【今が売りどき!】シビックTYPE Rの価格高騰はもう終わり!?シビックTYPE Rの中古車事情を解説

目次
1.シビックTYPE Rとは 2.シビック TYPE-Rの価格は下がっていく!? 3.シビックTYPE Rはもう値上がりしない? 4.価格が高くなりやすいシビックTYPE Rの特徴

シビックTYPE Rは1997年に初代が誕生したホンダのFFライトウェイトスポーツカーです。当時の人気ジャンルでもあった「ホットハッチ」を牽引し、2021年7月に終了となった5代目に至るまで、ホンダの代表的なスポーツカーと言える存在でした。今回は、シビックTYPE Rがどのような車だったのか、現在の買取相場や、今後高騰する見通しについて解説します。シビックTYPE Rを所有している方や、購入を検討している方は参考にしてください。

シビックTYPE Rとは

シビックTYPE Rとは、米サンダーヒル25時間耐久レースやWTCRなど、海外でのレースでも優勝を重ねてきたホンダのFFライトウェイトスポーツカーです。初代より、安価な大衆車をベースに高出力型のエンジンを搭載し、リーズナブルながらハイパフォーマンスなスポーツカーとして圧倒的な支持を得てきました。

キビキビと曲がり、高い走行安定性を誇るのは歴代の共通点と言えます。TYPE Rとは、スポーツ走行にこだわり抜いた車種のみが冠する称号ですが、同時に量産車としての実用性を損なわせないというメーカーのこだわりが最も発揮されたのがシビックTYPE Rなのです。

4代目と5代目は英国製の逆輸入車でしたが、その恩恵として欧州のライバル車に対抗しうる高性能モデルを得ることができました。英専門誌から3年連続で「もっとも優れたホットハッチ」に選出されていることがその証明です。

シビックタイプRの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

シビック TYPE-Rの価格は下がっていく!?

2021年はネオクラッシックカーブームも影響し、車種を問わずスポーツカーは高騰していました。なかでもシビックTYPE Rは、ブームとは関係なく歴代モデルのすべてが二度と手に入らない規格として高値がつけられ、300万円以上の価格がつくモデルも存在したほどです。

しかし、今後予想される中古車市場の変化により、今以上の価格の高騰は見込めないのではないかといわれています。スポーツカーであるため、どこまで影響があるのかはわかりませんが、価格変動においては注視しておいたほうがいいでしょう。

シビックタイプRの買取専門ページはこちら

シビックTYPE Rはもう値上がりしない?

所謂「旧車バブル」でシビックTYPE Rの価格は高騰していました。しかし、そのバブルが崩壊するのも間もなくと言われています。
新型コロナウイルスの蔓延による外出の自粛で、旧車や腕時計、骨董品など、目で見るだけでも楽しめるものにお金をつかう方が増えました。この消費行動の変化が、旧車の価格高騰にも大きな影響を与えたと言われています。しかし、昨今では外出の自粛要請も緩和されて人々の生活は元に戻りつつあり、コロナ禍で価格が高騰したものがどんどん値下がる可能性があります。事実、アメリカの中古車販売大手の「カーバナ(Carvana)」の株価は、新型コロナウイルス流行初期に比べて99%も下落しました。(※2022年12月時点)日本にとっても決して対岸の火事とは言えません。売却をご検討されているのであれば、値下がり前の今がチャンスです。

シビックタイプRの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

価格が高くなりやすいシビックTYPE Rの特徴

特に高値になりやすいシビックTYPE Rを紹介していきます。

こまめにメンテナンスをしている

こまめにメンテナンスがされているシビックTYPE Rは特に高値で取引きされる傾向があります。FK8は過給機を搭載しているため各部品に負荷を及ぼします。エンジンオイルやオイルフィルターだけでなく、エアクリーンフィルターなどメーカーが推奨している交換時期にメンテナンスを行っていることが重要です。

大きな話題を生んだリミテッドエディション

シビックTYPE Rは、特にFK8のリミテッドエディションが国内外問わずに高い人気を誇ります。FK8の最終進化形として2020年10月に発売されました。日本では限定200台と発表されてすぐに完売しています。エンジンは標準モデルと変わりませんが、シリアルナンバー入りのエンブレムと足回り及びパワーステアリングが専用チューニングされています。

軽量コンパクトで高回転のEK9

EK9は、1997年に発売された初代シビックTYPE Rです。自然吸気エンジンとしては驚異的な高出力を誇り、専用チューンされた足回りは高い走行安定性とスポーティな走りを実現しています。新車価格は約200万円と性能を考えると安価な設定でしたが、現在は300万以上の価格で販売されるほどに高い人気を誇ります。

台数限定の2015年発売モデル

2015年に発売されたシビックTYPE Rは国内750台限定で販売されました。当時、ニュルブルクリンク北コースでFF量産車最速のラップタイムを記録するなど、希少性に加えて世界に名を轟かせたスポーツカーです。新車価格は428万円でしたが、現在でも同等かそれ以上の高値で取引されています。

 

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

ホンダ シビックタイプR(EK9)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

ホンダ シビックタイプR(EK9)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-05-26
シビックの価格高騰はもう終わり!?シビックの概要と中古車事情を解説

シビックの価格高騰はもう終わり!?シビックの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-05-24
メルセデスベンツ SLクラスの方向性を決定づけた? 旧車世代のR107・R129・R230を振り返る

メルセデスベンツ SLクラスの方向性を決定づけた? 旧車世代のR107・R129・R230を振り返る

旧車の魅力 2024-02-28
軽自動車の名義変更の際に必要な書類とは?

軽自動車の名義変更の際に必要な書類とは?

旧車売買の豆知識 2024-02-28
自動車重量税とは?計算方法や納付のタイミングをわかりやすく紹介

自動車重量税とは?計算方法や納付のタイミングをわかりやすく紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-28
日産 スカイラインの維持費はどのくらい?費用の内訳や目安を解説

日産 スカイラインの維持費はどのくらい?費用の内訳や目安を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-27
R33スカイラインの維持費を旧車専門店が徹底解説!内訳から購入後の対処法までお伝えします

R33スカイラインの維持費を旧車専門店が徹底解説!内訳から購入後の対処法までお伝えします

旧車売買の豆知識 2024-02-27
トヨタ 150系 ランドクルーザープラドは15年前に誕生したのにかっこいい! 魅力と人気の秘密に迫る

トヨタ 150系 ランドクルーザープラドは15年前に誕生したのにかっこいい! 魅力と人気の秘密に迫る

旧車の魅力 2024-02-27

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
4
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10
8
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ