本家カーナビより使える!? 旧車でナビアプリの利用はアリかナシか

目次
1.■ダッシュボード設置型のカーナビは取り外しが大変! 2.■ナビアプリの使用感に問題なし。ただ、トンネル内では位置を示してくれず 3.■事前に所有するスマートフォンとナビアプリとの相性を確認

昨年、愛車S15で使用していたカーナビが壊れまして。

購入したのが2004年。3~4年おきにデータを更新しながら18年間の使用なので、よく働いてくれたと思います。

仕事柄、初見の地に出向くことが多いので、なんらかのナビゲーションシステムは必須。

当初はネットオークションで中古の同一機種を落札し、配線はそのままに本体だけ交換しようと考えていたのですが、これが思いのほか高価なこと。

ちょっと足せば、新品のポータブルカーナビが買えちゃう額。

「なら、スマートフォンのナビアプリを使ってみよう。不都合があったら、あらためてカーナビを買えばいいし」

そんな顛末があってカーナビを外し、現在、ナビアプリを利用しています。

旧車を所有し、「車内の雰囲気を壊さないため、カーナビは取り付けたくない。

けれどナビは使いたい。

スマートフォンのナビアプリはどうなんだ?」と、考えている方は、意外に多いようです。

今回は実体験に基づいたカーナビとナビアプリの違いを記してみたいと思います。

■ダッシュボード設置型のカーナビは取り外しが大変!

中古品を落札する案はなくなったので、まずはカーナビの取り外しから。

壊れたカーナビはダッシュボード上に両面テープで土台を固定するタイプ。

簡単に取り除けるかと思ったら、実際はかなり面倒な作業でした。

土台を引っ張るものの(貼り付けから20年近くを経ているにもかかわらず)両面テープはびくともせず、ダッシュボードの表皮が浮き上がってしまう事態に。

いやいや、強力過ぎだろ!

本来ならドライヤーで温めて剥がすのがいいのでしょうが、非コンセント型のドライヤーを所有していません。

接着はがし剤を使用しますが、正直なところ効果はなし。

結局、力で少しだけ浮かべて土台とダッシュボードのすき間を作り、慎重にカッターで切って剥がす方法を取りました。

土台は取れたのですが、ダッシュボード上に両面テープが残ってしまったので、時間をかけてチマチマと剥がします。

信号待ち中にもチマチマ。渋滞にはまって停車中にもチマチマ。車内で妻を待っている間にもチマチマ。チマチマチマチマ……。

3日ほどで剥がし終えたのですが、どうしてもノリは除去しきれませんでした。

ダッシュボードの色あせもあって、両面テープが貼ってあった場所がクッキリと分かる状態に。

個人的にはカーナビの取り付け位置は、視線移動の少ないダッシュボード上がベストだとは思います。

思いますが、旧車を綺麗な状態で維持したいのなら、カーオーディオスペースを活用するDINタイプにすべきだなと感じました。

旧車王バナー旧車王バナー

■ナビアプリの使用感に問題なし。ただ、トンネル内では位置を示してくれず

さて、近場のホームセンターでスマートフォンスタンドを購入し、ダッシュボード上に両面テープで取り付け。

今度は範囲も狭いですし、両面テープもチープなので、不要になった際、そこまで苦労せずに剥がせるでしょう。多分……。

ちなみにスマートフォンを吸盤等でフロントウィンドウに貼り付けるのは道交法違反にあたるので注意が必要です。

そういった製品が販売されているのは、小売店や個人が合法である国から輸入し、日本の道交法を確認していないから、ではないでしょうか。

選択したナビアプリは、無料の『yahoo! カーナビ』。

選んだ理由は、基本の地図データにゼンリンを使用しているところ。

不満が出たら、有料版の『ゼンリンのいつもNAVI』に変えればいいかなと。

かつての廉価モデルスマートフォンだと性能や機能が足りず、ナビアプリが正常に動作しないこともあったそうです。

ですが、いまどきのスマートフォンなら廉価モデルでも問題なく作動します。

実際、私のスマートフォンも3年前の廉価モデルですが、一点を除いて動作に問題はでていません。

この一点については、のちほど記します。

使用してみた感じ(それまで使用していたカーナビが古くてシンプルなのもあって)特に不満はありませんでした。カーナビと比べると誤差は大きく、また位置ズレも頻繁に発生していますが、走行しているうちに補正してくれますし、慣れの範疇だと考えています。

データ通信量も思っていたほどではなく、月に2~3回、使うくらいなら、2~3Gの契約でも事足りるのではないでしょうか。

そして問題点。

クルマから車速信号を取ることのできないスマートフォンだから仕方がないのですが、トンネル内では自車の位置を拾ってくれません。

アプリの表示は、地下道やトンネルの入り口付近で停止している状態です。

分岐のある高速道路だった場合、致命的な間違いに繋がります。

ただ『yahoo! カーナビ』、本来ならばスマートフォンのジャイロ機能に対応し、地下道やトンネルでも現在地を表示できるそう。

これは私のスマートフォンの問題なのかもしれません。

ハイエンドモデルやミドルレンジモデルのスマートフォンで、リリースからしばらく時間が経っているモデルなら、アプリも対応しているのではないでしょうか。

■事前に所有するスマートフォンとナビアプリとの相性を確認

スマートフォンのナビアプリ。個人的には十分にカーナビの代わりになると感じています。

不足な点は多々ありますが、不足をオーナーの知恵と経験で補うのは、旧車に乗られる皆さんの得意技でしょうし。

ダッシュボードに両面テープや吸盤用のシールを貼りたくない。

あるいは美観からダッシュボード上にスマートフォンスタンドを設置したくないのなら、取り付けに工夫が必要になると思います。

念のためスマートフォンスタンドを購入する前に、所有されるスマートフォンにジャイロ機能があるか、ないか。くわえてトンネル内で案内してくれるかを調べておくと失敗せずに済みます。

当面、ナビアプリを利用するつもりです。

今後、スマートフォンを買い替えてトンネル内の案内に変化が出たら、またお伝えしたいと思います。

[ライター・カメラ/糸井賢一]

 

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5
画像ギャラリー(全5枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

2024年1月にシルビアS15が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2024年1月にシルビアS15が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-04-03
S15シルビアと86/BRZで買うならどっち?FRスポーツカーを比較

S15シルビアと86/BRZで買うならどっち?FRスポーツカーを比較

旧車売買の豆知識 2024-02-01
FR車ならドリフトできる!ベース車の選び方からおすすめパーツまで紹介

FR車ならドリフトできる!ベース車の選び方からおすすめパーツまで紹介

旧車売買の豆知識 2024-01-30
スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2023-09-28
S15のカーエアコン用コンプレッサーの交換と、カーエアコンにまつわる思い出

S15のカーエアコン用コンプレッサーの交換と、カーエアコンにまつわる思い出

ライター愛車レポート 2023-08-17
耐久レースで知る、エンジントラブル防止の基本はスパークプラグの交換

耐久レースで知る、エンジントラブル防止の基本はスパークプラグの交換

ライター愛車レポート 2023-05-10
最新モデルを運転したら、愛車S15シルビアへの愛情がより深まった話

最新モデルを運転したら、愛車S15シルビアへの愛情がより深まった話

ライター愛車レポート 2023-03-31
日本初の実車ドリフト映画「アライブフーン」が世界で絶賛される理由とは

日本初の実車ドリフト映画「アライブフーン」が世界で絶賛される理由とは

加藤久美子&博人の見識 2023-03-22

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ