RX-7のリセールバリューの動向は?高く売るポイントやRX-7の歴史や魅力についても解説

目次
1.RX-7のリセールバリューの動向 2.RX-7を高く売るポイント 3.RX-7の高価買取ができる業者の特徴 4.RX-7の売却なら旧車王がおすすめ 5.RX-7の歴史や魅力

日本が世界に誇るロータリースポーツの名車 RX-7のリセールバリューが高ければ、一度は乗ってみたいと思う人も多いでしょう。今回は、「RX-7のリセールバリューの動向」「RX-7を高く売るポイント」「RX-7の高価買取ができる業者の特徴」「RX-7の歴史や魅力」について解説します。RX-7の購入や売却を検討中の人は参考にしてください。

RX-7のリセールバリューの動向

RX-7は、歴代モデルのすべてがロータリースポーツの名車として高い人気を誇っています。状態のよい車輌であれば数百万円、もっとも人気のある3代目 FD3S型では1,000万円の査定額がつくこともあるほどです。そのため、リセールバリューは高いといえるでしょう。最終モデルの生産終了から既に20年が経過しているため、流通量の少なさも市場価格が高水準で安定している理由のひとつです。

RX-7の買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

RX-7を高く売るポイント

RX-7を高く売るポイントについて詳しく解説します。

点検整備記録簿(メンテナンスノート)を残しておく

点検整備記録簿(メンテナンスノート)は、12ヶ月点検や24ヶ月点検の整備記録を記載するいわば車の履歴書です。点検整備記録簿の記載を確認するだけで、認証工場で整備されたかどうかや不具合・破損の履歴を明確化できるため、高額査定を目指すためには必須のアイテムだといえるでしょう。とくにスポーツカーであるRX-7においては、査定時にその有無で加減額されやすいため必ず残しておきましょう。

エンジンに不具合がないようメンテナンスしておく

RX-7を高く売るためには、エンジンに不具合が出ないようしっかりとメンテナンスしておくことが重要です。

ロータリーエンジンの気密性は、各シールによって維持されています。エンジンに不具合が起きないようにするために、圧縮圧力が7MPaを下回らないよう定期的な点検やメンテナンスをしておくことが不可欠です。また、エンジンオイルやフィルター、プラグの交換はこまめに行い、ラバーホース類やファンベルト、各種パッキンの経年劣化には早めに対処しましょう。

メンテナンスを怠り消耗品などの劣化を放置してしまうと、オイル漏れやオーバーヒート、エンジン内部への水の侵入により最悪の場合はエンジンのオーバーホールが必要となります。このような車輌状態では大幅に査定額が減額となるため注意が必要です。

外装や内装をキレイな状態に維持しておく

外装や内装をキレイな状態に維持しておくことは、RX-7を高く売るために重要です。査定時のキズや破損の有無確認や架修が必要となる箇所の見極めは、キレイな状態でなければ難しいといえるでしょう。また、大切に乗っていたことの証明にもなるため、普段からこまめな清掃や洗車を心がけましょう。

RX-7の買取専門ページはこちら

RX-7の高価買取ができる業者の特徴

続いて、RX-7の高価買取ができる業者の特徴について詳しく解説します。

二重査定をしない

二重査定とは、売買契約後に詳細査定を再度行い、不具合があった場合に買取業者側から査定額を減額されるものです。大幅な減額に対して売主がキャンセルを申し出た場合はキャンセル料が発生するなど、車の買取で多いトラブルとなっています。

売主側が故意に重大な不具合を隠していた場合は、瑕疵担保責任を負うことが一般的です。しかし、売主が知りうる情報をすべて買取業者に伝えていた場合は、プロの査定士としての力量不足によるものと言えます。二重査定を行わないと明言する買取業者は、査定士としての知識や経験が豊富なため、安心して査定や売却を任せられるでしょう。

RX-7の買取実績が豊富

RX-7の買取実績が豊富な業者を選びましょう。RX-7は他のスポーツカーと比較しても特殊な車輌です。そのため、ロータリーエンジンやモデルごとの弱点・特徴を熟知している業者への売却がおすすめです。数多くのRX-7を見て査定してきた経験豊富な業者であれば、高額査定に期待できます。

RX-7の買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

RX-7の売却なら旧車王がおすすめ

RX-7の売却なら旧車王がおすすめです。旧車王は二重査定を禁止しているJRDRI(日本自動車流通研究所)の会員であるカレント自動車株式会社が運営しています。また、20年以上に渡り旧車や希少車の買取事業を行い、RX-7の知識や買取実績も豊富です。不動車や修理が必要な状態でも査定や買取を実施しているため安心して依頼できます。

RX-7の買取専門ページはこちら

RX-7の歴史や魅力

初代RX-7は、1978年に世界で唯一のロータリーエンジンを搭載する量産スポーツカーとして産声をあげました。小型で軽量かつ低重心の特徴を最大限に生かし、加速力と高い動力性能で世界中に衝撃を与えます。空力性能を重視するためにリトラクタブルヘッドライトを採用した外観デザインは欧州のスポーツカーを彷彿させ、初参戦で1979年のデイトナ24時間レースでクラス優勝するなどその名声を一気に高めたといえるでしょう。

2代目 FC3S型は、外観デザインがポルシェ 944に酷似しているといわれ「プアマンズ・ポルシェ」と呼ばれました。ポルシェ 944よりも安価で世界に通じるパフォーマンスを備えたFC3S型にとって、安くて性能の高いスポーツカーとしての敬称だったといえるでしょう。

最終モデルのFD3S型はアニメ「イニシャルD」や「名探偵コナン」、映画「ワイルドスピード」にも登場し、国内外を問わずに爆発的な人気を誇る最後のピュアロータリースポーツと呼ばれています。モータースポーツでも「デイトナ24時間」「バサースト12時間耐久」で総合優勝するなど、スポーツカーとして世界の歴史に名を刻んだ名車中の名車です。

基本スペック
初代(サバンナ)
型式........SA22C(FB3S)
販売期間........1978~1985年
乗車定員........4名
駆動方式........FR
ボディサイズ........全長 4,285mm 全幅1,675mm 全高 1,260mm
エンジン........12A型:573cc×2ローター(NA/シングルターボ)、13B型:654cc×2ローター

2代目(サバンナ)
型式........FC3S、FC3C(カブリオレ)
販売期間........1985~1992年
乗車定員........2/4名
駆動方式........FR
ボディサイズ........全長 4,335mm 全幅1,690mm 全高 1,270mm
エンジン........13B-T型:654cc×2ローターターボ

3代目(アンフィ二)
型式........FD3S型
販売期間........1991~2003年
乗車定員........2/4名
駆動方式........FR
ボディサイズ........全長 4,295mm(1991~1993年) 4,280mm(1993~1999年) 4,285mm
(1999~2003年) 全幅1,760mm 全高 1,230mm
エンジン........13B-REW型:654cc×2ローターシーケンシャルツインターボ

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

RX-7 FC3Sの維持費を旧車専門店が徹底解剖!気をつけたいポイントも紹介

RX-7 FC3Sの維持費を旧車専門店が徹底解剖!気をつけたいポイントも紹介

旧車売買の豆知識 2024-03-21
ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」~ マツダ RX-7を完全制覇したご夫婦 ~

ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」~ マツダ RX-7を完全制覇したご夫婦 ~

オーナーインタビュー 2023-09-30
ニュージーランド国内最大級の旧車イベント「Ellerslie Car Show」

ニュージーランド国内最大級の旧車イベント「Ellerslie Car Show」

イベントレポート 2023-07-10
日本アルミ弁当箱協会会長の「ちょっと斜めから見た旧車たち」Vol.7

日本アルミ弁当箱協会会長の「ちょっと斜めから見た旧車たち」Vol.7

ライフスタイル 2023-01-13
手軽で本格的な1/43ミニカー『国産名車プレミアムコレクション』の魅力とは?

手軽で本格的な1/43ミニカー『国産名車プレミアムコレクション』の魅力とは?

ライフスタイル 2022-08-16
車検ですすめられる部品交換はしたほうがいい?断ることはできるのか?

車検ですすめられる部品交換はしたほうがいい?断ることはできるのか?

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)のギアチェンジのコツとは?変速方法について解説

MT車(マニュアル車)のギアチェンジのコツとは?変速方法について解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)とは?特徴や注意点などを解説

MT車(マニュアル車)とは?特徴や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
3
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
4
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10
5
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
6
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2024-03-04
7
車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

旧車売買の豆知識 2024-01-29
8
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ