旧型フィットの燃費はどれくらい?初代〜2代目モデルの燃費と維持費を徹底調査

目次
1.旧型フィットの実燃費一覧 2.旧型フィットを維持するのにいくらかかる? 3.旧型フィットの魅力 4.旧型フィットはこんな方におすすめ! 5.まとめ

フィットはコンパクトながらも広い室内空間をもつ、ホンダの人気モデルの1つです。中古のフィットは価格が安いということもあり、購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、購入時の費用が安かったとしても、所有するにあたって重要なのは維持費です。なかでも燃料代は、維持費のなかでももっとも大きなウェイトを占めます。そこで本記事では旧型フィットの燃費および維持費を紹介します。

旧型フィットの実燃費一覧

まずは旧型フィットの燃費を紹介します。

燃費の数値はカタログに掲載されていますが、実際に走行した際のデータとの乖離が大きいのが実情です。そこで今回は「e燃費」と「みんカラ」2つのWebサイトの情報をもとに実燃費を紹介します。いずれもユーザーの実データがもとになっています。

ただし、走行環境や走り方、エンジンの排気量、駆動方式やハイブリッドシステムの有無によっても変わるため、世代ごとの燃費の差を比較したものだとご認識ください。

※e燃費は排気量別の中央値を掲載
※みんカラは排気量や駆動方式等の区分けなし、レギュラーガソリンの平均値を掲載

初代 フィット(2001年~2007年) GD1/2/3/4型

・e燃費:14.21km/L(1,300cc)13.85km/L(1,500cc)・
・みんカラ平均値:15.64km/L

2代目 フィット(2007年~2013年) GE6/7/8/9型

・e燃費 中央値:14.48km/L(1,300cc)  14.31km/L(1,500cc)
・みんカラ平均値 :14.88km/L

初代も2代目も、実燃費はおおむね14〜15km/L程度のようです。10〜20年近く前に発売されたモデルだと考えると、充分に優れた数値だといえるでしょう。通勤でクルマを使用する場合でも、趣味で長距離ドライブを楽しみたい場合でも、深刻に燃料代を気にしなくてもよいモデルです。

旧車王バナー旧車王バナー

旧型フィットを維持するのにいくらかかる?

旧型フィットの燃費を紹介しましたが、燃料代を含む維持費はどの程度かかるのでしょうか。ここでは、初代と2代目それぞれ1つずつモデルを例にあげて、維持費をシミュレーションします。

初代 フィット(2001年~2007年)GD1/2/3/4型

以下のタイプ、条件のモデルを例に初代の年間維持費を算出します。

タイプ:A ※ベーシックなグレード
排気量:1,300cc
駆動方式:FF
車輌重量:1,000kg
年式:2006年

<初代フィットの年間維持費>
燃料代:14万4,648円(※1)
自動車税種別割:3万9,600円(新規登録から13年超)
任意保険:約5万8,000円(30歳/10等級/車両保険あり)
車検代:4万2,325円(※2)
メンテナンス代:2万円(エンジンオイル交換、冷却水交換、ワイパーゴム交換、オイルフィルター交換など)
合計:30万4,573円 

※1 2024年7月3日時点のレギュラーガソリン全国平均価格172.2円をもとに、燃費14.21km/L、毎月1000km走行すると想定して算出
※2 自賠責保険 1万7,650円+自動車重量税 2万5,200円(新規登録から18年超)+印紙代 1,800円+車検基本料4万円=8万4,650円としてその半額(車検は2年に一度のため)

2代目 フィット(2007年~2013年)GE6/7/8/9型

続いて、2代目の年間維持費を算出します。以下のタイプ、条件のモデルを例にシミュレーションします。

タイプ:13G ※ベーシックなグレード
排気量:1,300cc
駆動方式:FF
車輌重量:990kg
年式:2011年

<2代目フィットの年間維持費>
燃料代:14万2,572円 (※1)
自動車税種別割:3万9,600円(新規登録から13年超)
任意保険:約5万6,000円(30歳/10等級/車両保険あり)
車検代:4万1,125円(※2)
メンテナンス代:2万円(エンジンオイル交換、冷却水交換、ワイパーゴム交換、オイルフィルター交換など)
合計:29万9,297円

※1 2024年7月3日時点のレギュラーガソリン全国平均価格172.2円をもとに、燃費14.48km/L、毎月1000km走行するとして算出
※2 自賠責1万7,650円+自動車重量税 2万2,800円(新規登録から13年超)+印紙代 1,800円+車検基本料 4万円=8万2,250円としてその半額(車検は2年に一度のため)

 

初代も2代目も月々に換算すると約2万5,000円ほどかかります。10〜20年経過している世代のため、自動車税種別割と自動車重量税が重課される可能性が高いことに留意しましょう。

また、車検の依頼先や整備したり修理したりする箇所によって車検代とメンテナンス代は変動します。あくまで一例としてお考えください。

▼クルマの維持費の各項目の詳細はこちらの記事で解説しています。
クルマの維持費はどのくらいかかる?クルマを保有する際にかかる費用の一覧を解説

旧型フィットの魅力

ここまで旧型フィットの燃費と維持費を解説しました。購入を検討するにあたって、諸経費だけではなく旧型フィットの特徴や優れている機能も把握しておきたいポイントです。

そこでここでは旧型フィットの魅力を3つ紹介します。

安全性の高さ

旧型フィットには、事故を未然に防ぐための優れた機能が搭載されています。

初代には、急ブレーキ時に車輌の安定性を確保するABS(アンチロック・ブレーキシステム)や、見通しをよくするためにより広範囲かつ長い距離を明るく照らすディスチャージヘッドライト(※1)が備わっています。2代目には、それらの機能に加えて車輌の横滑りを防ぐVSA(車両挙動安定化制御システム)(※2)が搭載されました。

運転者自身の安全だけではなく同乗者の安全も守る装備が揃っているため、複数人で出かける際にも安心して走行できるでしょう。

※1 特別仕様車のみ
※2 メーカーオプション

広い室内空間

旧型フィットの2つ目の魅力は、室内の広さです。

初代では、前席の下に燃料タンクを配置するセンタータンクレイアウトを採用したことで、コンパクトカーでありながらも広々とした室内空間を実現しました。2代目では初代モデルのイメージを残しつつ、ボディサイズはひと回り大きくなり、初代からさらに室内空間を拡大させています。

加えて、ラゲッジスペースが広いのも大きな特徴です。特に2代目のモデルは、ラゲッジスペースを上下に分割できたり、床下に収納スペースがあったりするなど、他社を凌ぐほどの容量があります。

扱いやすいサイズを保ちながら余裕のある空間をもつ旧型フィットは、普段の買い物やちょっとした遠出にぴったりのクルマだといえるでしょう。

ストレスフリーな走行

旧型フィットの3つ目の魅力は、ストレスのない走行を実現できる点です。

初代でも2代目でもトランスミッションにCVTを採用しており、変速ショックやパワーロスの少ない、快適な走りが可能となります。主な移動手段にクルマを使っている方にとっては、大きなメリットだといえるでしょう。

 

▼フィットの魅力をさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
「コンパクト」カテゴリーの開拓者、初代フィットは新たな国民車となった!

旧車王バナー旧車王バナー

旧型フィットはこんな方におすすめ!

旧型フィットの魅力を紹介しました。具体的にはどのような方に適したモデルなのでしょうか。

安全性の高さと広い室内空間を有することから、家族でのドライブが多い方におすすめだといえるでしょう。4人家族でちょっとした買い物に行く際にも、スペックとしては問題ありません。

また、ストレスなく走行できるために、日々の通勤でクルマを使う方にもぴったりだといえます。快適な走りを実現できるフィットであれば、毎日の運転も苦にならないでしょう。

まとめ

旧型フィットの燃費と維持費、魅力を解説しました。

旧型フィットはコンパクトでありながら広い室内空間をもち、なおかつ燃費にも優れている、まさに乗りやすいモデルだといえるでしょう。今回紹介した情報をもとに、現在のライフスタイルに合うかどうかを確認し、旧型フィットの購入をご検討ください。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

10年以上のクルマを手放すなら「旧車王」!50代以上の方々に人気の理由とは?

10年以上のクルマを手放すなら「旧車王」!50代以上の方々に人気の理由とは?

旧車売買の豆知識 2024-07-12
BRZ ZC6型の年間維持費は約62万円!燃料代、税金、保険証、車検代まで解説

BRZ ZC6型の年間維持費は約62万円!燃料代、税金、保険証、車検代まで解説

旧車売買の豆知識 2024-07-12
トヨタ AE92 レビン/トレノは高い実力を秘めた名車だった! 商業的にも成功した時代背景も含めて振り返る

トヨタ AE92 レビン/トレノは高い実力を秘めた名車だった! 商業的にも成功した時代背景も含めて振り返る

旧車の魅力 2024-07-11
S2000が高いリセールバリューを維持できている理由とは?高額査定のポイントも解説

S2000が高いリセールバリューを維持できている理由とは?高額査定のポイントも解説

旧車市場動向 2024-07-11
ランクル100のリセールバリュー・買取相場を解説!売り時・高く売る方法も紹介

ランクル100のリセールバリュー・買取相場を解説!売り時・高く売る方法も紹介

旧車売買の豆知識 2024-07-10
イタリア本場のクラシックカーレース1000 MIGLIA(ミッレミリア)の秘密〜歴史解説編〜

イタリア本場のクラシックカーレース1000 MIGLIA(ミッレミリア)の秘密〜歴史解説編〜

イベントレポート 2024-07-09
なんと発売から17年! デリカD:5が長きにわたり愛される理由とは?

なんと発売から17年! デリカD:5が長きにわたり愛される理由とは?

旧車の魅力 2024-07-08
デリカD:5の維持費は高い?税金・保険・車検代・メンテナンス費用まで解説

デリカD:5の維持費は高い?税金・保険・車検代・メンテナンス費用まで解説

旧車売買の豆知識 2024-07-08

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
3
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
4
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
5
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
6
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10
7
定年間近のクルマ好きの方から「定年後にポルシェ911を買いたい」と聞かれてマジレスした話

定年間近のクルマ好きの方から「定年後にポルシェ911を買いたい」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-07-02
8
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ