大発見!野球の9つのポジションに当てはまる国産旧車たち

目次
1.■チームのカギを握るピッチャー。Z33がそれにぴたりとハマる! 2.■背が高くテクニックも必要なファースト。ならばデリカ・スペーシアギアだ 3.■花形ポジションのサードにつくのは、やはりR32 GT-Rしかいない 4.■人馬一体の走りでどんな打球にも追いつく「球際の魔術師・ロードスター」 5.■驚きの好燃費でイチローのように長く「走り続ける」プリウス

日本人は男女問わず「野球好きだ!」。

そう実感したのが2023年3月に開催されたWBC。

大谷翔平選手をはじめ、サムライ戦士たちの躍動と興奮を受け継ぐように、現在プロ野球も大盛り上がり中。

そんななか、ふと思った。

「野球のポジションを連想させるクルマがあるじゃないか」と。

これは……大発見だ! 国産旧車でポジション別に挙げていきたい。

■チームのカギを握るピッチャー。Z33がそれにぴたりとハマる!

まずは野球という試合に挑むにあたり、カギになるのがピッチャーだ。

勝つか負けるかピッチャー次第、といっても過言ではなく、クルマに当てはめればメーカーの顔であり、売れてもらわなくては困る、という存在。

ならば、2002年登場の日産フェアレディZ(Z33)こそ、ピッチャーにふさわしいだろう。

やや荒っぽいが心地いいサウンドの3.5L NAエンジンを搭載し、速球派ピッチャーばりの加速を味わえるモデル。

Z32の発売終了から、長らく続いたフェアレディZ消滅期間からの「奇跡の復活劇」は、あの巨人・桑田投手の復活登板を彷彿させる!(古いか…)

はキャッチャー。

扇の要とされるポジションで、どっしり構えてぶれずにチームをまとめる役割がある。

そのキャッチャーはズバリ、トヨタ14代目クラウン(2012年)だ。

先代からガラリと顔を変え、特にアスリートのギザギザデザインのグリルは「奇抜すぎて違和感あるなぁ」と、皆感じていたもの。

しかし、数年経つと自然となじんでいく…。

「これがクラウンの顔だ」と、どっしり構えて発売したトヨタの戦略も含めて、まさにキャッチャーの姿だ。

旧車王バナー旧車王バナー

■背が高くテクニックも必要なファースト。ならばデリカ・スペーシアギアだ

ファーストはやや地味な存在ながら、内野手からの送球を確実に受け取るテクニックが要り、高い送球をキャッチする必要もあるので「背の高い選手」が理想的。

背の高いミニバン界でもトップクラスの、三菱デリカ・スペーシアギア(1994年)に登場していただこう。

なにせ全高2070mmですから。

加えて、パジェロゆずりの4WD性能もあり、走りのテクでも見せる!

に左にと軽快に動き回り、打球を処理するのがセカンドだ。

求められるのは軽さと俊敏性。

それはもう、ホンダビート(1991年)で決まりだ。

軽自動車でありながらミドシップ、四輪ディスクブレーキという本格スポーツ。

捕球が難しいゴロに対しても「着実に止まり」ファーストへ投げる。

四輪ディスクブレーキが効いている、ということだ。

■花形ポジションのサードにつくのは、やはりR32 GT-Rしかいない

サードは、あの長嶋茂雄選手よろしく花形ポジション。

守備で魅せて打撃でも魅せる。

なぜか3~4番打順のホームラン打者が多く、まさしく日産R32スカイラインGT-R(1989年)そのものではないか。

2.6L、直6DOHCツインターボという心臓を持ち、6速スロットルチェンバーなど、先進のメカニズムを搭載。

その走りのパフォーマンスと張り出したフェンダーやウィングで武装したスタイルは、まさにスポーツモデルの花形。

今でも圧倒的人気を誇るR32は、やはり長嶋茂雄さんに似ているし、現役選手ならヤクルトの「村神様」級の存在だ。

カンド同様、俊敏性が求められるポジションがショート。

足さばきが重要となるが、ならば、開発時に欧州の道路を徹底して走り込んだという、スズキ2代目スイフトスポーツ(2005年)にショートについていただこう。

超人気の現行モデルの基盤を築いた世代といっていいモデルで、1.4L、直4DOHCながら1060kgという軽さもあり、狙ったラインを思いのまま走行できる爽快感がある。

やはり、狙った打球を確実につかむ、ショートのポジションがお似合いだ。

そうそう。コスパのよさはこの2代目も同じだが、プロ野球のショートでコスパのいい選手は……いないかもしれません(汗)。

旧車王バナー旧車王バナー

■人馬一体の走りでどんな打球にも追いつく「球際の魔術師・ロードスター」

続いては外野のポジション。まずはレフト。

ライン際に痛烈な打球が飛んでくる場合も多く、足の速い選手が理想的なポジションだ。

ここは、スバル3代目インプレッサWRX STI(2007年)の出番だろう! 

インプレッサWRXシリーズのなかでも人気を誇る3代目で、発売当初のハッチバックに加え、4ドアセダンも設定。

どちらも筋肉系のスタイルで格好いい。

まさにレフトにつく選手とかぶる。

2L、水平対向4気筒ターボは最高出力308psと実にパワフル。この出力をもって打球を追う。3代目インプレッサWRX STIなら任せて安心。エラーなどするはずもなし!

外野の守備、その要となるのがセンター。

なにせ、前後左右に打球がどんどん飛んでくる。

それを軽やかに走り、キャッチしなければならない。

このポジションに似合うのは、マツダ初代ロードスターしかいない。

軽量で強靭なフレームを採用し、1.6L、直4DOHCを縦置きに搭載。

意のままに走れる「人馬一体」感で痛烈な打球も、風を切りながらキャッチ!

うん、サマになること間違いなし。

■驚きの好燃費でイチローのように長く「走り続ける」プリウス

そして、ライトを守ってもらうのはトヨタ3代目プリウス(2009年)。

予約受注がものすごい数で、発売されてからも長らく月販台数1位に輝いていた超人気モデル。

その人気のさまは、ライトといえばこの人、イチロー選手を彷彿させるほど。

新開発のハイブリッドシステムTHS-Ⅱを搭載し、当時の10・15モード燃費で38.0km/L。

この驚くべき数値で、イチロー選手同様にず~っと、なが~く走り続けたのである。

……以上。

「野球のポジションを連想させる9台の国産旧車」を、個人的主観で取りあげてみたが、野球選手のアグレッシブな動きをイメージさせるモデルばかりじゃないですか! と判明。

秋まで熱く続くプロ野球を観戦しながら、選手たちにクルマをカブらせてみることも一興かもしれない。

[画像・トヨタ,日産,ホンダ,マツダ,三菱 / ライター・柴太郎 ]

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5
画像ギャラリー(全5枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

つくづく「クルマはコミュニケーションツールだな」という話

つくづく「クルマはコミュニケーションツールだな」という話

ライフスタイル 2024-04-27
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
ニュージーランド 2023年上半期 新車/中古車「人気ランキング」

ニュージーランド 2023年上半期 新車/中古車「人気ランキング」

海外現地レポ 2023-09-03
現地買付歴15年のバイヤーが見たアメリカのクルマ事情:Kenny.M

現地買付歴15年のバイヤーが見たアメリカのクルマ事情:Kenny.M

ライタープロフィール 2023-06-13
ホンダ ビートの維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

ホンダ ビートの維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-05-30
2023年度最新版!ドイツでもっとも売れている日本車とは!?

2023年度最新版!ドイツでもっとも売れている日本車とは!?

ドイツ現地レポ 2023-04-04
日産 フェアレディZ(Z33)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

日産 フェアレディZ(Z33)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-03-22
フェアレディZ Z33のリセールバリューは?リセールバリューが決まる要因や高く売る方法についても解説

フェアレディZ Z33のリセールバリューは?リセールバリューが決まる要因や高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2023-01-24

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
3
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
4
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
5
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
6
車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

旧車売買の豆知識 2024-01-29
7
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
8
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ