ダッジチャレンジャーのリセールバリューのポイントは?高く売る方法や魅力と歴史についても解説

目次
1.ダッジチャレンジャーのリセールバリューのポイント 2.ダッジチャレンジャーを高く売る方法 3.ダッジチャレンジャーの魅力と歴史

アメリカンマッスルカーの代表格であるダッジチャレンジャーは一部の層から高い人気を誇ります。リセールバリューが高ければ、一度は乗ってみたいという人も多いでしょう。今回は、ダッジチャレンジャーのリセールバリューのポイントや高く売る方法、ダッジチャレンジャーの魅力と歴史について解説します。ダッジチャレンジャーの購入や売却を検討中の人は参考にしてください。

ダッジチャレンジャーのリセールバリューのポイント

ダッジチャレンジャーのリセールバリューは世代によって大きく異なります。高い価値を持つのは初代と現行型の3代目で、ともにアメリカンマッスルカーの代表格といえるでしょう。初代は1970年に発売されたオールドカーで、現在でも愛好家に絶大な人気があるため安定的に高い相場水準を維持しています。

3代目は世界最強のマッスルカーの異名を持つ量産型上級グレードのSRTヘルキャットや、限定車のSRTデーモンが世界的に有名です。SRTデーモンは国内の中古車市場ではほとんど流通されていないと考えられるため、「SRTヘルキャット」「R/T」「SRT8」の3グレードが市場の中心になるといってよいでしょう。

SRTヘルキャットは2015年モデルからの登場のため流通量は少なく、R/TとSRT8は10年落ちでも高値で取引されています。3代目ダッジチャレンジャーは現行モデルでもあり、アメ車ファンからの人気も高いため今後も相場は高水準を維持するでしょう。

ダッジ チャレンジャーの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

ダッジチャレンジャーを高く売る方法

続いて、ダッジチャレンジャーを高く売る方法について詳しく解説します。

基本的なメンテナンスをしておく

ダッジチャレンジャーを高く売るためには、基本的なメンテナンスをしておくことが重要です。エンジンオイルや各種消耗品の定期的な交換を始め、アメ車に多い油脂漏れなども日常的にチェックしておくとよいでしょう。また、専用のテスターやパーツの在庫を確保しているディーラーや修理業者を探しておくことで、不具合の早期発見や対処を行うことが可能です。

整備記録簿を用意する

ダッジチャレンジャーを高く売るためには、整備記録簿が必要です。定期点検整備記録簿がなければ一般の整備工場で点検したものと考えられるため、買取業者が整備内容に不安を感じる可能性があります。中古車で購入したときから欠品の場合もあるため、なければ早めに発行してもらいましょう。点検整備記録簿は指定工場や認証工場で発行してもらうことが可能です。

日本仕様車であること

並行輸入車はヘッドライトやテールランプなどがアメリカ仕様のままという車両も少なくありません。日本の保安基準に適合していないと買取価格は大幅に下がってしまうため、信頼できる業者に点検を依頼して必要に応じて日本仕様に変更してもらいましょう。

ダッジチャレンジャーの取扱い実績が豊富な買取業者を選ぶ

ダッジチャレンジャーを高く売るためには、ダッジチャレンジャーの取扱い実績が豊富な買取業者を選ぶことが重要です。アメ車は専門の知識が必要でモデルごとの特徴を理解している業者でなければ買取価格が安くなる傾向にあります。国内大手の自動車買取専門チェーンよりもアメ車やダッジチャレンジャーの買取を得意とする専門業者に査定を依頼しましょう。

ダッジ チャレンジャーの買取専門ページはこちら

ダッジチャレンジャーの魅力と歴史

ダッジチャレンジャーは1970年に登場しました。1966年型ダッジチャージャーをデザインしたカール・キャメロンがボディデザインを担当し、約4年間の販売で累計販売台数165,000台以上を記録しています。ハリウッド映画「バニシング・ポイント」や「ナイトクローラー」での登場により、アウトローが乗るワイルドな車との印象で発売から50年以上を経た今でも人気を博しています。

初代の発売終了後から3年後に復活した2代目は、三菱ギャランラムダのOEMとして供給されました。アメ車らしからぬ5ナンバーの2ドアクーペとして異彩を放ち、約6年間の販売で生産終了となりました。

2008年に復活した3代目はアメリカンマッスルカーの代名詞ともいうべきV8エンジンを搭載。初代を彷彿させるスタイリングで再び脚光を浴びました。設計がダイムラークライスラー時代のため、サスペンションなどメルセデスベンツの車両に採用されたコンポーネントが流用されています。

ハイパワーモデルは2015年モデルから登場したSRTヘルキャットが有名で、2017年にはドラッグレース出場車レベルに高性能化させた3300台限定(米国3000台、カナダ300台)販売のSRTデーモンがラインナップとして登場します。

2023年3月27日には世界最強のマッスルカーと呼ばれる1025馬力 6.2ℓ HEMI V8エンジン搭載のダッジチャレンジャーSRTデーモン170が市販(予約開始、生産は2023年夏。予定生産数は明確にされておらず3300台以下となる予定)されました。

基本スペック

初代
販売期間........1970~1974年
乗車定員........5名
駆動方式........FR
ボディサイズ........全長2,800mm 全幅1,930mm 全高1,290mm
エンジン........3.2ℓ スラント6型 直6、3.7ℓ スラント6型 直6、5.2ℓ LA型 V8、5.6ℓ LA型 V8、5.9ℓ LA型 V8、6.3ℓ B型 V8、7.0ℓ HEMI型 V8、7.2ℓ RB型 V8

2代目
販売期間........1977~1983年
乗車定員........5名
駆動方式........FR
ボディサイズ........全長4,525mm 全幅1,675mm 全高1,345~1,355mm
エンジン........1.6ℓ 4G32型 直4SOHC、2.6ℓ 4G54型 直4SOHC

3代目
販売期間........2008年~
乗車定員........5名
駆動方式........FR
ボディサイズ........全長5,022mm 全幅1,923mm 全高1,415~1,460mm
エンジン........3.5ℓ SOHC V6、3.6ℓ ペンタスター型 DOHC V6、5.7ℓ HEMI型 OHV V8、6.1ℓ HEMI型 OHV V8、6.2ℓ ヘルキャットHEMI型 OHV スーパーチャージャー V8、6.2ℓ デーモンHEMI型 OHV スーパーチャージャー V8、6.4ℓ HEMI型 OHV V8、6.4ℓ デーモンHEMI型 OHV スーパーチャージャー V8

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

ダッジ・チャレンジャー SEの維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

ダッジ・チャレンジャー SEの維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2024-01-23
2日間で4万人以上が来場!第15回ノスタルジック2デイズ2024イベントレポート

2日間で4万人以上が来場!第15回ノスタルジック2デイズ2024イベントレポート

イベントレポート 2024-02-26
NSX遣いがサーキットで初ドライブ!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.8

NSX遣いがサーキットで初ドライブ!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.8

タイレルP34を追え! 2024-02-25
2回以上引っ越した場合の車検証の住所変更の方法は?必要書類も紹介

2回以上引っ越した場合の車検証の住所変更の方法は?必要書類も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-22
ベーパーロック現象とは?原因・対策・対処法について解説

ベーパーロック現象とは?原因・対策・対処法について解説

旧車売買の豆知識 2024-02-22
ギャラン VR-4は三菱のラリー本格参戦を後押し!? 速さの秘密と魅力に迫る

ギャラン VR-4は三菱のラリー本格参戦を後押し!? 速さの秘密と魅力に迫る

旧車の魅力 2024-02-21
日産 フェアレディZの維持費は高い?内訳と費用の目安を解説

日産 フェアレディZの維持費は高い?内訳と費用の目安を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-20
車の維持費はどのくらいかかる?車を保有する際にかかる費用の一覧を解説

車の維持費はどのくらいかかる?車を保有する際にかかる費用の一覧を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-20

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
4
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28
8
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ