2023年度最新版!ドイツでもっとも売れている日本車とは!?

目次
1.■ドイツのグループ別乗用車登録台数 2.■ドイツの日本車メーカー別乗用車登録台数 3.■もっとも売れている日本車とは? 4.■まとめ:ドイツでの日本車市場は年々減少傾向

日本が世界に誇る自動車産業。

2022年度のグループ別世界販売台数では、トヨタ自動車が1048万3024台で3年連続の世界1位となった。

2位のフォルクスワーゲンは、中国のロックダウンの影響などもあり、前年比を大きく下回り826万2800台という結果になった。

トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの煽りを受けながらも、2位のフォルクスワーゲンと222万台以上の大差でトップの座に君臨した。

また3位に韓国の現代自動車が684万8198台、続く4位にルノー・日産・三菱の3社連合が615万6777台となっている。

未だ衰えを知らない日本の自動車産業。

世界中で選ばれ続けている日本車が最大のライバル、ドイツではどれだけの人気があるのか?

またどんな日本車が選ばれているのか?

現地在住の著者が徹底解説をしていく。

■ドイツのグループ別乗用車登録台数

ドイツ連邦陸運局(KBA)が2023年1月3日に発表した2022年度の乗用車新車登録台数は、265万1357台である。

●メーカー/年間登録台数/ドイツ国内シェア
VW/480,967/18.1%
Mercedes/243,999/9.2%
Audi/213,410/8.0%
BMW/209,722/7.9%
Opel/144,588/5.5%
Skoda/143,928/5.4%
Ford/131,256/5.0%
SEAT/111,646/4.2%
Hyundai/105,074/4.0%
Renault/79,861/3.0%
TOYOTA/78,366/3.0%
    
おわかりいただけただろうか。

日本車メーカーがトップ10に1社もランクインしていないという事実だ。

ドイツで日本車メーカーのトップはトヨタ自動車が78,366台で国内シェア3.0%の11位という結果となった。

では日本車メーカーだけであればどうだろうか。

旧車王バナー旧車王バナー

■ドイツの日本車メーカー別乗用車登録台数

●メーカー/年間登録台数/ドイツ国内シェア
TOYOTA/78,366/3.0%
MAZDA/35,008/1.3%
MITSUBISHI/34,430/1.3%
NISSAN/26,069/1.0%
SUZUKI/15,583/0.6%
HONDA/7,709/0.3%
SUBARU/3,725/0.1%
LEXUS/2,746/0.1%

日本車メーカーの年間登録台数の合計は203,636台、国内シェアの合計はわずか7.7%となっている。

つまりこの数字が表しているとおり、ドイツでの日本車はとても人気とはいえないだろう。

■もっとも売れている日本車とは?

2023年1月〜2月にかけてもっとも売れた日本車は「トヨタ ヤリス」であった。

シリーズ別販売台数ではVW ゴルフが13,695台、トヨタ ヤリスは5,298台で11位にランクインしている。

輸入車別ではテスラ モデルY、シュコダ オクタヴィアに続いて堂々の3位にランクインしていることから、非常に順調な販売台数で推移していることがわかった。

旧車王バナー旧車王バナー

■まとめ:ドイツでの日本車市場は年々減少傾向

ドイツでの日本車市場は年々減少傾向にある。

これにはいくつかの理由が挙げられる。

ひとつ例を挙げるとすれば、欧州全体で進められているEV(電気自動車)へのシフト化だろう。

日本車メーカーは海外メーカーと比べるとEVへのシフト化が遅れており、EVのモデルも少ない。

しかし、ドイツをはじめとした欧州全体では環境に配慮したPHEV(プラグインハイブリット)またはEVが選ばれつつあり、新車販売台数でも上位を占めている。

今後は世界全体でますますEVへのシフト化が進んでいくだろう。

ドイツでの日本車市場は非常に厳しい状況に直面しているが、今後も日本車は選ばれ続けるのか。

はたまたドイツから撤退していくのか。

はたまた大きな変革をもたらし、日本車シェアを拡大していくのか。

今後の動きに目が離せない。

[ライター/高岡ケン]

 

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5
画像ギャラリー(全5枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

不動の1位はあのモデル!ドイツ「Hナンバーとヒストリックカー」を深掘り!

不動の1位はあのモデル!ドイツ「Hナンバーとヒストリックカー」を深掘り!

ドイツ現地レポ 2023-11-07
ニュージーランド 2023年上半期 新車/中古車「人気ランキング」

ニュージーランド 2023年上半期 新車/中古車「人気ランキング」

海外現地レポ 2023-09-03
大発見!野球の9つのポジションに当てはまる国産旧車たち

大発見!野球の9つのポジションに当てはまる国産旧車たち

ライフスタイル 2023-07-03
現地買付歴15年のバイヤーが見たアメリカのクルマ事情:Kenny.M

現地買付歴15年のバイヤーが見たアメリカのクルマ事情:Kenny.M

ライタープロフィール 2023-06-13
旧車オーナー向きな人 or 向かない人なんて、あるのかな?

旧車オーナー向きな人 or 向かない人なんて、あるのかな?

ライフスタイル 2023-01-17
プリウスのリセールバリューは高い?高く売れるプリウスとは

プリウスのリセールバリューは高い?高く売れるプリウスとは

旧車市場動向 2022-12-01
軽自動車からスーパーカーまで何でもあり!なマニアーズ:木谷宗義

軽自動車からスーパーカーまで何でもあり!なマニアーズ:木谷宗義

ライタープロフィール 2022-11-16
買うなら今がチャンス?多くのホットハッチファンを生み出したフォルクスワーゲン ゴルフ2 GTIの中古車市場

買うなら今がチャンス?多くのホットハッチファンを生み出したフォルクスワーゲン ゴルフ2 GTIの中古車市場

旧車市場動向 2022-01-18

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
5
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
6
車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

旧車売買の豆知識 2024-01-29
7
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
8
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ