2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について

マツダ NCロードスター 純正 ビルシュタイン サスペンション 1台分の紹介

マツダ NCロードスター 純正 ビルシュタイン サスペンション 1台分の紹介です。

こちらのお品物は、希少な純正ビルシュタインとなりますが、わずか10,000キロの使用でスタビリンクも付属されています。

取付されていたお車であるNCロードスターについても少し触れておきます。

今からおよそ16年前となる2005年に、3代目となるマツダ・ロードスター通称NCロードスターが発売されました。

この時期は、日本はバブル経済の終わりから経済的な転換期にあり、マツダもその例外ではありませんでした。そのため、マツダはロードスターに専用のプラットフォームを開発することができませんでした。新規プラットフォームと銘打ちながらも、実際には4シーターのRX-8と共用していたのです。

こうしてでき上がったNCロードスターは、NBロードスター比で全長+40mm、全幅+40mm、全高+10mm、ホイールベース+65mmと非常に大柄になりました。それでも、その大型化されたボディはロードスターらしさが失われないように最後まで仕上げられました。

エンジンは1.8リッターから2.0リッターへ排気量アップが図られ、タイヤサイズも16インチ、もしくは17インチへとインチアップされました。ただし、例えばBMWがZ3からZ4へ転じたようなプレミアム路線を簡単には選びませんでした。

なぜならロードスターには「人馬一体」という明確なポリシーがあったからです。

[ライター/旧車王編集部]

旧車図鑑 買取中のメーカー一覧