【特報】高騰中の注目車種の特徴はこれだ!

目次
1.中古車の価値はどのように評価されるのか? 2.あまり値段のつかない車の特徴 3.価値の高い車、評価が上がっている車 4.まとめ

このページをご覧のあなたは、間違いなく車好きですよね?

そんなあなたに、日々、様々な名車から、高級車、スポーツカー、SUV、ミニバン、軽自動車、時にはトラックやバイクの買取のご依頼までいただく旧車王が、プロの目線でどんな車が高く売れるのか、価値のない車はどんなものなのか。現在のコロナ禍における自動車売買のトレンドをわかりやすくお伝えします。

中古車の価値はどのように評価されるのか?

さて、まずはじめに中古車の価値はどのように評価されると思いますか?

  • どれくらいきれいか?
  • メンテナンスはしっかりされているか?
  • 快適なガレージで保管されているか?
  • オーナーはお金持ちか?
  • 1オーナーか?
  • 事故歴はないか?
  • カスタムはしてあるのか?
  • 本革のシートか?
  • サンルーフは装備されているか?

ほかにもまだまだ様々な要素があげられることでしょう。

結論を申し上げると、どれも正解であり、正解でないということになります。

では、正解を。

資本主義の原則通り、需要と供給がすべてです。

つまり、欲しい人がたくさんいて、でもあまり多く台数が存在しない車は価値が上がります。
逆に、欲しい人があまりいない、または欲しい人はいるが、それ以上にたくさんの台数が販売されている車は価値が上がりません。

なので、一言でいうと、欲しい人が多ければ多いほど、台数が少なければ少ないほど価値は高まります。

あまり値段のつかない車の特徴

あまり価値のない車、買取価格が付きにくい車の一例をあげるとこのようなイメージです。

10年落ちの4人乗り軽自動車

最近はとてもおしゃれで機能満載の軽自動車も多数販売されていて、安全性も格段に向上しています。新車でも100万円前後から購入できる軽自動車の世界においては、実は10年も経ってしまうとほとんど需要が発生しません。そのため、市場における販売価格も低く(数万円から10万円程度)、買い取る業者の提示価格も非常に低いものになってしまっている可能性があります。

90年代、当時は先進的な技術を搭載していたスポーツカー

90年代のスポーツカーは総じて、価値が上がっている昨今ですが、それに合致しないモデルがいくつか存在します。スープラやシルビア、スカイライン、NSXなどが評価を大きく上げているのに対して、一部で価値の上がらないモデルがあります。例えば、4輪操舵や4WDなど複雑な機構を持ち、技術を押し出していた車です。このようなモデルは、新車から数年は問題ないのですが、年月が経過しすでに20年、30年が経過してくると、メーカーからの部品供給も終了しており、修理ができない、または十分な整備ができずトラブルが頻発するという懸念から、ユーザーから敬遠されます。つまり「いいな」とは思っても「欲しい!」と思う人がいないということになります。そのため、このケースだと価値は高くない場合が多いと言うことになります。

一般的なファミリーセダンやコンパクトカー

現在の需要は、ミニバンやSUV、軽自動車でもSUVスタイルやミニバンスタイルが主流になっています。そのため、普通のセダンやコンパクトカーは、あまり多くの需要が見込めません。このような車種の中古車を求めるケースは、とりあえず足になる車があればよいというユーザーであり、車の性能や色や形よりも安ければ安いほどありがたいということになります。そうなると、安い金額でなければ販売できないため、仕入れるときに安い金額で仕入れるという流れになってしまうのです。

同世代の他メーカーのモデルよりも動力性能が優れていた輸入車スポーツカー

当時は300馬力越えのスポーツモデルはまだまだ少なく、パフォーマンスは圧倒的に優位な車でした。しかし、前述のモデルと同様に、このモデルにはオーナーを悩ませるある欠点がありました。デスビがウォーターポンプの下にあり、定期的に交換する消耗品ではあるが、そのたびにウォーターポンプも外しての作業が必要。水回りの漏れが発生すればやはり被害を受けるというもので、構造的にちょっと難あり。そのため、その前後の世代の同モデルは価値は上がっているのですが、その世代だけが取り残されている。。。といったケースもあります。

価値の高い車、評価が上がっている車

ここまでは、あまり価値の付きにくい車についてお話ししました。では、大きく価値の上がっている、評価の上がっている車は何でしょうか?

これは、大雑把に言うとこんな感じです。

  • 2ドア
  • マニュアルミッション
  • スポーツカー

これを満たすモデルであれば、基本的には評価が高くなり、買取金額も相応に上がります。
評価が高いので具体的に車種名を言っても、車の名誉は傷つかないのでお伝えしましょう。
※以下でご紹介する車両は価値が高い車の中のごく一部です。

ニッサンスカイライン

特に、ハコスカ、ケンメリ、ジャパン、鉄仮面、32、33、34のマニュアル車は非常に評価が高いです。ノーマル車も改造車、カスタム車も評価が上がっています。2ドアのモデルであれば、マニュアル車以外でも価値の上がっているものがあります。また、GTRはどの世代も非常に価値が高いです。モデルによっては、数千万円で取引されることも珍しくありません。また、ハコスカやケンメリは、長期間放置されていた不動車でもしっかり評価ができるためおもわぬ買い取り額をご提示できることもございます。

トヨタスープラ

スープラも非常に人気の高い車種です。特に80のターボ車は大変評価が高くなっています。NAモデルでもカスタムなどがしっかりされていたり、1オーナーフルオリジナル車両なども探されているユーザーが多いため、買取金額にもその需要が反映されていきます。事故歴のあるような個体でも、走行に支障のないものであれば、しっかり評価が可能です。

フェラーリやポルシェ

いわずもがな車好きなら誰もが憧れる名車です。世界中で愛されているメーカーですが、絶対数が非常に少ないため、どのモデルも総じて高価で取引されています。ですので、フェラーリ、ポルシェをお持ちの方は、いつでも高い評価で売却していただくことが可能です。

コスモスポーツ

一見すると海外のクラシックモデルにも思える流麗なデザインと、ロータリーエンジンの軽快さが魅力の国産スポーツカー。歴史的にも大変価値のあるモデルであり、なおかつ非常に台数が少ないため、年々評価は高まっています。もし、納屋に眠っている個体がある、もう何年も乗ってないなあーというオーナーさんはぜひすぐにお知らせください。専門の鑑定士が価値を見定めます!

まとめ

まだまだ、たくさんの価値の上がっている車たちはあるのですが、スペースの都合上今回は以上とさせていただきます。このコロナ禍において、高額な買取が可能な車は、簡単に言うと、2ドアでマニュアルのスポーツカー全般ということになります。お乗り換えや、ご売却、減車を検討されている方は、実は今がチャンスだということをご認識ください。

[ライター/旧車王編集部]

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

ダットサン ピックアップのリセールバリューはどのくらい?車両概要や高く売る方法も解説

ダットサン ピックアップのリセールバリューはどのくらい?車両概要や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-07-11
ホンダ プレリュードのリセールバリューはどのくらい?魅力や高く売る方法についても解説

ホンダ プレリュードのリセールバリューはどのくらい?魅力や高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-11
スカイライン 2000ターボのリセールバリューとは?高く売る方法についても解説

スカイライン 2000ターボのリセールバリューとは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-06
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-05
トヨタ セルシオのリセールバリューはどのくらい?高く売る方法も解説

トヨタ セルシオのリセールバリューはどのくらい?高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-07-05
パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-06-28

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12
4
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-02-16
5
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
6
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
7
シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-04-12
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え!