ドイツでレクサスLFAが3台も販売中!?その驚きの価格とは!

目次
1.■1. 天使の咆哮と呼ばれたサウンド 2.■2. 日本車最速のクルマ 3.■3. 現在の市場価格は1億越え!? 4.■まとめ

世界中のコレクターが喉から手が出るほど欲しいレクサスをご存知だろうか?

その名も「レクサス LFA」

日本が世界に誇る、超一級のスーパースポーツカーである。

2010年12月から2012年12月までのわずか2年間のみ生産され、限定台数500台の希少なモデルだ。

現在ではほとんど市場に出回ることがなく、街中で見かけるのは奇跡に近いほど希少価値が高いモデルだが。

自動車大国ドイツでは現在、2023年7月時点で3台ものLFAが中古車サイトに掲載している。

ちなみに日本の大手中古車サイトでは、現在掲載中のLFAは2台のみとなっている。

ではレクサス LFAはなぜここまで人気を博したのか。

またドイツではどのような評価を受けているのか。

今回はドイツ現地から徹底解説していく。

■1. 天使の咆哮と呼ばれたサウンド

前述でも述べたとおり、LFAは限定500台のみ生産・販売された2人乗りのスーパーカーだ。

そのうち約50台は、サーキット走行を重視した高性能仕様の「ニュルブルクリンクパッケージ」が生産された。

LFAの名前の由来は、「Lexus Future Advance」の頭文字も取ったものである。

当時、まだ本格的なスポーツカーを持っていなかったレクサスにおける、スポーツカーのコンセプトカーとして誕生した。

コンセプトの内容は「世界超一級レベルの運動性能と、超一流の感性と官能を持ち合わせるスーパースポーツカー」である。

開発に至っては、莫大の開発費がかかっており、新車販売価格は3750万円にも関わらず、赤字だったそうだ。

特にエンジン開発には力を入れており、搭載されるエンジンはトヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発によって誕生した。

専用開発のヤマハ発動機製4.8L V型10気筒エンジンは、最高出力560馬力を発揮する。

音声学に基づいて開発されたエンジンは、そのあまりにも美しく、迫力のあるサウンドから「天使の咆哮」と呼ばれている。

旧車王バナー旧車王バナー

■2. 日本車最速のクルマ

LFAの車両スペックは全てが規格外だ。

ブロンドミッドシップに搭載されたV型10気筒4.8Lエンジンは、最高出力412kW(560PS)、最大トルク480Nmを発揮する。

軽量化と高剛性を図るため、至るところにカーボンが多用されている。

カーボンモノコックシャシーやカーボンセラミックブレーキが採用され、車輌重量はわずか1480kgとなっている。

超軽量化によって繰り出される最高速度は、日本車最速となる驚異の325km/h超え、0-100km/h加速は3.7秒という異次元のパフォーマンスだ。

日本の自動車メーカーとしては、ホンダNSX、日産GT-Rに次いで3番目の本格的なスーパースポーツカーとなった。

■3. 現在の市場価格は1億越え!?

2009年、東京モーターショーにて市販仕様車が世界初公開された。

世界56ヵ国で500台の限定販売となり、日本国内の割り当ては200台となった。

新車販売価格は3750万円、日本車の量産モデルとしては過去最高額のクルマだ。

発売当初は、半年間に渡って予約を募る予定だったが、予想を遥かに上回る予約が集まったため、予定よりも2ヶ月早い段階で締め切りとなった。

発表からわずか3ヶ月で、購入希望台数は世界累計で500台を超えたそうだ。

現在、日本の大手中古車サイトには2台のLFAが掲載されている。

しかし、価格が公開されていないため、その市場価格は未知数となっている。

ドイツでは、現在3台のLFAが掲載されており、販売価格は最安値の車両でも驚きの829,000ユーロ(2023年7月現在のレートで約1億3,000万円)となっている。

新車価格から3倍以上にも価値が上がっている状況だ。

旧車王バナー旧車王バナー

■まとめ

これまでにも数々の名車を生み出してきた日本の自動車メーカーだが。

恐らく名実ともに日本一のスーパーカーといえば、レクサスLFAではないだろうか。

現在、LFAの後継車となる2台目LFA Ⅱの開発が行われているそうだ。

詳しく情報は発表されていないが、伝説の名車が復活する日をそう遠くはない。

新型LFAもまた新たな伝説の始まりとなるのか。

今後の発表に注目していきたい。

[画像・ライター / 高岡 ケン]

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6
画像ギャラリー(全6枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10
ランクル80の維持費の節約方法!1ナンバー登録がベスト?整備代は抑えられる?

ランクル80の維持費の節約方法!1ナンバー登録がベスト?整備代は抑えられる?

旧車売買の豆知識 2024-06-21
S2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?最新相場情報も!

S2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?最新相場情報も!

旧車市場動向 2024-06-21
2023年12月にレガシィBE型が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年12月にレガシィBE型が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年10月にジムニーJB23が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年10月にジムニーJB23が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年10月にアルテッツァが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年10月にアルテッツァが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年5月にスカイラインR34が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年5月にスカイラインR34が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2022年10月にルネッサが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2022年10月にルネッサが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ