最高32馬力!日本最古の自動車年鑑で昭和初期の東京を走ったクルマを調べてみた

目次
1.■1.戦前から出ている創刊91年!!!「自動車年鑑」って何? 2.■2.当時、『東京府』には2万台強の自動車が保有されていた

■1.戦前から出ている創刊91年!!!「自動車年鑑」って何?

▲最古の自動車年鑑。1931年の創刊で戦時中を除き90年以上発行され続けてきた

自動車年鑑という一般向けの自動車関連定期刊行物としては、日本最古(1931年創刊)の書物があるのをご存じだろうか?

創刊から90年以上という、とてつもなく長い歴史を持っている。

▲2022年11月30日に刊行された自動車年鑑2022~2023(日刊自動車新聞社,日本自動車会議所共編)

筆者は日刊自動車新聞社出版局に在籍していた90年代前半の数年間、編集に携わっていた時期があった。

また、2022年11月には最新号となる自動車年鑑2022~2023が刊行されている。

ニューモデル、自動車産業日誌、日本の自動車産業、諸外国の自動車産業をはじめ、各種の統計やデータなど自動車業界のすべてが844ページの中に詰まっているといっていいだろう。

そこで気になったのが、果たして創刊号はどんな内容だったのか?今も残っているのか?ということだ。

調べてみたところ、日本自動車図書館(日本自動車工業会が運営)に、なんと創刊号からすべてそろっているという。

一般利用者向けには閉館しているなか、特別に開けてもらい、創刊号ほか、昭和時代の自動車年鑑を何冊か見せてもらうことができた。

▲歴史を刻む自動車年鑑(日本自動車工業会・自動車図書館収蔵)

創刊号の表紙広告は「ダンロップタイヤ」である。

ダンロップタイヤは1888年、イギリスで創業した企業で1905年から自動車用タイヤを生産している。

▲自動車年鑑創刊号(1931年12月23日創刊)

そして、1932年自動車年鑑が創刊した翌年に国産初のタイヤメーカー「ブリヂストン」が誕生している。

当時の社名は「ブリッヂストン」。

創業者石橋氏の「石」「橋」を英語にした社名であることは有名だが、創業時は英語の発音に近い「ブリッヂ」だった。

▲「純国産」「超舶来」の文字が誇らしい。当時は「タイヤ」ではなく「タイヤ―」と表記していた。

そして1932年は「ダットサン」が誕生した年でもある。

前年に戸畑鋳物の傘下となった「ダット自動車製造」が排気量495ccの小型乗用車生産1号車を完成。

「ダットソン」と名付けられたが、その後「ダットサン」と車名を変えている。

理由は「ソン」は「損」のイメージなので、「サン」(sun英語で太陽)に変更した。

ちなみに、DATSUNのDATとは、創業メンバーである田、青山、竹内氏の頭文字を合わせたものだ。

翌1933年から戸畑鋳物(株)自動車部を設立し、本格的な自動車生産に向けて動き出している。

日産自動車(株)に社名変更したのは1934年である。

日本産業の100%出資となり、社名も日産自動車株式会社と変更された。

▲当時、まだごく少数だった国産車。ダットソン号以降、本格的な国産車生産がはじまる

▲当時、ディーラーを整備して販売をしていたのは米国車が中心だった

旧車王バナー旧車王バナー

■2.当時、『東京府』には2万台強の自動車が保有されていた

▲昭和6年の東京には約2万台のクルマが保有されていた。意外と多い?

90年前の日本にはどんなクルマが、どれくらい保有されていたのだろうか?

自動車年鑑には日本国内東京府内に存在する自動車の台数が馬力別ブランド別に紹介されている。

馬力の低さにもびっくり。

最低10馬力から最高でも32馬力だ。

資料によると乗用車+貨物車で21,948台のクルマが東京で保有されている。

大蔵省による調査で昭和6年8月末現在の数字だ。

馬力は警視庁課税馬力(当時、「警視庁馬力」という測定方法があった)に基づいている。

【乗用車】
・10馬力:フィアット 203台
・11馬力:モリス 139台
・12馬力:フィアット、モリス 126台
・14馬力:アームストロング、アサノ 96台
・15馬力:ホイペット多数を占む 893台
・17馬力:エセックス 291台
・18馬力:スター、アースキン 892台
・19馬力:ムーン、オークランド、オールヅモビル 214台
・20馬力:ウイリスナイト 240台
・21馬力:殆ど舊(旧)シボレー 1602台
・22馬力:T型フォード 294台
・23馬力:ビウイク、クライスラー、グラハムベージ 783台
・24馬力:殆ど新フォード 3702台
・25馬力:クライスラー、ダッジブラザース、ナッシュ 559台
・26馬力:殆ど新シボレー 3126台
・27馬力:ポンテアク、ダッジブラザース、スチュードベーカー 432台
・28馬力:ムーン、ナッシュ、ハップモビル
・29馬力:ビウイク、クライスラー、ハドスン、ナッシュ
・31馬力:クライスラー 101台
・32馬力:パッカード 110台
・調査もれ 363台
〇合計:14,717台

【貨物車】
・21馬力:全部舊(旧)シボレー 721台
・22馬力:全部T型フォード 2272台
・24馬力:全部新フォード 2299台
・25馬力:ジーエムシー、フェデラル、レパブリック 311台
・26馬力:全部新シボレー 646台
・27馬力:ダッジブラザース、フェデラル、ガーフォード 374台
・28馬力:マツク 120台
・29馬力:パッカード 71台
・調査もれ 417台
〇合計:7,231台

こうしてみると、フォードやシボレーの台数がとても多いと感じるが、これらは当時、日本国内で製造(KDノックダウン生産)されていたからである。

1925年に日本フォード、1927年に日本GMがそれぞれ設立されたことにはじまる。

日本で製造といっても当時の日本に自動車を製造できる技術はなく、ボディもエンジンも各種部品もすべてアメリカから輸入したものを日本国内で組み立てていた。

GMは大阪鶴町の工場にて組み立て生産をスタートさせており、月産2,000〜2,500台で、アジアの生産拠点としてもアジア諸国へも多数輸出されていた。

一方、日本フォードは横浜市新子安の工場にて1日の稼働時間8時間で約80台のT型フォードをはじめとする乗用車や貨物車を組み立てていた。

いずれも太平洋戦争の始まりとともに操業を終了している。

フォードを生産していた新子安の工場は現在のマツダR&Dになっている。

フォードやGM以外、ダッジ、クライスラーなどの米国車に加え、シトロエンも組み立て生産されていた。

90年前の自動車年鑑1932年版をはじめ、これまで世に出た自動車のカタログや自動車雑誌、各種の自動車に関する資料は「自動車図書館」で見ることができる。
※現在はコロナ感染拡大防止の観点から休館中だが資料検索などは可能だ。

●自動車図書館(現在は休館中)
https://www.jama.or.jp/library/car_library/index.html

旧車ファンにとっても聖地のような場所だ。

再開されたらぜひ訪れてみて欲しい。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8
画像ギャラリー(全8枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

車検ですすめられる部品交換はしたほうがいい?断ることはできるのか?

車検ですすめられる部品交換はしたほうがいい?断ることはできるのか?

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)のギアチェンジのコツとは?変速方法について解説

MT車(マニュアル車)のギアチェンジのコツとは?変速方法について解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)とは?特徴や注意点などを解説

MT車(マニュアル車)とは?特徴や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)のメリットとは?デメリットはある?マニュアル車がおすすめな人も解説

MT車(マニュアル車)のメリットとは?デメリットはある?マニュアル車がおすすめな人も解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
MT車(マニュアル車)を運転するために必要な免許とは?方法やメリットを解説

MT車(マニュアル車)を運転するために必要な免許とは?方法やメリットを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
TJラングラーの維持費をシミュレーション!5つの項目で詳しく解説します

TJラングラーの維持費をシミュレーション!5つの項目で詳しく解説します

旧車売買の豆知識 2024-04-19
まだまだ旧車と一緒に生きたい!クルマを長持ちさせる“自動車再生”への挑戦

まだまだ旧車と一緒に生きたい!クルマを長持ちさせる“自動車再生”への挑戦

旧車の魅力 2024-04-18

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
3
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
5
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10
6
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2024-03-04
7
車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

車検証の住所変更はオンラインでできる!方法や必要書類などを紹介

旧車売買の豆知識 2024-01-29
8
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ