トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

目次
1.70系ランクルのよくある故障箇所 2.70系ランクル修理費はいくら? 3.70系ランクルの維持費が高いと思ったときの対処法

ランドクルーザー70は1984年にデビューした現在でも人気の高いクロスカントリー車です。ヘビーデューティー用として開発され、走行性能の高さや壊れにくい信頼性から現在でも大人気の車種です。しかし発売開始が約40年前のクルマ。心配なことは故障ですよね。この記事では1984年から2004年に販売された70系ランクルでよくある故障箇所と修理費用を解説します。

70系ランクルのよくある故障箇所

30〜40年前の旧車はどうしても故障・不具合が多くなるものです。ここからは70系ランクルのよくある故障箇所を紹介します。

ディーゼル噴射ポンプの不具合

燃料をエンジンに供給する噴射ポンプは経年劣化します。噴射ポンプが壊れると、煙があがる、加速が鈍る、燃料が漏れる、エンジンがかからないなどの症状が発生します。

定期的なメンテナンスで不具合を軽減することはできますが、噴射ポンプは常に高温にさらされるため経年劣化を避けるのはほとんど不可能でしょう。

ラジエーターの故障

ラジエーターの一般的な寿命は12年ほどといわれています。ランクル70の場合、車齢が30年以上の個体ばかりのため、3回は交換する必要があるでしょう。定期的に交換していない場合、腐食して壊れている可能性が高いです。

ラジエーターの不具合はエンジンの故障につながります。エンジン回転数の不調や水温計の異常を感じる場合、ラジエーターの破損が原因かもしれません。

エアコンの不具合

カーエアコンはエアコンガスを使用し冷風を作りますが、ガス漏れによって多くの不具合が発生します。コンプレッサーの汚れやガスの劣化もエアコンが故障する原因です。

汚れは定期的にメンテナンスすることで防げますが、経年劣化への対策は難しいでしょう。いかにタフな作りの70系ランクルでも避けられない課題です。

オルタネーターの故障

オルタネーターはエンジンの動力を利用した発電機です。走行中に作られた電力でバッテリーを充電します。オルタネーターはエンジンがかかるとベルトを回しコイルを回転することで発電しますが、ベルトの寿命は走行距離10万kmが目安といわれています。オルタネーターからキュルキュルと異音が発生したら故障の前兆かもしれません。

ランドクルーザー70の買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

70系ランクル修理費はいくら?

よくある故障が発生したらいくらかかるのでしょうか。ここからは修理費用を見ていきましょう。

ディーゼル噴射ポンプ:10万円〜
ラジエーター修理:6万円〜
エアコン修理:10万円〜 ※コンプレッサーが故障していた場合
オルタネーター修理:5万円〜

一般的なクルマのメンテナンス費用は1年間に3〜5万円程度といわれています。しかし旧車の場合は経年劣化によって高価なパーツ交換が必要になり、メンテナンス費が跳ね上がるかもしれません。日頃から丁寧にメンテナンスをしていれば劣化を遅らせることはできますが、将来的に交換が必要になることは覚えておきましょう。

ランドクルーザー70の買取専門ページはこちら

70系ランクルの維持費が高いと思ったときの対処法

パーツの経年劣化による修理・交換は旧車を維持するうえで避けられません。新車や高年式の中古車よりも、どうしてもメンテナンス費が高くなりがちです。もし修理費を負担に感じたら手放すことを検討してみてはいかがでしょうか。

一般的な買取店では故障車の査定額は低くなってしまいます。しかし旧車王であれば高価買取が可能です。なぜなら自社内でパーツ供給から修理・整備ができるため中間マージンがかかりません。安価にクルマを修理・修復をし価値を高めて市場に再流通できるのです。

※2022年11月27日時点のデータです

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

トヨタランドクルーザーの維持費は高い?ランクルを維持する費用や内訳を解説

トヨタランドクルーザーの維持費は高い?ランクルを維持する費用や内訳を解説

旧車売買の豆知識 2024-01-29
限定800台のレアモデル! ランクル70をベースに40を復刻したネオクラシックPX10

限定800台のレアモデル! ランクル70をベースに40を復刻したネオクラシックPX10

旧車の魅力 2024-01-16
ランクル70で後悔しないで!再販で話題のモデルの魅力&欠点

ランクル70で後悔しないで!再販で話題のモデルの魅力&欠点

旧車の魅力 2023-12-26
ランクル70のトゥループキャリアは隠れた人気車種?! 海外限定モデルの全貌に迫る

ランクル70のトゥループキャリアは隠れた人気車種?! 海外限定モデルの全貌に迫る

旧車の魅力 2023-10-20
自動車大国ドイツでもランドクルーザーはさすがの人気だった!

自動車大国ドイツでもランドクルーザーはさすがの人気だった!

ドイツ現地レポ 2023-09-21
年式の古いランクルは車検NG?今一度押さえておきたいNOx・PM法とは

年式の古いランクルは車検NG?今一度押さえておきたいNOx・PM法とは

旧車売買の豆知識 2022-02-15
いま世界中から大人気!旧車の国産SUVが中古車になっても高いワケ

いま世界中から大人気!旧車の国産SUVが中古車になっても高いワケ

旧車市場動向 2022-02-10
高級SUVの元祖!アメリカでも大好評を得たFJ55系の秘められた魅力をご紹介

高級SUVの元祖!アメリカでも大好評を得たFJ55系の秘められた魅力をご紹介

旧車コラム 2022-02-10

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
4
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10
8
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ