過去最高65台がエントリー!パルサー全国ミーティングに潜入

目次
1.■パルサーってどんなクルマ? 2.■ワンオーナーにレアな個体も!個性ある参加車たち 3.■筆者の琴線に触れたイチオシパルサーたち 4.■海外から参加のパルサーフリークも! 5.■過去最長! 2時間にも及んだ白熱のじゃんけん大会 6.■総括:今後の記録更新に期待!

行動制限が緩和されたゴールデンウィーク。

観光地は数年ぶりに多くの人で賑わっていた。

イベントも例外ではなく、各地で多くのイベントが開催された。

今回紹介する「パルサー全国ミーティング」も、日本各地はもちろん、海外からもフリークが参加して賑わうこととなった。

パルサーを愛車とする筆者も、参加させていただいたその模様をレポートしたいと思う。

■パルサーってどんなクルマ?

まずパルサーについて解説。

パルサーの歴史は長い。

日産自動車が1978年から2000年まで、5代にわたって発売を行っていた。

当時のメーカーラインナップのなかでは、スタンダードなモデルである。

ボディタイプは世代ごとに違う点はあるが、大まかに3ドアハッチバック・4ドアセダン・5ドアハッチバックが用意されていた。

まだ、海外ではパルサーの名は残っているが、海外専売車となっている。

旧車王バナー旧車王バナー

■ワンオーナーにレアな個体も!個性ある参加車たち

パルサーには派生車も存在していた。

その名は、パルサーEXA(エクサ)というモデルである。

パルサーEXAということだけでも十分にレアなのだが、そのなかでも極めてレアなコンバーチブルが、今回初参加されていた!

1985年に特別仕様車として、100台限りで発売された。

台数から、当時でも大変希少なモデルであることは間違いない。

そんな希少車が、38年の時を経て、ここまでキレイな状態で残っていたことには驚きである。


 
近年、若い世代の方々が、旧車オーナーになられることが多い。

今回のイベントでも、多くの若いオーナーが参加されていた。

しかし、まだまだ現役!

新車時から乗り続けていらっしゃる、オーナーの方も。

それが、このN14型パルサーGTI-Rだ。

最近、パルサーを長期で修理することになり、必要に迫られ別のクルマを入手されたそうだ。

それまでは、このパルサーとともに過ごしてきたとのこと。

オーナーは「長い年月をともにして、味が出てきているでしょ」と笑いながらおっしゃっていた。

たしかに、映画で観るヨーロッパの街並みに溶け込んだ、コンパクトカーにも見えてきた。

■筆者の琴線に触れたイチオシパルサーたち

会場で、個人的に筆者が気になったパルサーを紹介したいと思う(筆者のマニアック目線なのはご勘弁を!)。

N14型GTI-Rは、イメージカラーがブラックなのもあり、目にする多くはブラックだと思う。

このイベントでも、半数以上のボディカラーはブラックである。

紹介するのは、GTI-Rのなかでも“超”が付く程のレアカラー「グレイッシュグリーンメタリック」である。

このボディカラーが設定されていたのは、モデルライフ中盤の僅かな期間だけだったのだ。

そのため、長年のGTI-Rオーナーやフリークでも、設定があったことを知らない人が多数であった。

ただ、GTI-R以外のグレードでは長期間設定されており、それなりの人気カラーであった。

どの車種でも、ボディカラー遍歴としてよくあるのは、デビュー時に多くの色を設定。
マイナーチェンジで、不人気色を廃止もしくは差し替えである。

筆者の予想としては、他グレードでそれなりの人気カラーだったことから、試しに設定して様子を見ていたのかもしれない。

結果としてはGTI-Rで選択するオーナーが少なく、廃止になったのではないかと予想する。

次に紹介するのは、N15型VZ-Rのディーラーオプションマシマシ仕様だ。

実は何度か、出先でお見かけしたことがあった。

まるで、ディーラーオプションカタログから飛び出してきたような姿に、驚いたのだった。

今回、参加されていたので、間近で拝見することができた。

大きな珍しいものでは、ストライプ(デカール)とウィンドウスクリーンである、

N15型でサイドストライプを装着しているのは、グレード問わずなかなかお目にかかれない。

まだプライバシーガラスの設定や装着率が低い時代、リアサイド・バックゲートに車名入りのスクリーンが設定されていた。

旧車王バナー旧車王バナー

■海外から参加のパルサーフリークも!

今回、日本各地からパルサーオーナーたちが集まった。

それだけでもすごいことなのだが、なんとニュージーランドから、このイベントのために来日された方が居られたのだ!

今回の開催地は、人気の観光地にて駐車場の1区画を貸し切りにして行われている。

筆者は最初、開催地へ観光に来た方が、ついでに見学しているのだと思っていた。

しかし、事務局から閉会時に紹介があり、このイベントを目的としてお越しになられていることを知ったのだ。

次の項で紹介するじゃんけん大会の際、非常にレアな海外仕様のテールレンズとフロントグリルがエントリーしていた。

そのアイテムたちは、ニュージーランドからのお土産として持参されたとのことだった!

国籍や文化は違っても、同じクルマが好きなマニアの心は同じなのだ!と、このお土産のセンスから、強く感じてしまった(笑)。

■過去最長! 2時間にも及んだ白熱のじゃんけん大会

このミーティングの目玉イベントとして、各自景品を持ち寄って行うじゃんけん大会がある。

事前に事務局から、景品持参のお願いがアナウンスされている。

嬉しいことに、年々景品としてのアイテムが増加しているとのこと。

その理由としては、自動車部品に限らず、各地から集まった方々が地元のお土産など、バラエティに富んだアイテムを持参されている。

また、持ち込まれた部品については、出品者にとって不要になったものだとしても、同一車種オーナーからすれば「お宝」が多い。

多くの仲間が集まるこのイベントで、再び使ってもらいたいと持ち寄っているのだ。

また、じゃんけんという平等な方法で、部品の行き先が決まるのも気持ちがよいものだ。

旧車王バナー旧車王バナー

■総括:今後の記録更新に期待!

今回の参加台数だが、事務局によると過去最高台数の65台とのことだった。

参加されたモデルは、2代目・4代目・5代目が集まった。

最終モデルの生産が終了して23年経っているが、参加台数は増え続けている。

それは、年々台数は減っていても、好きな人が増えているのだと考えられる。

趣味の対象として選ばれる時期になってきたのだろう。

過去のイベントでは、初代・3代目が参加された回もあった。

今後は、歴代モデルのコンプリートをぜひ、実現してもらいたいと願ってやまない。

[ライター・撮影/お杉]

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9
画像ギャラリー(全9枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

日産 フェアレディZの維持費は高い?内訳と費用の目安を解説

日産 フェアレディZの維持費は高い?内訳と費用の目安を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-20
車の維持費はどのくらいかかる?車を保有する際にかかる費用の一覧を解説

車の維持費はどのくらいかかる?車を保有する際にかかる費用の一覧を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-20
日産 スカイラインの維持費はどのくらい?費用の内訳や目安を解説

日産 スカイラインの維持費はどのくらい?費用の内訳や目安を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-20
車検証の住所変更をせずに15日過ぎたらどうなる?対応方法を紹介

車検証の住所変更をせずに15日過ぎたらどうなる?対応方法を紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-20
レクサスの維持費は高い?維持するための費用の内訳や目安を解説

レクサスの維持費は高い?維持するための費用の内訳や目安を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-19
記録簿って何?中古車売買で必要な理由と入手方法を解説

記録簿って何?中古車売買で必要な理由と入手方法を解説

旧車売買の豆知識 2024-02-16
第2世代ランサーエボリューションがなぜ人気なのか? 高い戦闘力に込めた三菱の想いに迫る

第2世代ランサーエボリューションがなぜ人気なのか? 高い戦闘力に込めた三菱の想いに迫る

旧車の魅力 2024-02-16
車の名義変更とは?必要書類や手続きの流れ・期限などを紹介

車の名義変更とは?必要書類や手続きの流れ・期限などを紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-16

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
4
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28
8
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ