R34スカイラインのリセールバリューは高いのか?リセールバリューの動向や高く売るコツなどを解説

目次
1.R34スカイラインのリセールバリューのポイント 2.R34スカイラインを高く売る方法 3.R34スカイラインの魅力と歴史

R34スカイラインは、日産を代表するスポーツセダンおよびクーペです。スカイラインらしいスポーティなハコ型のスタイリングにより、生産が終了した現在でも人気があります。今回は、10代目スカイラインであるR34型のリセールバリューの傾向や高く売るコツを紹介します。R34スカイラインの売却を検討している方は参考にしてみてください。

R34スカイラインのリセールバリューのポイント

R34スカイラインは、グレードによって買取価格が大きく異なる傾向が見られます。

特に搭載されているエンジンの種類は重要です。リセールバリューの傾向を見てみると、排気量が大きくなるほど高く買い取られ、自然吸気エンジンよりターボエンジンの方が高額買取されています。

このような相場の傾向からも、R34スカイラインは出力が高いモデルの方がリセールバリューがよいといえるでしょう。

R34 スカイラインの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

R34スカイラインを高く売る方法

R34スカイラインを高く売るためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ここからは、R34スカイラインを高く売る方法を紹介します。

入念にメンテナンスしておく

メンテナンスは入念に行っておきましょう。

R34スカイラインは、スポーツセダン/スポーツクーペであるため、優れた走行性能がセールスポイントです。そのため、メンテナンスをしっかりと行い、スポーツセダン/スポーツクーペらしい走りができる状態になっていると高額査定につながります。

少しでも高く買い取ってもらうために、定期的にメンテナンスしておきましょう。

また、走行に関わる部分だけではなく、外装や内装もしっかりメンテナンスしておくと、より高く売れるでしょう。

カスタムパーツやチューニングをアピールする

R34スカイラインは、スポーツ走行も楽しめるセダン/クーペであるため、カスタマイズされていても高価買取されるケースが多いです。

そのため、売却時には購入後に取り付けたアフターパーツやチューニングを施した部分などをしっかり査定員にアピールしましょう。カスタマイズされている部分を漏れなく伝えることで高価買取される可能性が高まります。

R34 スカイラインの買取専門ページはこちら

R34スカイラインの魅力と歴史

R34スカイラインは、1998年5月にデビューしたスポーツセダン/スポーツクーペです。

そもそもスカイラインは、昭和32年4月に初代モデルが発売されてから、高性能な走りを追求したグランドツーリングカーとして、絶えず進化を続けてきました。

通算10代目となるR34スカイラインは、走りの楽しさを徹底的に追求し、高性能感に満ち溢れる「本物のスポーツセダン&クーペ」を開発コンセプトとしています。

また、意のままに操る走りの楽しさ「THE BEST DRIVING PLEASURE」を基本理念に、「走る、曲がる、止まる」という車本来の機能を徹底的に追求。その結果、卓越した操縦安定性と走行性能に加え、スタイリング、居住性など、あらゆる面において「スカイラインらしさ」が強調されました。

R34スカイラインのデビュー当初は、4ドアセダンと2ドアクーペをラインナップし、それぞれに直列6気筒2.0L/2.5L/2.5Lターボエンジンの3種類のエンジンを搭載していました。翌年1999年には高性能な直列6気筒2.6Lターボエンジン(RB26DETT型)を搭載する2ドアクーペの「スカイラインGT-R」がデビュー。このR34スカイラインGT-Rがスカイラインの名を冠した最後のGT-Rとなりました。

R34スカイラインは、スカイラインらしいスポーツドライビングを存分に体感できる4ドアセダンおよび2ドアクーペとして、生産・販売が終了した今でも高い人気を誇るモデルです。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

日産 スカイラインの維持費はどのくらい?費用の内訳や目安を解説

日産 スカイラインの維持費はどのくらい?費用の内訳や目安を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-20
日産 R34型GT-RとER34の違いとは?同じR34型なのに中古車価格はひと桁違う!

日産 R34型GT-RとER34の違いとは?同じR34型なのに中古車価格はひと桁違う!

旧車売買の豆知識 2023-12-28
ER34なのにGT-R?! Rマニアが仕上げるGT-R仕様の魅力に迫る

ER34なのにGT-R?! Rマニアが仕上げるGT-R仕様の魅力に迫る

旧車売買の豆知識 2023-11-20
2日間で4万人以上が来場!第15回ノスタルジック2デイズ2024イベントレポート

2日間で4万人以上が来場!第15回ノスタルジック2デイズ2024イベントレポート

イベントレポート 2024-02-26
NSX遣いがサーキットで初ドライブ!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.8

NSX遣いがサーキットで初ドライブ!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.8

タイレルP34を追え! 2024-02-25
2回以上引っ越した場合の車検証の住所変更の方法は?必要書類も紹介

2回以上引っ越した場合の車検証の住所変更の方法は?必要書類も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-22
ベーパーロック現象とは?原因・対策・対処法について解説

ベーパーロック現象とは?原因・対策・対処法について解説

旧車売買の豆知識 2024-02-22
ギャラン VR-4は三菱のラリー本格参戦を後押し!? 速さの秘密と魅力に迫る

ギャラン VR-4は三菱のラリー本格参戦を後押し!? 速さの秘密と魅力に迫る

旧車の魅力 2024-02-21

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
4
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28
8
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ