トヨタ ランドクルーザープラド(120系プラド)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

目次
1.ランクル120系プラドの特徴 2.ランクル120系プラド維持費の内訳 3.ランクル120系プラド年間維持費はいくら? 4.ランクル120系プラドの維持費が高いと思った時の対処法

ランドクルーザープラドといえば、ランドクルーザーシリーズのライトデューティー用に開発・発売されたモデルです。プラドの中でも2002年10月~2009年9月に発売された三代目の120系プラドは高級路線にシフトし、高級セダン購入層にも支持され人気を集めました。中古車も人気が高く、あまり寝落ちしないランクルシリーズですが、120系プラドの価格は現在100万円台で購入できる個体もちらほら出てきました。しかし「型落ちのランクルプラドは維持費が大変そう……」と心配の方も多いですよね。この記事ではランクル120系プラドにかかる維持費について解説いたします。

ランクル120系プラドの特徴

120系プラドは三代目のランドクルーザープラドになります。先代までの硬派なイメージから一気に高級路線にシフトし、セルシオと同等の上質な内装になりました。売れ筋のグレードでは本革シートを装備し木目パネルをあしらうなど、ランクルプラドのイメージを一新したモデルです。

内装には泥臭さがなくなりましたが、走りの面もマイルドに変わったわけではありません。トルセン式のLSDやセンターデフロックなど、当時最新技術を盛り込み悪路走破性も進化しています。また、オフロード走行に適したショートボディの3ドアモデルが選択できることも大きな特徴です。

ランドクルーザープラド120の買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

ランクル120系プラド維持費の内訳

ランクル120系プラドの維持費について、5項目に分けて解説します。

燃料代

ランクル120系プラドには4種類のエンジンが存在します。それぞれの燃費を見ていきましょう。

直4 2.7L 3RZ-FE型ガソリンエンジン:8.5km/リットル
直4 2.7L 2TR-FE型ガソリンエンジン:8.8km/リットル
V6 3.4L 5VZ-FE型ガソリンエンジン:8.1km/リットル
V6 4.0L 1GR-FE型ガソリンエンジン:7.8~8.1km/リットル
直4 3.0L 1KD-FTV型ディーゼルターボエンジン:10.8~11.2km/リットル

10.15モードのカタログ燃費で比較しましたが、ガソリン車はすべて10km/リットル未満です。実燃費についてはガソリンエンジン搭載モデルで5~6km/リットルといわれています。ディーゼルターボエンジンは10km/リットル超えですが、排ガス規制対象エリアに乗り入れられないというデメリットがあります。

ここからは金額をシミュレーションします。
仮に4.0リットルのV6 ガソリンエンジンを搭載した120系プラドを通勤で使用し月間1,000km走行した場合、ガソリンはハイオクを約167リットル使用(*1)し燃料代は29,008円(*2) かかります。この条件で1年間走行した場合は、348,095円(*2)です。
*1 燃費は6km/リットルで算出
*2 2022年11月27日のレギュラーガソリン1リットル当たりの平均価格173.7円で算出

自動車税

2022年11月現在、新車登録が2019年10月1日以後の3.5リットル超~4.0リットル以下(自家用)の自動車税は65,500円/年です。4.0リットルのガソリンエンジンを搭載した120系プラドの場合はどうでしょうか。120系プラドは最終モデルが2009年9月です。そのため車齢13年超えになり、自動車税は重課税されてしまいます。4.0リットル ガソリン車の場合、76,400円/年です。請求書の額面を見ると顔が青ざめてしまう金額ですね。ちなみに東京で人気エリアの高円寺は一人暮らし用物件の平均家賃相場が76,000円です。ランクル120系プラドを所有するためには、自動車税だけで東京人気エリア1ヶ月分の家賃を5月に支払わなければなりません。

任意保険

ランクル120系プラドの任意保険について大手のネット型保険で見積もりをしました。

<条件>
年齢:30歳
等級:6E
使用目的:通勤・通学
運転者:本人限定

<補償内容>
対人賠償(1名につき):無制限
対物賠償(1事故につき):無制限
対物超過特約(相手自動車1台につき50万円まで):あり
人身傷害:あり(車内のみ補償)
人身傷害(保険金額/1名につき):3,000万円
入院諸費用特約:なし
車両保険:あり
車両保険(保険金額):100万円
車両保険免責金額(1回目-2回目以降):5〜10万円

上記内容でシミュレーションしたところ、総額が約92,000円/年でした。車両保険は100万円まで補償されます。

車検

自家用登録したランクル120系プラドの車検代について見ていきましょう。

<ディーラー車検の場合>
自賠責保険:20,010円(24か月)
自動車重量税:45,600円(24か月)※初年度登録から13年経過で算出
印紙代:1,800円
車検料:80,000円
合計:147,410円
※車検料は内容、整備工場などにより費用は増減します

ここで注目するポイントは重量税です。120系プラドの枠である1.5トン超~2.0トン以下区分の自家用車の場合、重量税は32,800円ですが、初年度から13年経過した車両については増額され45,600円になってしまいます。また、古いクルマの場合は車検時に部品交換等の整備が発生する可能性が高く、車検代が一般的に高くなってしまうケースが多いです。

メンテナンス費用

最後にメンテナンス費用を見ていきましょう。ランクル120系プラドのメンテナンスについては下記の費用がかかってきます。

・洗車代
・ワイパーゴム交換代
・ウォッシャー液交換代
・冷却水補充代
・エアコンフィルター交換代
・ヘッドライト交換代
・エンジンオイル交換代
・オイルフィルター交換代
・ブレーキオイル交換代
・エアクリーナー交換代

1年間でこれらの費用が発生します。50,000円ほどを見込んでおけば良いでしょう。ランクル120系プラドのタイヤ交換が発生する場合は大きなタイヤになるので+10万以上かかるケースもあります。

ランドクルーザープラド120の買取専門ページはこちら

ランクル120系プラド年間維持費はいくら?

維持費の内訳を見てきましたが、合計でいくらぐらいになるのでしょうか。合計額を見ていきましょう。

<自家用車登録のランクル120系プラド年間維持費>
ガソリン代:348,095円
自動車税:76,400円
任意保険:92,000円
車検:73,705円(2年ごとにかかる費用の半額分)
メンテナンス費:50,000円
合計:640,200円

月額では53,350円ほどかかります。通勤で使用しない場合はガソリン代と任意保険料を下げられます。しかし、自動車税は高いですね。車齢13年超えの大排気量エンジン搭載車を維持するには、税金だけでかなりの費用を支払う覚悟が必要です。

ローンで購入した場合は、さらに月々の返済が発生します。月極駐車場を契約する場合は、別途駐車場代が毎月かかってきます。東京都内で維持していくには、23区内の築浅1kマンションの家賃レベルで維持費がかかるかもしれません。

ランドクルーザープラド120の買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

ランクル120系プラドの維持費が高いと思った時の対処法

旧車の維持には現代のクルマと比較するとお金がかかるものです。特にランクル120系プラドのような大排気量で大型の車種は自動車税、重量税がかさむために費用がかかります。さらに、古い車のため故障が増え修理費用など別途発生する可能性があります。

もし、ランクル120系プラドの維持費が高いと思ったら手放すことを検討してみてはいかがでしょうか。一昔前は10年落ち10万km以上走行したクルマは価値がないと言われていました。しかし、現在は空前の旧車ブームです。高く売却できる可能性があります。
※2022年11月27日時点のデータ

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

ランドクルーザープラド 120系のリセールバリューとは?高く売却する方法や魅力についても解説

ランドクルーザープラド 120系のリセールバリューとは?高く売却する方法や魅力についても解説

旧車売買の豆知識 2022-12-27
トヨタ MR-Sの価格高騰はもう終わり!?MR-Sの概要と中古車事情を解説

トヨタ MR-Sの価格高騰はもう終わり!?MR-Sの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-02-03
トヨタ3代目セルシオ(30系)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

トヨタ3代目セルシオ(30系)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-02-03
トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

旧車メンテナンス 2023-02-02
トヨタ FJクルーザーの価格高騰はもう終わり!?FJクルーザーの概要と中古車事情を解説

トヨタ FJクルーザーの価格高騰はもう終わり!?FJクルーザーの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-02-01
車の遺品整理はどうしたらいい?相続手続き・売却について徹底解説

車の遺品整理はどうしたらいい?相続手続き・売却について徹底解説

旧車売買の豆知識 2023-02-01
日本が誇るスズキ ジムニー、自動車大国ドイツにおける評価は?

日本が誇るスズキ ジムニー、自動車大国ドイツにおける評価は?

ドイツ現地レポ 2023-01-31
00年代軽自動車の魅力を語らせてほしい vol.1:Fun to Drive編

00年代軽自動車の魅力を語らせてほしい vol.1:Fun to Drive編

ライフスタイル 2023-01-31

記事ランキング

1
旧車バブルは崩壊が始まった!?中古車の価格高騰が終わりを迎える理由とは

旧車バブルは崩壊が始まった!?中古車の価格高騰が終わりを迎える理由とは

旧車市場動向 2023-01-24
2
走行距離課税とは?現時点でわかっていることやメリット・デメリットを解説

走行距離課税とは?現時点でわかっていることやメリット・デメリットを解説

旧車売買の豆知識 2022-11-28
3
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-08-30
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
5
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2022-08-24
6
車を親名義にしておくメリットやデメリットとは?売却手続きや名義変更についても紹介

車を親名義にしておくメリットやデメリットとは?売却手続きや名義変更についても紹介

旧車売買の豆知識 2022-09-29
7
オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10
8
車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

旧車売買の豆知識 2022-08-17

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝