2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について

新品 トヨタ 86 スバル BRZ ZN6 HKS ハイパー MAX4 GT 車高調の紹介

新品 トヨタ 86 スバル BRZ ZN6 HKS ハイパー MAX4 GT 車高調の紹介です。

型式ZN6のトヨタ 86 &スバル BRZと言えば、トヨタとスバルの資本提携と同時に、豊田章男社長の肝いりで開発されたFRスポーツです。その名の通りAE86の復刻版のような位置付けとなりますが、基本はスバル車でインプレッサを2ドアにして2WDにしたような作りになっています。しかし、今現在国産でこれといったFRスポーツは存在しておりませんので、トヨタ 86 &スバル BRZが発売された意味は非常に大きいと言えるでしょう。

また、こちらの商品の発売元でもあるHKSは、トヨタ 86 &スバル BRZの発売当初から、積極的なアフターパーツの開発・販売を行っています。

その開発は、積極的という言葉では全く足りないレベルで、筑波サーキットにおけるタイムアタックでは50秒の壁を破りチューニングカー最速となりました。予算に限りがある中で生まれたFRスポーツ車で、GT-Rやランエボのタイムを破るというのは、HKSの技術の高さを改めて感じさせられた出来事でした。

しかし、そのHKSが発売している車高調が、ネット等で12万~14万で売られてしまっています。もちろん、ユーザーがそのような価格を求めているという部分はありますが、技術の安売りと言わざるを得ません。安いことは、手軽にカスタマイズを楽しめることになりますので、決して悪いことではありません。しかし、あまり極端な安売りは、チューニング業界に衰退に拍車をかけてしまいます。

こちらの商品が3本のみの理由は、事故で1本交換が必要になったお客様が、新たに1台分を購入して、余った3本をお譲りいただく形となったからです。本来であれば、1本のみの補修パーツが発売されてもいいはずですが、HKSといえどもそこまでコストがかけられないのが現状です。

[ライター/旧車王編集部]

旧車図鑑 買取中のメーカー一覧