朝霧立ちこめるターンパイクに集った「OZファンミーティング2023」レポート

目次
1.■レースで培った技術メーカー 2.■こだわりのオーナー車輌 3.■スカイラウンジ1分間の攻防

去る2023年9月3日、箱根ターンパイクにて、OZホイールのファンが集うファン感謝祭『OZファンミーティング』が開催された。

今回で5回目になる同イベントは、OZホイールを取り扱うオーゼットジャパン(株)が主催する。

参加資格はもちろん、同社の取り扱うホーイルであるOZ、MSW、Sparcoホイールを車両に装着しているオーナーとなる。

それ以外はもちろん国産、外車、新車、旧車は問わない。 

午前9時を回り始めたころから徐々に、1台また1台と足元をOZホーイルで固めた車輌が会場入りする。

スイフトスポーツからMINI、R35GT-R、フェラーリ テスタロッサに至るまで。

こうして見てみると、改めてOZは多くの車輌に本当によく似合っている。

もちろんそれらは各オーナーのチョイスやセンスもあるのだろうが、そこを除いたとしても各車体にマッチしていると思う。

■レースで培った技術メーカー

そんなOZというメーカーは、1971年にイタリアで産声を上げた。

シルヴァーノ・オゼッラドーレとピエトロ・ゼンの2人によって立ち上げられ、2人の頭文字をとりOZと名付けられ、ベネチア近郊の街で創業。

まだWRCなどという言葉がない時代に、ミニクーパーに合金リムのホイールを装着してレースに出場。

当時のラリーレースにて優勝を飾る。

同時にバイク用のホイールも開発。

それからはさまざまなレースにおいて、多くのメーカーの車種に装着して積極的にレース活動を展開。

今では必ずと言っていいほど、多くの競技にこのロゴが踊っている。

旧車王バナー旧車王バナー

■こだわりのオーナー車輌

新車旧車問わず、車輌本体もさることながら、やはり履かせるホイールにもこだわりが感じられる。

こちらのZ32もその1台だ。

時代感覚もあるのだろうが、この年代のクルマだとどうしても他社のホイールを入れているイメージがある。

ヤリスやインプレッサのようなラリー等のベース車輌などにも履かせるオーナーが多いが、なかにはホイールが気に入っていて、そのままキャリーオーバーで履いている方もいる。

あるオーナーは、「クルマをワゴンモデルに入れ替えましたが、その際前のクルマに使っていたOZホイールが気に入っていたので、今のワゴンにも履かせています」と話してくれた。

当然なのかもしれないが、OZ以外のホイールが驚くほどにいなかった。

今回筆者が見逃していたのでなければ、唯一Sparcoを履いて参加していたシトロエン C4。

もちろん参加OKであるが、ラリーベース車輌等がこれだけ参加しているのだから、もう少しいても不思議はなかったのだが、他に姿は見られなかった

■スカイラウンジ1分間の攻防

舞台挨拶では1分間アピールタイムとして、協力企業のコメントタイムがあたえられていた。

2人の女性ドライバーがOZの製品をアピール。

国産でもこだわりを持って履いているクルマは少なくないOZホイール。

特に競技用となれば尚更だ。

ガスり気味のターンパイクで一際目を引いたのは、キャラクターラッピングを施されたクスコジュニアレーシングの車輌。

若手ドライバーである、赤城ありささんの駆る個体だ。

ご本人はホイールについて、「デビュー間も無くまだまだ性能もその良さも活かしきれていないので、これから頑張ってその良さをアピールしていきます」と語ってくれた。

こちらを読まれた方々も、ぜひ暖かく見守って応援してもらいたい。

スズキ スイフトで参加されたのは、特徴のある衣装で登場された、ラリードライバーの兼松由奈さん。

全日本ラリーのエントリーにOZホイールを履いて参戦している。

舞台挨拶でも10月の最終戦にも同車輌でエントリーするということで、「応援お願いします」とコメントされていた。

協力会社の持ち込んだ車輌もまたこだわりが強い。

3台のセリカが居並ぶが、こちらはカラーリングショップ=プロトタイプが持ち込んだもの。

WRCでのセリカの活躍を見た世代にはたまらない並びだが、これらすべてのセリカの足元は、やはりOZで固められていた。

コメントでは、165系のセリカに15インチのホイールをはいて来たが、できれば再販をお願いしたいと。

ただし、需要は見込めると思えませんが…と会場の笑いを誘っていた。

朝霧の立ちこめる箱根ターンパイクで始まったOZファンミーティング。

多くのOZホイールを愛するオーナーや、それを支えるショップなどに囲まれ終了した。

気がつけば、あれだけ視界を奪っていた濃霧もすっかり晴れて、芦ノ湖周辺を見渡せるほどの好天になっていた。

また次回も多くのファンとの集いになることを予見するようだ。

OZは誰もが知るホイールメーカーだ。

だが意外なことにスポンンサードしているレースはあまりないという。

多くが供給はしているが、販売なのだ。

それゆえにオフィシャルサプライヤーとして名乗ることがあまりないともいえる。

縁の下の力持ち、サスペンション下の仕事人。

OZとは、そうした姿勢を貫いている企業といえるだろう。

[ライター・画像 / きもだこよし]

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10
画像ギャラリー(全12枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

セリカの維持費を5項目で解説!高いと感じたときの対処法も紹介

セリカの維持費を5項目で解説!高いと感じたときの対処法も紹介

旧車売買の豆知識 2024-04-16
ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」 ~ トヨタセリカを持ち込んだ、前代未聞の「駐在員」

ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」 ~ トヨタセリカを持ち込んだ、前代未聞の「駐在員」

オーナーインタビュー 2023-10-17
日本人唯一のサファリラリー優勝車両!ST185セリカGT-FOUR をドライバー自らレストアした理由

日本人唯一のサファリラリー優勝車両!ST185セリカGT-FOUR をドライバー自らレストアした理由

加藤久美子&博人の見識 2023-07-30
ランクル80の維持費の節約方法!1ナンバー登録がベスト?整備代は抑えられる?

ランクル80の維持費の節約方法!1ナンバー登録がベスト?整備代は抑えられる?

旧車売買の豆知識 2024-06-21
S2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?最新相場情報も!

S2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?最新相場情報も!

旧車市場動向 2024-06-21
2023年12月にレガシィBE型が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年12月にレガシィBE型が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年10月にジムニーJB23が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年10月にジムニーJB23が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年10月にアルテッツァが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年10月にアルテッツァが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ