納得の高価買取なら旧車王にお任せください!
日本全国対応

アウディ 100 C1/C2/C3
高価買取・無料査定



クラシックカー買取の新常識!
旧車王が選ばれるつの理由

  • 旧車専門のノウハウで高価買取

    旧車専門のノウハウ
    で高価買取

    自動車買取業者はたくさんございますが、どこでも同じではありません。流通量の多いお車であれば相場を見て、ある程度買取価格が出るでしょう。ただ、希少車であればあるほど、流通していないので「相場」とは関係なく高価買取が可能なのです。

  • カレントグループだからできる価値の算出

    カレントグループだから
    できる価値の算出

    買取から販売、そしてアフターメンテナンスまで一貫して行い、お客様、お納めするお車とは長いお付き合いをさせていただきたいと考えております。そんな私たちだからこそ、しっかりと評価させていただくことのできる価値がございます。

  • オーナー様の愛情も査定額に反映

    オーナー様の愛情も
    査定額に反映

    そのお車がどういう価値がある車なのか、前のオーナー様が今までどんな愛情を注がれたのか、そういったこともお聞かせいただかないと、クラシックカーの真の価値はわかりません。その価値を発掘するのも私たちの使命であると考えます。

アウディ100 C1/C2/C3の買取り相場について

C1系では、チューニングに応じて、1.8L直列4気筒エンジンが搭載されつつも、80馬力、90馬力、100馬力仕様が存在しました。4ドアセダンから2ドアセダン、2ドアクーペ、強化型エンジンのクーペ(1.9L 115馬力)なども登場しました。C2系では、全面変更が行われガソリン車での直列5気筒エンジンが採用され、世界を驚愕させました。「6気筒のパワー、4気筒の経済性」ということで2.1L 100馬力のモデル、そして改良後は136馬力と向上されました。ボディのラインナップは、C1系からそのまま引き継がれました。買取相場:応相談(2019年10月現在)

 

旧車王からの
お約束

  • 二重査定一切なし
  • 二重査定はありません

    専門スタッフが丁寧に査定するので、中古車買取業界にありがちな査定後の減額が一切ありません。また、契約後の不当なキャンセル料の請求など一切ございません。

  • JPUC加盟

    買取業界の自主規制団体であるJPUCに加盟しているので、業界の健全化を推進し安全安心でクリーンな買取業務をおこなっています。

  • 監修 日本自動車購入協会

アウディ100 C1/C2/C3 買取までの流れ

  • 01査定依頼のお申込

    査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、お好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

  • 02担当者より連絡

    担当者より連絡

    お電話またはメールにて、旧車王の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • 03買取額の算出

    買取額の算出

    お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

  • 04売却のご成約

    売却のご成約

    買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。




無料査定依頼はこちら

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
※製造から10年以内の年式については
外車王にて承ります
走行距離(km)必須
お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

※チェックを入れて下のボタンを押してください

アウディ100 C1/C2/C3の買取り価格に満足していますか?

アウディ100は、中型の乗用車で、上級仕様はアウディ・200として販売され、3代目モデルのアメリカ仕様では「A5000」という名称でした。1968年からのフラッグシップモデルで、世界で初めて直列5気筒エンジンを搭載しました。ボディは、セダン型を基調とし、クーペやハッチバックモデルもありました。3代目以降では、クワトロシステムも選べるようになっていました。大型セダンボディに小型エンジンが搭載されたフラッグシップです。

アウディ100 C1/C2/C3のセールスポイント

C3系は、Cd値(空気抵抗値)が0.30という記録を出しました。空力ボディで空力リファインが具体的なモデルとして登場し始めた年が1980年代前半でした。レーシングカーの最高速度の向上を目的に空力特性のボディを生産するようになりましたが、効率的な乗用車というテーマで空力性能が高い車が登場しました。2.2Lの子排気量で200km/h巡航を可能都市、広いスペースを持つのがC3系の特徴でした。低燃費と言う点も魅力的でした。1度走らせると楽しめる作りになっています。

 

アウディ100 C1/C2/C3
買取査定のQ&A

  • Q

    アウディ100 C1/C2/C3は塗装が剥げていたりシート、ハンドル、インパネやウッド等の状態が悪くても買い取ってもらえますか?

    開く

    A. 内外装の状態にかかわらず買取可能です。理由は、自社の整備工場を持っているため、内外装の状態が悪くても修理が可能のためです。
  • Q

    アウディ100 C1/C2/C3にはカスタムパーツが付いていますが査定額は下がってしまいますか?また、オリジナルコンデションの場合は査定額に影響はありますか?

    開く

    A. カスタムパーツも人気のあるカスタマイズですと高値がつく可能性があります。オリジナルコンディションはどんなクルマでも高評価を受ける傾向があります。
  • Q

    アウディ100 C1/C2/C3の買取はどのくらい状態が悪いと不可になりますでしょうか?

    開く

    A. 基本的にどのような状態でも買取が可能です。自社整備工場を保有していますので、しっかり修理して再販します。
  • Q

    フロアに穴や腐食があるアウディ100 C1/C2/C3の査定への影響は?

    開く

    A. フロアの穴や腐食は車両価値に大きく影響を及ぼす可能性があります。しかし、年数が経過している旧車では穴や腐食を避けて通ることは出来ませんので、修理可能であれば買取は可能です。
  • Q

    長年動かしていなかった車両の買取してもらえますか?

    開く

    A. 可能です。長年動かしていなくエンジンがかからないお車でも買取した後に動く状態に戻します。
  • Q

    不動車のアウディ100 C1/C2/C3でも買取可能でしょうか?

    開く

    A. 積載車でお伺いいたしまので、不動車も買取いたします。
  • Q

    亡くなってしまった方が持っていた車も買取できますか?

    開く

    A. 可能です。専用の手続きをご案内いたします。