフェイスになります。

さらに1984年2月にはインタークーラーが追加され、最高出力はついにリッター100psを超える205ps/6400rpm、最大トルク25.0kgm/4400rpmに到達します。

フロント左下のエプロンにインタークーラーの冷却用開口部が設けられました。

1985年8月にフルモデルチェンジによりR31 スカイライン移行し、FJ20型の歴史もここで幕を閉じます。

DR30 スカイラインの歴史を振り返ると、後期型になってからインタークーラーが搭載されるまでに半年という期間があったことがわかります。

つまり、世間でいわれている鉄仮面=インタークーラー付きターボという話しは、厳密には間違っていることになります。因みに、西部警察のDR30 スカイラインは鉄仮面ではなく前期モデルです。

[ライター/旧車王編集部]

旧車図鑑 買取中のメーカー一覧