チェイサーは高騰している?今後の予測も解説

目次
1.チェイサーとは 2.チェイサーは高騰している? 3.チェイサーはいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりそうなチェイサーの特徴

初代が誕生してから今年で45周年となるトヨタのチェイサー。レースでの活躍により、スポーツセダンとしてのイメージが強い車といえます。チェイサーはどのような車なのか、今後高騰していくのかについて解説をします。チェイサーを所有されている方や購入をお考えの方はぜひ参考にしてください。

チェイサーとは

チェイサーは、トヨタマークⅡの兄弟車として誕生しました。トヨタが1977年から2001年まで生産しており、日産スカイラインの対抗車として開発されています。1984年に発売された3代目は翌年に「GTツインターボ系」グレードが追加され、5代目から「ツアラー」の名を冠するグレードが登場しています。

最終型となる6代目は走行性能に加え、オーバーハングが前後とも短縮されたシャープな外観も相まって、現在でも高い人気があります。1997年に全日本ツーリングカー選手権に投入され翌年のラストイヤーでチャンピオンに輝きました。2000年にスタートした全日本プロドリフト選手権(現在のD1 GRAND PRIX)でも活躍しています。

チェイサーは高騰している?

チェイサーは高騰しています。中でもJZX100系のツアラーVは、2001年に販売が終了しており流通量が極めて少ないため、より高値で売買されています。また、D1 GRAND PRIXの影響から始まったFormula Driftの関係でアメリカやモンゴルでも非常に高い人気を博するようになりました。

さらに、アメリカでは通称「25年ルール」と呼ばれるクラシックカー登録制度があり、それが日本車や英国車の相場を引き上げる事象を引き起こしています。これは右ハンドル車の輸入を禁止しているアメリカの特例ルールで、初年度登録から25年経過した車は規制の対象外となるものですが、人気の高い最終型チェイサーが2021年からその対象となりました。

チェイサーはいつまで値上がりしそう?

チェイサーは、人気のグレードが現状でも高騰していますが「25年ルール」によって今後さらに高騰する可能性が高いと言えます。国内よりも海外の愛好家が高額で輸入しようとしているので、流通量はさらに少なくなり、右肩上がりに価格が上がっていくと予想できます。

価格が高くなりそうなチェイサーの特徴

価格が高くなりそうなチェイサーについて解説していきます。

こまめにメンテしている

チェイサーは、一番人気の最終型JZX100系でも既に20年以上が経過した車となります。純正部品の廃番も増えているため、こまめにメンテナンスをしている車両の価格が高くなりやすいです。過給機が搭載されたツアラーVの場合は、特にオイルや消耗品の交換と耐久性に不安があるタービンの状態が価格を左右します。

ターボエンジン搭載のツアラーV

ツアラーVは、特に最終型のJZX100系が人気です。当時の自主規制枠である280psを発揮する2.5Lターボエンジンを搭載し、標準仕様で5速MTの設定とドリフト走行の定番であるFR駆動の組み合わせは現在では希少な存在というのが主な理由です。アメリカの25年ルールの影響もあり今後も暴騰していく可能性が高いといえます。

スポーツ走行が楽しめるツアラーS

ツアラーSは、ツアラーVと同じく最終型のJZX100系が人気です。自然吸気エンジンのためツアラーVほどの加速力はありませんが、スポーティな外観と走りを楽しめるFR駆動であるため、状態の良い車両であれば新車価格と同等の価格帯で販売されています。こちらも国内外問わずに人気が集中し高騰する可能性が高いといえます。

よくある質問

チェイサーのよくある質問です。

Q.チェイサーってどんな車?

チェイサーは、トヨタのスポーツセダンです。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q.チェイサーは高騰しているの?

チェイサーは特に最終型のツアラー系が高騰しています。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q.チェイサーはどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

チェイサーは、こまめなメンテナンスをされている車両やスポーツグレードのツアラー系の価格が高くなりやすいです。 詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-06-28
アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

旧車市場動向 2022-06-06
スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2022-06-01
MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

旧車市場動向 2022-05-31
絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

旧車市場動向 2022-05-27

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

旧車売買の豆知識 2022-02-10
4
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
5
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
6
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベント