ラグジュアリースポーツセダン「アリスト」が値上がりしてる?!アリストの概要と中古車事情を解説

目次
1.アリストとは 2.アリストは高騰している? 3.アリストはいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいアリストの特徴

トヨタ アリストは、1991年10月~2004年12月まで2世代にわたり販売されたラグジュアリースポーツセダンです。シンプルでありながら存在感があるエクステリアデザインや質感の高いインテリア、高性能エンジンを搭載するアリストは、販売が終了した現在でも高値で取引されることがあります。今回は、アリストがどのような車だったのか、現在の中古車事情とあわせて解説します。アリストの売却時期を検討している方は参考にしてみてください。

アリストとは

トヨタ アリスト(ARISTO)は、1991年10月~2004年12月まで2世代にわたり販売されたラグジュアリースポーツセダンです。

1991年10月~1997年8月まで販売されていた初代アリストは、トヨタ高級セダン「クラウンマジェスタ」と基本シャシーを共有するスポーツセダンとなっています。デザインは、ジウジアーロ主宰のイタルデザインによるもので、横長のヘッドライトやリアコンビランプが特徴です。また、空気抵抗値(Cd値)が0.30を達成していることもトピックといえるでしょう。

搭載エンジンのラインナップは、230PSを発生する3.0L直列6気筒自然吸気(2JZ-GE型)と280PSを発生する3.0L直列6気筒ツインターボ付(2JZ-GTE)の2種類。グレードは、自然吸気エンジンが「3.0Q」、ツインターボエンジンが「3.0V」です。トランスミッションは4速オートマチックのみの設定となっています。

1992年10月には、セルシオにも搭載される4.0LのV型8気筒エンジンに4WDを組み合わせた「4.0Z i-Four」を追加。1993年に北米で展開しているレクサスブランドの「GS」として販売を開始しました。

1997年8月に2代目へフルモデルチェンジします。デザインは、初代アリストの造形を受け継いだシンプルなスタイリングで、ヘッドライトやリアコンビランプが4灯タイプになりました。インテリアは、ソフトパッドやレザーシートなどを採用し、上質感ある空間となっています。

エンジンおよびグレードは、230PSを発生させる3.0L直列6気筒のVVT-iの「S300」、280PSを発生させる3.0L直列6気筒ツインターボの「V300」の2種類です。V300のツインターボエンジン(2JZ-GTE)は、トヨタのスポーツカーであるスープラと同じものを搭載しています。2代目アリストのツインターボエンジン搭載モデルは、4ドアのスープラとも言えるスポーツセダンで、生産が終了した現在でも人気です。トランスミッションは、4速ATのみとなっています。

2000年7月に実施されたマイナーチェンジでは、フロントグリル、16インチアルミホイール、リヤコンビネーションランプなどのデザインを変更し、メータークラスターの色も変わりました。また、S300のトランスミッションは、ステアシフトマチック付5速ATになりました。さらに、本革シート&本木目ステアリングホイール、本木目ドアパネル、オートレベリング機能付ディスチャージヘッドランプなどを装備した「ウォールナットパッケージ」がS300に新設定されています。

スープラと同じエンジンをグレードを用意していたスポーツセダンの2代目アリストは、2004年12月まで販売されました。

アリストは高騰している?

アリストは、時間が経過しても中古車価格が下がりにくいことから、実質的に価格が高騰していると言えるでしょう。

一般的に車は、時間が経過すると価格が下がっていく傾向にあります。しかしアリストは、2022年3月時点の中古車平均価格が109万6,000円、初代アリストの中古車価格が約80万円~約250万円、2代目アリストの中古車価格が約20万円~約250万円です。価格の推移を見てみると、時間が経過しても価格が横ばい、または値上がりしているといえます。

高値になりやすい人気グレードは、初代アリストの「4.0Z i-Four」と2代目アリストの「V300」です。

初代アリストの「4.0Z i-Four」は、セルシオやクラウンマジェスタなどの高級車にも採用されたV8エンジンを搭載しているグレードであるため、値下がりしにくいと言えるでしょう。

2代目アリストの「V300」は、トヨタのスポーツカーとして知られるスープラ(80系)にも採用された直列6気筒ツインターボエンジンを搭載していることから人気となっています。

高級車やスポーツカーにも採用されたエンジンを搭載するアリストは、アメリカの「25年ルール」(製造から25年以上経過していれば右ハンドルの車をアメリカへ輸入できるというルール)により、アメリカへ輸入されてしまう可能性が高いでしょう。アメリカへ渡るアリストが増えれば、希少価値が高まることで価格がさらに上昇するかもしれません。

アリストはいつまで値上がりしそう?

アリストは、今後も値上がりが続くといえるでしょう。先述したように、アメリカの「25年ルール」によりアメリカへ輸入されてしまう台数が増えた場合、海外のバイヤーがアリストを高値で購入するため、中古車価格が上昇する可能性が高いです。セルシオ(レクサス 初代LS)のV8エンジンやスープラにも搭載される直列6気筒ツインターボエンジンは、日本のみならず海外でも人気です。そのため、アリストの値上がりが続くといえるでしょう。

価格が高くなりやすいアリストの特徴

価格が高くなりやすいアリストは、メンテナンスが行き届いている車両、V8エンジンや直列6気筒ツインターボエンジンを搭載している車です。ここからは、これらの車両が高値になる理由を詳しく解説します。

こまめにメンテナンスをしている

メンテナンスが行き届いている車両は、売却時の価格が高くなりやすいです。ボディやホイールなどの外装、シートやインテリアパネルなどの内装をきれいな状態にしておくと、高い評価となるため、売却額も高くなります。

また、エンジンやトランスミッション、サスペンションやタイヤなど機械系のコンディションが良好で、いつでも動かせる状態になっていると、市場に出す前の修理や手入れの必要がないため、買取額が高くなることがあります。

こまめなメンテナンスをしておけば、車を良い状態に保てるだけではなく、売るときにも高く評価されるため、定期的な点検や手入れをしておきましょう。

V8エンジンを搭載した「初代アリスト」

初代アリストの4.0LのV型8気筒エンジンを搭載した「4.0Z i-Four」は、走行性能を求めるユーザーから支持を得ており、高値で推移しています。

初代セルシオ/レクサス LSやクラウンマジェスタなどの高級車にも搭載されていたV型8気筒「1UZ-FE型」エンジンは、静粛性が高く、パワーがあることから、時間が経過した今でも人気があります。

エンジンスペックは、最高出力260PS(191kW)/5,400rpm、最大トルク36.0kgm(353Nm)/4,600rpmで、スムーズな加速や振動の少なさが特徴です。

全域でトルクフルなエンジンを搭載した「2代目アリスト」

2代目アリストには、トヨタのスポーツカー「80スープラ」にも採用されていた3.0L直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する「V300」をラインナップしていました。

V300の直列6気筒ツインターボエンジン「2JZ-GTE」は、最高出力280PS(206kW)/5,600rpm、最大トルク46.0kgm(451Nm)/3,600rpm。優れた加速性能を発揮するエンジンにより、2代目アリストは国産車最速セダンの異名を持ちます。国内が問わず人気がある「2JZ-GTE」は、エンジンそのものに価値があることから、高い価格になりやすいのです。

よくある質問

アリストの中古車事情について、よくある質問をQ&Aでまとめました。売却を検討している方は参考にしてみてください。

Q.アリストってどんな車?

アリストは、1991年10月~2004年12月まで2世代にわたり販売されたラグジュアリースポーツセダンです。初代は高級車にも搭載されるV8エンジンを、2代目はスポーツカーのスープラに搭載されるエンジンを採用したグレードを用意していることが特徴となっています。詳しくはこちら をご覧ください。

Q.アリストは高騰しているの?

アリストの価格は、高騰しているといえるでしょう。アリストは、販売終了から時間が経過していますが、高値を維持している車両もあります。詳しくはこちら をご覧ください。

Q.アリストはどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

アリストは、メンテナンスが行き届いている車両や高性能エンジンが搭載されたグレードの価格が高くなりやすいです。詳しくはこちら をご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

ダットサン ピックアップのリセールバリューはどのくらい?車両概要や高く売る方法も解説

ダットサン ピックアップのリセールバリューはどのくらい?車両概要や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-07-11
ホンダ プレリュードのリセールバリューはどのくらい?魅力や高く売る方法についても解説

ホンダ プレリュードのリセールバリューはどのくらい?魅力や高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-11
スカイライン 2000ターボのリセールバリューとは?高く売る方法についても解説

スカイライン 2000ターボのリセールバリューとは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-06
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-05
トヨタ セルシオのリセールバリューはどのくらい?高く売る方法も解説

トヨタ セルシオのリセールバリューはどのくらい?高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-07-05
パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-06-28

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12
4
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-02-16
5
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
6
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
7
シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-04-12
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え!