2021.01.08
旧車王の新型コロナウイルスの感染予防対策について

昭和61年 GX71 クレスタ スーパルーセント シート半カバーの紹介

昭和61年 GX71 クレスタ スーパルーセント シート半カバーの紹介です。

シート半カバーは、ひと昔前の車ではよく目にしたアイテムです。セダンやタクシーなどでは当たり前のように付いていたので、知っている方も多いのではないでしょうか。

もともとは手軽に高級感が演出できるアクセサリーパーツとして高い人気を誇っていましたが、いつの間にかレースのシート半カバーは「ダサい」という価値観が広がり、絶滅危惧種になっています。

フロントシートはこんな感じです。

リアシートはこんな感じです。

しかし、クレスタにはシート半カバーがよく似合いますし、全体的な雰囲気から昭和を感じることができます。

また、この時代のマークⅡ三兄弟はワインレッドの内装が大きなセールスポイントでした。

当時は、その特徴的な内装色やシートのゴージャスさから、キャバレーシートと言われていました。ボタン留めのソファのようなシートや、ワインレッドの内装色がそう言わせたのかもしれません。

さらにGX71のマークⅡ三兄弟には、青色の内装色が存在します。

私はこの記事を書くまでは知りませんでしたが、GX71に接してきた数には自信があるので、青内装の個体は相当なレア車と言えます。同時に、青内装を知っているユーザーはかなりのマニアです。

それとクレスタは、このGX71が一番輝いて見えます。角ばったデザインと大きくて長いトランクが特徴で、見る角度によってはアメ車っぽく見えたりもします。

また、このクレスタは普通のスーパールーセントにもかかわらず、マニュアルミッションです。

そんなところからも、オーナーのこだわりを感じずにはいられません。

[ライター/旧車王編集部]

旧車図鑑 買取中のメーカー一覧