16年目・25万キロ超え。愛車ホンダ S2000のエンジンをリフレッシュ

目次
1.■S2000のスペシャリスト「ComeTec」 2.■あらためて愛車の状態を目の当たりに 3.■油膜の厚い高性能なオイルと「適度なドライブ」でエンジンを保護 4.■この先、S2000を手に入れたい人へ 5.■取材後記

筆者の愛車はホンダ S2000(AP1)。

1999年式の「初期型」だ。約16年前に中古で手に入れた。

16年という年月を過ごしているうちに、S2000は「旧車」となったようだ。

S2000を含む80〜90年代に生産されたクルマたちはいつしか「ネオクラシック」と呼ばれ、中古市場も高騰中と聞く。

しかし正直なところ、現在のS2000の立ち位置など個人的にはどうでも良い。

ほぼ毎日乗り、人生の節目はもちろん、苦しい場面も一緒にくぐり抜けてきた存在。

S2000が語られるときは「唯一無二」と表現されるが、自分にとってはこの個体こそが唯一無二だと思っている。

▲エンジン載せ換え以降25万キロ以上走行している(実走行は31万キロ)筆者のS2000。外内装ともくたびれてきた

筆者のS2000は、2012年に中古エンジン(約8万キロ)に載せ換えている。

それから約10年が経過。

エンジンも25万キロを越え、車体は31万キロを越えた。

2021年の秋頃からはエンジンが掛かりにくくなる症状も。

「本当に良くないことが起こり始めている。早く対処しなければ二度と乗れなくなるかもしれない」

そう危機感を抱いていたところ、友人の紹介でS2000のリフレッシュ&チューニングを数多く手がける広島県福山市の「ComeTec」にご縁があり、エンジンのオーバーホールが決まった。

今回は愛車の修理レポートとともに「S2000との付き合い方」を取材。

“旧車”となったS2000とのこれからの付き合い方について「ComeTec」の代表・熊谷展宏さんにお話を伺った。

▲AP1に搭載される直列4気筒DOHCエンジン「F20C」の特徴的なカムシャフト。高回転エンジンのため慴動部が多く複雑な構造[写真提供/ComeTec]

■S2000のスペシャリスト「ComeTec」

今回、お世話になった「ComeTec」。

代表の熊谷展宏さんは、ディーラー勤務を経てホンダ系のチューニングショップへ。

2010年に「ComeTec」を設立。

自動車メディアでは「ホンダ車のスペシャリスト」として登場するイメージが強いが、手掛ける車種は幅広い。

熊谷さん自身がMINIのオーナーだったこともあり、MINIやAbarthなどの輸入モデルからGRヤリス、86/BRZといった近年の国産モデルまでさまざま。

ショップを経営する傍らスーパー耐久のメカニックとしても活動するなど、豊かな経験と実績を誇る。

なかでもS2000は特別な存在で、リスペクトしているとのこと。

◆熊谷さん:
20年も前によくぞ出したなと思います。ホンダはこの先、FR車を出すことはないでしょう。S2000は特別な存在だと思いますし、ライフワークとして携わりたいですね。「あと20年以上元気に走る」をモットーに取り組んでいます。

●デモカーはサーキットマシンとして22万キロの個体をリフレッシュ!

▲塗り替えられたマツダのボディカラー「セラミックメタリック」が、S2000のもつ凛とした美しさを一層引き立てる[写真提供/ComeTec]

デモカーは22万キロ走行個体を譲り受け、サーキットマシンに生まれ変わらせている。

リフレッシュとチューニング、耐久性も高められている。

「車体がしっかりしていれば、一級のマシンになります」と熊谷さん。

◆熊谷さん:
デモカーはサーキット専用ですが、最も力を入れているのは、できるだけ新車に近づけるリフレッシュメニューです。お客様が手に入れた当時の気持ちになっていただけるようにベストを尽くします!

もちろん、お客様のサーキットと普段乗りの割合によって、リフレッシュ&チューニングメニューも調整可能です。基本のメニュー設定は「エンジン、トランスミッション」「車体、足回り」「外内装」の3パートあり、いずれかを軸にプランを立てていきます。サーキット仕様をご希望の場合は、レストアしながらモディファイできますよ。

▲ベース車両は22万キロ以上走行したAP1の初期型[写真提供/ComeTec]

▲エンジンはオーバーホールの際に戸田レーシングのキャパシティアップ2350キットを導入[写真提供/ComeTec]

▲骨組みまで分解。ボディや足回りにはAP2補強パーツも加工流用されている[写真提供/ComeTec]

▲車体、足回り、エンジンが完成した後はレースに出場[写真提供/ComeTec]

▲どんなサーキットでも扱いやすく、耐久性も高められている[写真提供/ComeTec]

旧車王バナー旧車王バナー

■あらためて愛車の状態を目の当たりに

▲カーボンが堆積してしまったエンジン内部[写真提供/ComeTec]

さて、筆者の愛車。

エンジンの内部を確認して言葉を失ってしまった。

真っ黒に汚れたエンジン。

「愛車は大切な存在」などと、SNSで発言した言葉がみるみる霞んでいった……。

エンジンを分解した直後の状態を熊谷さんに伺った。

◆熊谷さん:
カーボンの堆積が、これまで見た中で最もひどいレベルでした。原因はいくつかの要因がからみ合っていると思われます。8万キロの中古エンジンに載せ換えているそうですが、このエンジンが載せ換えられるまでにどんな乗り方やオイル管理をされていたかも影響していると思います。

ーーこのエンジンが載せ換えられるまでに、どんな乗り方がされていたと推測されますか?

◆熊谷さん:
近距離移動の「ちょい乗り」が多かったり、渋滞によるストップ&ゴーが頻繁だったりするシビアコンディションが多かったと推測されます。

「ちょい乗り」やストップ&ゴーの繰り返しは、低回転走行により理想的な燃焼がしにくくなり、カーボン発生の原因になります。

さらにエンジンオイルの温度が低いままだと、性能が発揮できずエンジンの消耗が進み、ブローバイガスが増えて、これもカーボン発生の原因になります。

この堆積したカーボンがピストン、シリンダー、バルブシールの間に入り込んでしまうことで燃焼が悪くなり、さらにカーボンが溜まるという悪循環を生みます。

ーーオイル管理は、適切なサイクルで行われていなかったということでしょうか?

◆熊谷さん:
交換時期というよりも、S2000に適したオイルを使用していなかったことでエンジンに負担がかかっていた可能性があります。

エンジンオイルにはポリマー(添加剤)が入っていますが、オイルが熱して冷えたり水分を含んだりを繰り返すうちに、ポリマーが分解されて泥状の沈殿物、いわゆるスラッジになります。

質の良くないエンジンオイルだと、スラッジが出やすくなります。さらにスラッジがオイルと一緒に回ってしまうと、仮にその後良いオイルを使ったとしても性能は落ちます。ピストンリングに堆積すると燃焼室にも入り込み、オイル上がりを起こします。

筆者の1基目のエンジンが17万キロを迎えた頃、当時お世話になっていた主治医からオーバーホールの提案があった。が、当時の筆者は予算の事情もあり、結局中古エンジンへの交換を選ぶ。そして主治医に無理を言って探していただいたのが、現在のエンジンだ。

▲筆者のエンジンはオイル上がりを起こし、ブローバイガスが増えていたはずだ[写真提供/ComeTec]

ーー最初に「いくつかの要因」とおっしゃっていましたが、他にはどんなダメージが考えられますか?

◆熊谷さん:
S2000が高回転型エンジンであるがゆえのダメージですね。一般的な自動車よりも1000回転以上多いS2000の圧縮比は11.7対1と高いため、シリンダーやピストンに負担が掛かります。元々強くつくられているものの、通常より消耗は早く、劣化にともなって出力も低下していきます。

▲摩耗したピストン[写真提供/ComeTec]

▲シリンダーも摩耗していた[写真提供/ComeTec]

●あらゆる部品を交換

さらにエンジン周りのあらゆるパーツが、経年劣化によって交換レベルに達していた。

乗り始めてまもなく交換したラジエーターも樹脂部分がボロボロに。

エンジンマウント、ミッションマウント、ノックセンサー、オルタネーター、O2センサー、サーモスタット、オイルポンプ、ウォーターポンプなどが交換となった。

エンジンハーネスは熱で損傷。

始動不良の原因にもなっている可能性があるという。

ありがたいことに、ストック部品を使って新調することになった。

エンジンハーネスは今後、供給が危ういとされる部品のひとつでもある。

「ストックしておくのがおすすめです」と熊谷さん。

●ヒーターバルブの破損

▲ヒーターバルブが割れている。いつ水漏れしてオーバーヒートしてもおかしくない状態だった[写真提供/ComeTec]

●アクセルワイヤーの劣化

▲ケーブルの表面被覆材が剥がれ、要交換レベル。そしてアクセルワイヤーはすでに廃盤。生産はもちろんメーカーも在庫はないため中古品で対応[写真提供/ComeTec]

●エンジンマウントの破損

▲ちぎれたエンジンマウント。かなりの振動があったはずだが、毎日乗っていると劣化のサインにも気づきにくくなってしまうそう。今後は定期的なメンテナンスを心がけたい[写真提供/ComeTec]

■油膜の厚い高性能なオイルと「適度なドライブ」でエンジンを保護

S2000といえば、エンジンオイルはどんなものを使うかがよく話題になる。熊谷さんに「良いエンジンオイル」について尋ねてみた。

◆熊谷さん:
S2000にとっての良いエンジンオイルとは「エンジンを保護するオイル」です。油膜の厚い高性能なオイルがおすすめです。

エンジンオイルは冷却、潤滑、汚れを取るなど、いくつもの役割をもちます。それがひとつでも欠けると、エンジンにダメージを負わせてしまいます。S2000のエンジンは高回転型で慴動部が多く、オイルに要求するレベルも高いだけに、役割がひとつ欠けたときのダメージも大きくなります。

当社では、24時間耐久レースで使われているものと同じエンジンオイルをおすすめしています。Moty'sのM111(5W-40)は、強力な油膜でピストンの摩耗を防ぎ、気密性も向上するのでブローバイガスの排出量を減少させてくれます。さらに洗浄性能の高さも大きな特徴です。このオイルを使ってレースでトラブルなく完走できているので、安心して使えますよ。

ーーオイル管理とともに心がけるべきことがありますか?

◆熊谷さん:
1度のドライブはできるだけ長距離を走り、ときどきエンジンを回してあげてください。また、カーボンを分解してくれるガソリン添加剤での定期的なクリーニングがおすすめです。そして何よりも愛情をもってS2000に接してあげてください。

●よみがえるF20C

筆者のくたびれたエンジンは新品に近づいた。

バルブシートカットを行い、バルブの気密性を改善。摩耗したピストンは新品に交換。シリンダーヘッドとブロックは面研して修正された。

▲シリンダーヘッドはダミーヘッドボーリング、ホーニングされている[写真提供/ComeTec]

旧車王バナー旧車王バナー

■この先、S2000を手に入れたい人へ

最後に、この先S2000を購入する際の注意点を熊谷さんに伺った。

ーーS2000の中古車を購入する前にまず、決めておいたほうが良いことはありますか?

◆熊谷さん:
AP1とAP2、どちらの型に乗るかを決めておいたほうがいいでしょう。型式にこだわらずS2000というクルマが欲しいなら、AP2をおすすめします。年式が新しいぶん故障が少ないことと、今後最後まで生産され続ける部品は、AP2の最終モデルが中心になると思われるからです。

ーー程度の良い個体の競争率は高く、一刻も早くキープしたいと思われている方がほとんどだと思います。実際に店へ足を運んでの現車確認は大切ですか?

◆熊谷さん:
大切だと思います。試乗が可能であれば必ず乗って、変な振動や異音がしないか確認しましょう。

例えば、S2000はもともとリヤのハブベアリングが強くありません。そこが傷んでいる個体は、乗ってみると高音で引きずるような、あるいは唸るような異音がするはずです。しかも一定の速度域でしか症状が出ないこともあるので、できれば速度域ごとの確認もしたほうがいいかもしれません。

ーーもし試乗が難しい場合は、どんなポイントを重点的にチェックしておくと良いのでしょうか?

◆熊谷さん:
S2000はサーキットで酷使され、エンジンを消耗している個体が多いです。できるだけ状態の良いエンジンを選びたいですね。最も素早く見分ける方法は、煤の付き方でしょうか。マフラーのテールとバンパーが煤けている個体は避けたほうが良いでしょう。

外観では、色褪せと幌の状態をチェックしてください。レッドやイエローのボディカラーを選ぶ際は色褪せしやすいです。

ちなみに、特に色褪せしやすいレッドやイエローなどは屋内保管推奨ですが、露天駐車がやむを得ない場合は、2〜3年おきにコーティングして、できるだけ塗装を長持ちさせるようにすると良いでしょう。全塗装するのも手ですね。色にこだわりがなければ、色褪せが目立ちにくいシルバーやホワイトを選ぶのもありです。

幌は、10年を越えていれば張り替えがおすすめです。穴やヒビが入っていないかをチェックしましょう。今は社外品でも質の良い幌があります。カラーも豊富なので好みの幌を選んでみるのも楽しいですね。

▲レッドやイエローは色褪せしやすい。部分的に塗装していると、経年劣化によって色のばらつきが出ることも

ーー極端に低走行な個体も見かけますが、そのような個体はどこに注意すれば良いでしょうか?

◆熊谷さん:
例えばAP1(初期型)で約8万キロ走行の個体があったとします。年式にしては低走行だからといって、状態が良いとは限りません。サーキットで消耗しているかもしれないですし、「ちょい乗り」によってカーボンの堆積があるかもしれません。

S2000は高回転型エンジンで消耗が早いぶん、8万キロだとコンディションが落ちている個体が多いはずです。走行距離よりも「どんな乗られ方をしてきたか」に注意したほうが良さそうです。

●「リフレッシュ費用」込みで購入計画を

ーーお話を伺っていると、購入してから何らかのトラブルに見舞われる可能性が高い気がしますね。

◆熊谷さん:
そうですね。現在流通している個体は、10万キロ以上のものがほとんどだと思われます。車齢20年以上といえば、通常なら寿命を迎えているはずです。

購入の際はぜひ、リフレッシュ費用込みで予算を組んでいただきたいです。ゴム類、マウント、パッキン、などの消耗品交換からオイル漏れ対策なども必要になります。しかし骨格がしっかりしているなら、新車に近いレストアもできます。メンテナンス次第で良い状態のS2000と長く付き合えると思います。

ーー今回の修理でリフレッシュがどんなに大事かをあらためて実感しました。納車当時の16年前の気持ちを思い出し、愛情をもって乗っていきたいと思います。ありがとうございました!

■取材後記

プロの手に委ねてみて、気づきはもちろん反省点が多すぎた。16年間どれだけボーッと乗ってきたかを痛感した…。

この先はエンジンだけでなく、コンピュータや足回りなど、他の部分の問題も抱えるかもしれない。

できるだけ対応しつつS2000と長く暮らしたい。「人生の相棒」となるように…。

最後に、丁寧な作業とアドバイスをくださった「ComeTec」さんに感謝申し上げます。

[取材協力]
ComeTec 広島県福山市神村町2107-2
公式HP:https://www.cometecracing.com/
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100032848646363

[ライター・撮影/野鶴美和] 

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10
画像ギャラリー(全19枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

オープン2シーターとして人気のホンダ S2000!世界一を目指したSシリーズの歴史と魅力に迫る

オープン2シーターとして人気のホンダ S2000!世界一を目指したSシリーズの歴史と魅力に迫る

旧車の魅力 2023-11-30
「そうだ、オープンカーに乗ろう」。魅力をオーナー目線で考えてみた

「そうだ、オープンカーに乗ろう」。魅力をオーナー目線で考えてみた

ライフスタイル 2023-10-03
スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2023-09-28
18年・33万キロを駆けぬけてきた愛車、ホンダS2000の3つの魅力とは?

18年・33万キロを駆けぬけてきた愛車、ホンダS2000の3つの魅力とは?

ライター愛車レポート 2023-09-06
ホンダ S2000(AP1)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

ホンダ S2000(AP1)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-08-09
23年の歴史に幕を閉じる「チューニングフェスタ2022〜 咆哮を聞け 〜」 イベントレポート

23年の歴史に幕を閉じる「チューニングフェスタ2022〜 咆哮を聞け 〜」 イベントレポート

イベントレポート 2023-02-05
旧車王編集部チョイス!頭文字Dで人気を博した旧車6選

旧車王編集部チョイス!頭文字Dで人気を博した旧車6選

旧車売買の豆知識 2023-01-27
S2000の価格高騰はもう終わり!?S2000の概要と中古車事情を解説

S2000の価格高騰はもう終わり!?S2000の概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-01-11

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
4
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28
8
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ