2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について

バリ山 ラクティス 175/65R15 PCD100 ブリヂストンブリッザック VRX 2017年 4本セットの紹介

バリ山 ラクティス 175/65R15 PCD100 ブリヂストンブリッザック VRX 2017年 4本セットの紹介です。

こちらのお品物は、新品同様の国産コンパクト用スタッドレスタイヤ&ホイールセットです。

タイヤサイズは175/65R15で、ホイールのオフセットが40ですので、すぐにトヨタのコンパクトカーのアクアやヴィッツが頭に浮かびます。

ところが、もう一度よく見てみると、何とコンパクトカー用にもかかわらずボルト穴が5つあいてます。

因みに、国産コンパクトカーは軽自動車も含めて、ほとんどの車種が4穴です。

例えば、輸入車でVWのポロがPCD100の5穴ですが、こちらのお品物は明らかに国産車用のホイールです。それならば、PCD100の5穴の代表格であるプリウスが考えられます。しかし、タイヤサイズとオフセットが明らかに違います。

実はこちらのお品物は、2代目のラクティスから取り外したものでした。インチダウンしているので、非常に分かりづらいですね。

他に、5穴のコンパクトカーは、スバルにOEM供給されていた兄弟車のトレジアとスズキのスイフトスポーツがありますが、とてもレアなケースといえるでしょう。

トヨタもラクティスを何故5穴にしたかは謎ですが、5穴にすれば当然強度などは上がりますので、もしかしたら走りの面でワンクラス上を目指していたのかもしれません。

そのラクティスも兄弟車のトレジアとともに2016年をもって生産終了となってしまいました。国産車は車種が多すぎの面は否めませんが、メーカーがトヨタだっただけに悲しいニュースとなりました。

[ライター/旧車王編集部]

旧車図鑑 買取中のメーカー一覧