2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について

マーチスーパーターボ 13インチ NISMO ワタナベホイールの紹介

マーチスーパーターボ 13インチ NISMO ワタナベホイールの紹介です。

大変希少なニスモとレーシングサービスワタナベのコラボホイールです。

しっかりと刻印もあるので、れっきとしたニスモホイールです。しかし、タイヤサイズが185/60R13なので、最近の車への流用はほぼ不可能です。もちろん、後継モデルであるK11であれば履かせることができますが、K11の方がタイヤサイズがひと回り小さいので、スピードメーターに多少の誤差が生じます。具体的には、K10の純正のタイヤサイズが175/65R13なのに対して、K11は175/60R13となります。ただし、エントリーモデルのタイヤサイズはどちらも145R12ですので、上位グレードのタイヤサイズの違いは許容範囲といえるかもしれません。

それより気を付けなければならないのは、ハブ径です。日産車のコンパクトカーのハブ径といえば60mmですが、この時代は59mmでした。つまり、仮にタイヤサイズを変えたとしても、今の日産車には絶対に履くことができないということです。

フロントはこんな感じです。

リアはこんな感じです。

因みに、このマーチスーパーターボは日本一状態がよいかもしれません。

詳細は下記のとおりです。

・無事故車
・外装、再塗装・色変えなし
・エンジン快調
・スーパーチャージャー・ターボ正常稼働
・外装キズへこみなし
・内装純正スポーツシート破れほつれ共になし
・13インチNISMOワタナベホイール
・パーソナルステアリング
・純正部品(14インチホイール・ステアリング・シフトノブ)全てあり
・クラッチ交換後1000km以内
・タイヤ2019年製TOYOセミスリックR888R、交換後1000km以内
・エアコン正常稼働

内装もこのとおり非常に綺麗です。

さらに下回りもしっかりとメンテナンスされています。

もし、この車両と同程度の中古車を購入するとしたら、250万円超えが確実です。

マーチスーパーターボは、1989年1月に登場したホットハッチです。

エンジンは、前年発売された競技ベースモデルのマーチRと同じ930ccのツインチャージド直列4気筒SOHCのMA09ERT型です。エンジンスペックも共通で、最高出力110ps・最大トルク13.3kg・mを発揮します。しかし、マーチスーパーターボは、マーチRのストリートバージョンだったにもかかわらずパワーステアリングが設定されませんでした。もしかしたら、わずか770kgという車両重量が、重ステ仕様を決断させたのかもしれません。

[ライター/旧車王編集部]

旧車図鑑 買取中のメーカー一覧