メルセデス・ベンツのサブブランド「メルセデスAMG」とは?特徴や歴史などを解説

目次
1.メルセデス・ベンツのサブブランド「メルセデスAMG」とは 2.メルセデスAMGで注目の旧車 3.メルセデスAMGが向いている人 4.まとめ

高級車ブランドとして有名なメルセデス・ベンツには、高性能モデルをラインナップするサブブランド「メルセデスAMG」があります。今回は、メルセデスAMGがどのようなブランドなのか、特徴や歴史などについて解説します。また、注目の旧車も合わせて紹介するので、メルセデスAMGを検討中の方は参考にしてみてください。

メルセデス・ベンツのサブブランド「メルセデスAMG」とは

メルセデスAMGは、メルセデス・ベンツの中でも高性能モデルを展開するサブブランドです。メルセデスAMGには、どのような特徴があるのでしょうか。メルセデスAMGをより深く知るために確認しておきたいブランドの特徴や歴史などを紹介します。

特徴

メルセデスAMGは、「究極のハイパフォーマンス」を追求するメルセデス・ベンツのサブブランドです。

モータースポーツの現場で培った独自技術を惜しみなく投入した高性能モデルを展開しており、スポーツカーでありながら日常の快適性と高い安全性を両立していることがメルセデスAMGの特徴です。

歴史

1967年に、「メルセデスAMG」の起源の「AMG社」が誕生しました。ブランド名の「AMG」は、創立者であるハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエバハルト・メルヒャー(Melcher)、アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字からとられています。

創業当初はメルセデス・ベンツの市販車をベースに、独自改良を施したレーシングマシンを製造していました。

AMGの名が全世界に知られるようになったのは、1971年のスパ・フランコルシャン24時間耐久レースです。スパ・フランコルシャン24時間耐久レースでは、メルセデス・ベンツ300SEL 6.8 AMGが快走し、クラス優勝を飾り、総合順位2位を獲得。このことをきっかけに、AMG知名度がアップしました。

1988年からはメルセデス・ベンツとパートナーシップを組み、モータースポーツ活動で培ったレーシングカーテクノロジーとメルセデス・ベンツの最先端技術を結集し、メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスモデルの開発とエンジンの生産を行っています。

2014年にメルセデス・ベンツのサブブランドとなり、社名を「AMG」から「メルセデスAMG」に変更しました。メルセデス・ベンツのサブブランドになってからもAMGの哲学は受け継がれ、AMGの象徴のひとつでもあるひとりのマイスターが最初から最後まで1基のエンジンを手作業で組み上げる「One man - one engine」もこれまでどおり引き継がれています。

エンブレム

メルセデスAMGのエンブレムは、月桂冠とリンゴの木とエンジンのバルブ&カムで構成されています。それぞれの意味は次のとおりです。

月桂冠:トロフィーの代わりに優勝者に贈られるもの。レースに勝つことを意味している
リンゴの木:本社のアファルターバッハのことを指している
エンジンバルブ・バルブスプリング・カムシャフト:エンジンの開発・技術に特化していることを意味している

リアの左側にはAMGロゴが、右側にはモデルを示すアルファベットと出力相当の数字が付けられています。

メルセデスAMGと通常モデルの違い

メルセデスAMGの大きな特徴は、通常のメルセデス・ベンツとは一線を画した性能を持つ点です。

高出力エンジンをはじめ、エンジンの性能に耐えられるブレーキ・サスペンション・タイヤ、空力性能に優れるパーツが取り付けられています。内装は、スポーティなシートやパーツを使いながらも、メルセデス・ベンツの上質さを兼ね備えているインテリアに仕上がっています。

Aクラス A45 AMG 4マチックの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

メルセデスAMGで注目の旧車

メルセデスAMG(旧AMG)で注目すべき旧車を紹介します。

メルセデスAMG A45 4MATIC

メルセデスAMG A45 4MATICは、Aクラス初のハイパフォーマンスモデルとして、2013年に日本で発売されました。

A45 AMG 4MATICのエンジンは、360psを発生するAMG 2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンで、可変トルク配分型のAMG 4MATIC(四輪駆動)を組み合わせることで、ダイナミックなドライビングを可能としています。

メルセデスAMGのブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現したコンパクトなモデルとして注目の1台です。

SLS AMG ロードスター

SLS AMG ロードスターは、メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスモデルを手がけるメルセデスAMG初の専用モデルとして、開発されたスーパースポーツカーです。

メルセデス・ベンツの伝説的スポーツカー「300 SL ロードスター」のアイコンでもあるロングノーズ&ショートデッキを現代流にアレンジした圧倒的な存在感を放つスタイリングも魅力となっています。Zシェープに折りたたまれるファブリックソフトトップは11秒で開閉し、50km/hまでであれば走行中の操作も可能です。

特筆すべきは、571psのパワーを発生させるメルセデスAMG独自開発のハイパフォーマンスエンジン「M156」6.3L V型8気筒エンジンを搭載していることです。優れた性能を発揮するエンジンや軽量高剛性なアルミニウムスペースフレームボディ構造などにより、0-100km/h加速3.8秒、最高時速317km/h(電子リミッター作動)を実現しています。

メルセデスAMG C63

メルセデスAMG C63は、メルセデス・ベンツ CクラスをベースにメルセデスAMGがチューニングを施した高性能モデルです。扱いやすいボディサイズのCクラスにV型8気筒エンジンを搭載したC63は、スポーツカー並みのパフォーマンスを発揮しながらも、日常使いしやすいボディサイズとなっていることが特徴です。

V型8気筒エンジンを搭載するCクラスベースのAMGは、4代目(W205)までです。メルセデスAMGの優れたパフォーマンスを凝縮したV型8気筒エンジンを搭載するC63は、歴史に残る名車の1つといえるでしょう。

Aクラス A45 AMG 4マチックの買取専門ページはこちら

メルセデスAMGが向いている人

メルセデスAMGは、高性能でありながらメルセデス・ベンツらしい高級感を併せ持つ車です。

高級車に乗りたいという希望と高性能なスポーツモデルに乗りたいという要望を同時に叶えてくれるブランドであるため、高級スポーツカーを欲しい方におすすめのモデルといえるでしょう。

また、車のリセールを気にする方もメルセデスAMGがおすすめです。メルセデスAMGは、高性能で高級感がある車となっているため、リセールバリューがよい傾向がみられます。手放すときのリセールバリューがよい高性能高級車に乗りたい方もメルセデスAMGを検討するとよいでしょう。

Aクラス A45 AMG 4マチックの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

まとめ

メルセデスAMGは、高性能車に特化したメルセデス・ベンツのサブブランドです。ハイパフォーマンスでありながらラグジュアリーな世界観を持つメルセデスAMGは、高級車にも高性能モデルにも乗りたいという要望を同時に叶えてくれるブランドとなっています。メルセデスAMGは、1台でさまざまな側面を見せてくれる特異な車といえるでしょう。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1 画像2 画像3
画像ギャラリー(全3枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

スーパーチャージャーの仕組みとは? ターボとの違いも含めて詳しく解説

スーパーチャージャーの仕組みとは? ターボとの違いも含めて詳しく解説

旧車売買の豆知識 2024-04-12
206 WRCでプジョーは3連覇を達成! 圧倒的強さを誇った秘密に迫る

206 WRCでプジョーは3連覇を達成! 圧倒的強さを誇った秘密に迫る

旧車の魅力 2024-04-08
2024年1月にランエボⅣが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2024年1月にランエボⅣが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-04-03
2024年1月にシルビアS15が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2024年1月にシルビアS15が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-04-03
2024年4月にS2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2024年4月にS2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-04-03
参加できるのは30代前半まで!愛車約100台が赤レンガ倉庫に集結『YOKOHAMA CAR SESSION ~若者たちのカーライフ~とは?(輸入車編)』

参加できるのは30代前半まで!愛車約100台が赤レンガ倉庫に集結『YOKOHAMA CAR SESSION ~若者たちのカーライフ~とは?(輸入車編)』

イベントレポート 2024-03-31
若きオーナーたちの愛車約100台が赤レンガ倉庫に集結!『YOKOHAMA CAR SESSION ~若者たちのカーライフ~とは?(国産車編)』

若きオーナーたちの愛車約100台が赤レンガ倉庫に集結!『YOKOHAMA CAR SESSION ~若者たちのカーライフ~とは?(国産車編)』

イベントレポート 2024-03-30
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2024-03-29

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
5
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10
7
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
8
車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

旧車売買の豆知識 2024-01-29

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ