クルマの足回りの修理にはいくらかかる?故障のサインや費用の相場を解説

目次
1.クルマの足回りの分類 2.クルマの足回りの故障のサイン 3.クルマの足回りの修理費用の相場 4.クルマの足回りの修理の依頼先 5.クルマの足回りの修理にかかる期間 6.まとめ

クルマの乗り心地や走行性能などに影響する足回りは、経年劣化や強い衝撃などによって壊れることがあります。故障のサインが見られた際に気になるのは、修理費用や依頼先です。今回は、クルマの足回りの故障のサイン・前兆・症状やおおよその費用の相場について解説します。

クルマの足回りの分類

「足回り」は1つのまとまった部品を指す言葉ではありません。さまざまな部品を総称して「足回り」と呼びます。ここでは、「足回り」に含まれる主な部品を紹介します。

サスペンション

サスペンションは、乗り心地を安定させ、路面からの衝撃を吸収する緩衝部品です。

さまざまな部品によって構成されているだけでなく、いくつかのタイプが用意されており、クルマによってサスペンション形状や構造、構成部品などが異なります。

数多くの部品で作られているサスペンションにおいて、乗り心地や走行性能などに影響する主な部品は、コイルスプリングとショックアブソーバー(ダンパーともいわれる)です。これらの部品が壊れたり劣化したり破損したりすると、乗り心地の悪化や路面の衝撃がダイレクトに乗員に伝わるなどの問題が起こります。

ボールジョイントブーツ

ボールジョイントブーツは、部品のつなぎ目であるジョイント部分に取り付けられています。ゴム製のため、時間の経過とともに劣化して割れたり切れたりすることがあり、定期的な点検や交換が必要です。

ブレーキ

ブレーキは、クルマを減速させたり停止させたりする重要な部品です。ホイールとともに回転するブレーキローターにブレーキパッドを押し付けることで制動力を発揮します。摩耗する部品であるため、定期的な点検や部品交換が必要です。

タイヤ・ホイール

路面と接地している唯一の部品がタイヤです。そのタイヤを取り付ける部品をホイールといいます。

タイヤは、路面との摩擦によって、「走る」「曲がる」「止まる」というクルマの基本性能を発揮します。走行すると摩耗する部品のため、定期的な点検や交換、均等に摩耗させるためのローテーションなどが必要です。

ホイールはタイヤを取り付けている部品で、クルマの走行性能にも影響します。足元のホイールが軽いほどフットワークが軽くなるため、快適な走行を目的として交換する人も多いです。

旧車王バナー旧車王バナー

クルマの足回りの故障のサイン

足回りが故障する前兆として、各部品から異音が発生します。ここからは、それぞれの部品が故障前にどのような異音を発するのか紹介します。

サスペンションはギシギシ・キュキュ

サスペンションに不具合やトラブルが起きると、きしむような音が聞こえたり、段差を通過した際に“ガタン”という強い突き上げを感じたりします。

ボールジョイントブーツはコトコト・ゴトゴト

ボールジョイントブーツが割れたり切れたりするとコトコトもしくはゴトゴトという音が聞こえます。操作を止めると音も止まるため、走行中のみ異音が聞こえる場合はボールジョイントブーツが故障している可能性が高いでしょう。

ブレーキはキー・シャリシャリ

ブレーキは、ローターとパッドの取り付けパーツがダイレクトに当たると、キーという音やシャリシャリという音が聞こえます。十分に減速できなくなったり停止できなくなったりするため、定期的な点検と部品交換が必要です。

ホイールのハブベアリングはゴー

走行中にゴーという異常な音が聞こえた場合は、ホイールを車体に取り付けるハブベアリングが故障している可能性が高いです。放っておくと、乗り心地が悪化したり燃費が悪くなったりします

さらに、ホイールが外れやすくなるため、安全運転が困難になります。このような症状が現れた場合は、安全な場所にクルマを止めてホイールをチェックしてください。

クルマの足回りの修理費用の相場

ここからは、足回りを修理する際のおおよその費用について解説します。なお、車種や使われている部品などによって費用が大きく異なるため、実際に修理に出すときは、複数の業者から見積もりを取って費用を比較するとともに修理内容を確認してから依頼先を決めましょう。

サスペンションは5万円~

サスペンションの修理費用は故障した箇所によって修理費用が異なります。コイルスプリングだけを修理・調整した場合は、5万円程度で済むでしょう。しかし、サスペンションのユニットすべて(コイルスプリングやショックアブソーバーなど)を交換すると、10万円以上かかります。

ボールジョイントブーツは1万円〜

ボールジョイントブーツは、交換する箇所によって費用が異なります。1個あたり1万円〜が相場です。

ブレーキは2万円〜

ブレーキパッドだけを交換するのであれば、〜2万円程度が相場です。ただし、ブレーキローターもあわせて交換した場合は、10万円以上かかるでしょう。

タイヤ・ホイールは5万円〜

タイヤを交換する場合は、4本5万円〜(1本あたり1万円程度)で交換が可能です。ただし、タイヤの銘柄やブランドによってタイヤ交換費用は大幅に異なります。

パンク修理で済む場合の費用は、2,000円程度です。

ホイールは、傷だけであれば修理しないという人もいます。ただし、タイヤが取り付けられないほど損傷している場合には修理や交換が必要です。費用はホイール1本あたり1万円〜かかるでしょう。

旧車王バナー旧車王バナー

クルマの足回りの修理の依頼先

足回りの修理は、専門的な知識や技術、専用ツールなどが必要なため、業者に修理依頼をしたほうがよいでしょう。ここからは、足回りの修理依頼先について紹介します。

ディーラー

ディーラーでは、高い品質や技術で修理してくれるだけでなく、ブランドごとに定められている基準に則って調整してくれます。そのため、修理の質にこだわるのであれば、ディーラーや販売店で修理するとよいでしょう。

整備工場

整備工場は、さまざまな車種に対応しているといったメリットがあります。また、整備士の技術次第では、ディーラーと同等以上のクオリティで仕上げてもらえる場合もあるでしょう。ただし、整備工場にどのような整備士が在籍しているかはわからないため、整備工場に依頼する場合は評判を調べたり、そもそも修理対応が可能か確認したりすることが重要です。

カー用品店

カー用品店に修理を依頼するメリットは、費用を抑えられることです。また、部品交換をする際にどの部品を使うか選べるのも嬉しいポイントです。取り付けたり交換したりする部品にこだわりたいときはカー用品店での修理や交換を検討するとよいでしょう。

クルマの足回りの修理にかかる期間

足回りの修理にかかる時間は、修理する箇所によって異なるため、依頼前にどのくらいの時間が必要なのか確認しましょう。

タイヤのパンク修理であれば、1時間程度で完了しますが、サスペンション交換だと数日程度かかるケースが多いです。このように修理する箇所によって期間が異なるため、修理依頼をするときは時間も確認しておくことが大切です。

旧車王バナー旧車王バナー

まとめ

クルマの足回りは、走行性能や乗り心地などに影響する重要な部分です。そのため、少しでも異常・違和感を感じたときや不具合の初期症状が現れたときは、早めに点検してもらい、故障や損傷などをしてないか確認してもらいましょう。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

ホンダ EF9型グランドシビックがVTECの凄さを証明! ホットハッチの定番車種にまでのぼりつめた魅力に迫る

ホンダ EF9型グランドシビックがVTECの凄さを証明! ホットハッチの定番車種にまでのぼりつめた魅力に迫る

旧車の魅力 2024-06-25
ランドクルーザー プラドのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

ランドクルーザー プラドのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

旧車市場動向 2024-06-25
トヨタ ハイラックスのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

トヨタ ハイラックスのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

旧車市場動向 2024-06-25
トヨタ センチュリーのリセールはよい?買取相場や高く売るコツを紹介!

トヨタ センチュリーのリセールはよい?買取相場や高く売るコツを紹介!

旧車市場動向 2024-06-25
2023年1月にランクル100が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年1月にランクル100が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-25
クルマのサンバイザーの修理方法は?故障の原因や交換についても解説

クルマのサンバイザーの修理方法は?故障の原因や交換についても解説

旧車メンテナンス 2024-06-25
クルマのウインカーの修理はどこに依頼したらいい?主な故障や修理依頼先について解説

クルマのウインカーの修理はどこに依頼したらいい?主な故障や修理依頼先について解説

旧車メンテナンス 2024-06-25
「タイレルP34」と「レイナード93D」に見惚れる!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.10

「タイレルP34」と「レイナード93D」に見惚れる!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.10

タイレルP34を追え! 2024-06-25

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ