車のミラーの修理はどこに依頼する?修理にかかる費用・時間も解説!

目次
1.車のミラーの修理はどこに依頼する?  2.車のミラーの交換が必要になることもある 3.車のミラーの修理にかかる時間 4.車のミラー修理にかかる費用 5.車のミラーを修理せずに走行する問題点 6.車のミラーは自分で修理できる? 7.まとめ 

車のミラーをぶつけてしまったらどこに修理を依頼すればよいのでしょうか。修理費用や修理にかかる時間など、さまざまなことが気になるものです。

この記事では車のミラーをぶつけてしまったときに、修理をどこに依頼すればよいのかや修理にかかる費用について詳しく解説します。

車のミラーの修理はどこに依頼する? 

修理は、ディーラーか町の修理工場、カー用品店に依頼できます。依頼先によって、費用や修理期間が異なるため、それぞれの違いを把握しておきましょう。

ディーラー

ディーラーとは、自動車メーカーの特約店として契約している正規の販売店のことです。たとえば、トヨタであればトヨタカローラやトヨペットといった店舗を指します。

ディーラーはメーカーの新車や中古車の販売以外に修理も行っており、メーカーの正規品を使用して修理を行うのが特徴です。メーカーの保証対象であれば修理費用がかからない場合もあるでしょう。

ディーラーでの修理の流れは以下のとおりです。

  1. 1.見積もりを依頼
  2. 2.担当者が自宅へ来訪するか、ディーラーへ車を持っていき、修理箇所の確認と見積もりを行う
  3. 3.修理する

部品の取り寄せなどに日数がかかる場合は、車を預けることもあります。

町の修理工場

修理工場はメーカーの正規品以外の部品も使用できるため、車に合う安い部品を取り寄せてもらうことが可能です。

修理工場で修理してもらうときの流れは以下のとおりです。

  1. 1.見積もりを予約
  2. 2.担当者が自宅に来訪するか、工場へ車を持ち込んで見積もりを行う
  3. 3.修理する

修理の内容によってはその日に修理してもらえることもあります。部品の取り寄せに日数がかかる場合は、工場に車を預けて修理してもらいます。

カー用品店

カー用品店は、タイヤやエンジンオイル、カーナビなどの車用品を販売している店舗です。たとえば、オートバックスやイエローハットなどがあります。

車用品の販売のみを行っているイメージがあるかもしれませんが、車の修理を行っている店舗もあります。修理ができない店舗もあるため、事前に公式ホームページを確認したり問い合わせてから依頼しましょう。

カー用品店に依頼するときの流れは以下のとおりです。

  1. 1.見積もりを予約
  2. 2.店舗に車を持って行き見積もりを行う
  3. 3.修理する

ディーラーや修理工場と違い、カー用品店は必ず車を自分で店舗に持ち込みます。部品があればその日に修理をしてもらえる場合もありますが、部品の取り寄せなどに日数がかかる場合は日を改めて来店しなければいけません。

旧車王バナー旧車王バナー

車のミラーの交換が必要になることもある

ミラーが損傷した場合、修理できるケースとミラーをモーターごと交換しなければならないケースがあります。修理内容によって対応できる業者が異なるため、交換が必要かどうかを確認してから業者を選びましょう。

ここからは、修理できるケースと交換が必要なケースについて詳しく解説します。

修理できるケース

修理できるケースは以下のとおりです。

  • ・カバーのみが損傷
  • ・鏡が割れている

壁などで擦ってしまってカバーに傷がついてしまったり、鏡が割れてしまったとしても損傷した部分のみ交換すればよいため、ミラーそのものの交換は必要ありません

カバーや鏡の交換はディーラー・修理工場・カー用品店のどこにでも依頼できます。ただし、修理の日数は部品の在庫の有無で変わってきます。部品の取り寄せに日数がかかる場合、その間車を使用できないため、修理期間を確認しておきましょう。

交換が必要なケース

ぶつけた衝撃でミラーが動かなくなった場合や、損傷がひどい場合は本体の交換が必要です。

たとえば、ミラーが開閉しなくなっている場合は、動かしているモーターに異常が生じているため、モーターごと交換しなければいけませんモーターの修理は電気の配線の交換などが必要になるため、カー用品店では修理できません。修理工場は修理できるところが多いですが、ディーラーに依頼するほうがよいでしょう。

モーターごとの交換は在庫があればその日に修理が完了する場合もあります。部品を取り寄せる必要がある場合は日数がかかるため、あらかじめ店舗に問い合わせて修理に必要な日数を確認しましょう。

車のミラーの修理にかかる時間

修理にかかる時間は、内容によって異なります。

・かすり傷の修理……即日
・鏡のみ交換……在庫があれば即日
・カバーのみ交換……在庫があれば即日
・鏡とカバーを交換……在庫があれば即日
・モーターごと交換……在庫があれば即日から数日

在庫によって修理期間が異なるため、早く直したい人は前もって部品があるかどうか確認しましょう。

旧車王バナー旧車王バナー

車のミラー修理にかかる費用

修理費用も修理内容によって異なります。修理内容ごとの費用は以下のとおりです。

・かすり傷の修理……数百円~2,000円
・鏡のみ交換……1,500円~3,000円
・カバーのみ交換……8,000円~1万円程度
・鏡とカバーを交換……1万円前後
・モーターごと交換……3万円前後

かすり傷であれば、コンパウンドをカー用品店で購入し、自分で修理することもできます。コンパウンドは数百円で購入可能です。鏡やカバーの交換の場合、部品代があまり高額ではないため、費用は数千円で済むケースが多いでしょう。

モーターごと交換する場合は、3万円前後が相場です。ディーラーに依頼すると、メーカーの正規品を使用するため、修理工場やカー用品店に比べると費用が高くなる場合があります。

しかし、モーターごと交換する場合は後のトラブルを減らすためにも、ディーラーへ依頼するほうが安心です。修理の依頼は、費用だけでなく、修理期間や安全性などを総合的に考えて業者を選びましょう。

車のミラーを修理せずに走行する問題点

ミラーが故障しても修理せずに走行させても問題ないと考える人もいるでしょう。車のミラーを修理せずに走行する問題点は以下のとおりです。

  • ・法律違反になる
  • ・事故につながる

それぞれ詳しくみていきましょう。

法律違反になる

かすり傷程度であればそのまま走行していても問題ありません。しかし、見るからにカバーや鏡が割れていたり、モーターが動かなくなったりしている場合は、法律違反になります。道路交通法では「交通の危険を生じさせ、又は他人に迷惑を及ぼすおそれがある車両等を運転させ、又は運転してはならない」と定められています。

どの程度損傷していたら修理しなければいけないかは具体的に決められてはいません。損傷の程度が「交通の危険を生じさせ、又は他人に迷惑を及ぼすおそれがある」と考えられる場合、修理をしなければ道路交通法の定めにより、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が課せられる可能性があります。

カバーやミラーが割れている場合や、モーターが動かなくなっている場合は速やかに修理をしましょう。

出典:道路交通法 第六十二条第百十九条

事故につながる

ミラーが故障しているのに走行していると、以下のような事故につながる危険性があります。

  • ・カバーの破片が走行中に飛び、歩行者や他の車に当たる
  • ・ミラーが走行中に外れて、歩行者や他の車に当たる
  • ・鏡が割れていて後方確認が十分にできず、歩行者や車・バイクと衝突する
  • ・ミラーの角度調整ができず、後方確認が十分にできないため、歩行者や車・バイクと衝突する

事故につながる危険のある故障はすぐに修理しましょう。

旧車王バナー旧車王バナー

車のミラーは自分で修理できる?

ミラーは自分で修理できます。ただし、ミラーが壊れたときは周りの塗装もはがれている場合が多いため、きれいに仕上げることはほぼ不可能でしょう。ミラー本体の交換は、新しいミラーや配線を取り外す剥がし器やラチェットなどの工具があれば自分でできます。

交換の手順は、以下のとおりです。

  1. 1.内張りを剥がす
  2. 2.配線を取る
  3. 3.サイドミラーを付ける
  4. 4.内張りを元に戻す
  5. 5.動作確認をする

ミラー本体の交換は配線を間違えると正しく作動しません。安全面で考えても業者に依頼するほうがよいでしょう。

まとめ 

今回は、ミラーの修理の依頼先や費用、期間について紹介しました。

ミラーを修理したい場合は、ディーラーか修理工場、カー用品店に依頼しましょう。修理の内容によっては即日修理完了が可能です。修理工場とカー用品店には正規品を使わない選択肢があるため、費用を抑えたい方に向いています。

それぞれの特徴を踏まえ、自身に適した依頼先を選びましょう。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

ランクル80の維持費の節約方法!1ナンバー登録がベスト?整備代は抑えられる?

ランクル80の維持費の節約方法!1ナンバー登録がベスト?整備代は抑えられる?

旧車売買の豆知識 2024-06-21
S2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?最新相場情報も!

S2000が25年ルール解禁!今後値上がりする?最新相場情報も!

旧車市場動向 2024-06-21
2023年12月にレガシィBE型が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年12月にレガシィBE型が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年10月にジムニーJB23が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年10月にジムニーJB23が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年10月にアルテッツァが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年10月にアルテッツァが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年5月にスカイラインR34が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年5月にスカイラインR34が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2022年10月にルネッサが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2022年10月にルネッサが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21
2023年1月にランエボⅤが25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年1月にランエボⅤが25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-21

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ