シルビアが高騰している?その理由を徹底解説します!

目次
1.シルビアとは 2.シルビアは高騰している? 3.シルビアはいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいシルビアの特徴

シルビアは日産を代表するスポーツクーペとして誕生しました。その歴史は長く1965年の初代から2002年7代目に至るまで37年間多くのユーザーを虜にしてきました。
今回はシルビアがどのような車だったのか、その魅力や現在の買取相場と、今後高騰する見通しについて解説します。シルビアを所有している方や、購入を検討している方は参考にしてください。

シルビアとは

シルビアとは、日産自動車が1965年にクーペとして発表してから2002年まで生産・販売していたモデルです。スポーツ車として知られていますが、実はスポーツ車として花開くようになったのは1980年代に入ってからです。

また、当時では斬新なデザインでしたが、販売価格の設定がの高かったことや乗り心地への不評などの影響で、販売台数は伸びませんでした。

1975年に2代目が登場します。世界情勢などの影響を鑑み、紆余曲折を経て7年ぶりの登場でした。海外への輸出を狙ったコンセプトを元に生産されました。翌年には電子制御式燃料噴射装置を備えたシリーズが追加されます。

1979年に3代目S110型ハードトップが登場します。当時のトレンドとして人気に火が着きます。翌年にはモータースポーツ車として参戦し始めます。

1983年に4代目S12型が登場します。マッシブなデザインのリトラクタブルヘッドライトを採用したクーペとして開発されました。1800cc、2000cc、2000ccターボなど多彩なエンジン設定をラインナップしていました。

1988年に5代目となるS13型が登場します。2ドアクーペとして他メーカーの対抗馬として設計されました。
流れるようなデザインは女性のみならず、当時のスポーツカー愛好家たちに気に入られ歴代最高の30万台を販売します。

1800cc、1800ccターボが初期設定でしたが、マイナーチェンジで2000ccと2000ccターボの設定に変更されました。

1993年に6代目S14シルビアが登場します。
5代目を踏襲しつつボディコンポーネントを拡大したもののS13型の様な軽快な走りを得ることが難しく、スポーツ車としては人気を獲得できませんでした。また、RVブームに入ったことも販売台数が伸びなかった理由の1つです。

1999年に7代目S15型が登場します。
スポーティクーペの座を取り戻すべく開発された最終バージョンです。
グレードはスペックSとスペックRの2グレードが設定されました。
時代に合わせ、安全装備としてABSとブレーキアシスト、デュアルエアバックを標準装備しました。

2002年に最終特別限定車としてVパッケージを発売します。
同年、市場の変化や排気ガス規制などに伴い、惜しまれつつも生産・販売を終了しました。

シルビアは高騰している?

シルビアは5代目と7代目に人気が集中し、高騰しています。
販売価格がASK(応相談)の車両もあります。
平均価格は約271万円で取引されています。

状態の良い車両は約800万円で販売されていることもあるほどです。
年数が経てばたつほど希少価値が上がるので、今後も高騰は続くでしょう。

シルビアはいつまで値上がりしそう?

シルビアの値上がりは明言できませんが、走行距離が少なく修復歴のない車は数少ないので相場は高くなるでしょう。
特にマニュアルミッションを搭載したモデルはスポーツ走行を愛するユーザーに人気があります。少なくとも、スポーツカーブームが終わるまでは高値で推移すると予想されます。

価格が高くなりやすいシルビアの特徴

続いて、価格が高くなりやすいシルビアの特徴を紹介します。

こまめにメンテナンスされている&修復歴がない

一番価格に影響があるのは修復歴の有無です。シルビアはスポーツ車ということもあり、フレームの修復歴の有無が価格に大きな影響を及ぼします。

きちんと修復されていて機能的に問題が無くても、市場での「傷物」という評価は免れません。

またチューニングやカスタムが行われているクルマも価格に影響がでるでしょう。そして、こまめなメンテナンスで良好な状態が保たれているシルビアも、当然ながら価格が高くなりやすいです。

排気量が大きいターボモデルの13K’s

販売台数30万台を記録した5代目シルビアのターボモデルです。モデルは2ドアクーペだけの販売となりました。マイナーチェンジに際して前期型の1800ccから2000ccへ排気量がアップされ、ターボ車は205馬力になりました。

250PSを叩きだすシルビアS15スペックR

S15スペックRは、マニュアルトランスミッション車で250PS/6400rpmをマークするレーシンググレードとも言うべきスポーティクーペです。

スポーツ走行を視野に入れたボディは剛性がアップされました。
16インチホイール装着車はスポーツチューン・サスペンションが装備されています。

ブレーキも強化され、全ベンチレーテッド・ディスクを採用し、フロントキャリパーは4ポッド対向ピストン方式です。またブレーキブースターもサイズアップされています。

よくある質問

続いて、シルビアについてよくある質問を紹介します。

Q.シルビアってどんな車?

日産自動車が1965年に発表したクーペです。 詳しくはこちらを参考にしてください。

Q.シルビアは高騰しているの?

高騰しています。状態の良い希少価値の高い車両とチューニングが施されている車両が高騰しています。 詳しくはこちらを参考にしてください。

Q.シルビアはどんな状態だと価格が高くなりやすい?

修復歴がなく、メンテナンスが行き届いている状態の車両は高くなりやすいです。 またターボモデルやレーシングスペックのグレードが高くなる傾向があります。 詳しくはこちらを参考にしてください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-06-28
アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

旧車市場動向 2022-06-06
スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2022-06-01
MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

旧車市場動向 2022-05-31
絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

旧車市場動向 2022-05-27

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

旧車売買の豆知識 2022-02-10
4
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
5
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
6
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベント