増田 真吾の記事一覧

旧車(古い車)の故障は避けられない!?故障した車の正しい対処方法とは?
旧車コラム 22.02.10

旧車(古い車)の故障は避けられない!?故障した車の正しい対処方法とは?

古い車を維持していく上で、大きな悩みの1つが、故障したときの修理や維持に掛かる費用です。これまで大切にしてきた愛車、やっとの思いで手に入れた愛車でもいつ起こるか分からない故障を避けることはできません...

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?
旧車の魅力 22.02.10

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

トヨタのプレミアムブランドとして、クオリティの高い自動車を展開するレクサス。そんな中、2010年に限定生産されたスポーツモデル「LFA」は日本国内の自動車で最高額となる、3,750万円という驚きの価格で発売さ...

旧車の価格はなぜ高い?旧車の購入や維持について深堀してみた
旧車市場動向 22.02.10

旧車の価格はなぜ高い?旧車の購入や維持について深堀してみた

旧車といえば価格が高い、所有が難しいというイメージがつきもの。なぜ旧車は高価で維持が難しいのか?この記事ではそんな疑問を深堀していきたいと思います。 旧車はどんどんその数が少なくなっていくから高い ...

唯我独尊!マツダの旧車が高いそのワケとは?
旧車市場動向 22.02.10

唯我独尊!マツダの旧車が高いそのワケとは?

マツダ車は高く買って安く売る”マツダ地獄”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この言葉は、マツダ車は手放すときに高く売れないことを揶揄した表現です。しかし、マツダ車であっても旧車であ...

ユーザーの感性に突き刺さる!今注目されるパイクカーの魅力
旧車の魅力 22.02.10

ユーザーの感性に突き刺さる!今注目されるパイクカーの魅力

時に1980年後半から1990年代前半。当時の日本はいわゆるバブル経済のど真ん中の時代に、一大ムーブメントを巻き起こしたのが“パイクカー”です。そして近年、このパイクカーが注目を集めているのだと...

いま世界中から大人気!旧車の国産SUVが中古車になっても高いワケ
旧車市場動向 22.02.10

いま世界中から大人気!旧車の国産SUVが中古車になっても高いワケ

いま、国を問わず人気となっているSUV。SUVの魅力はアクティブでカッコいいデザインはもとより、乗用車よりも広く実用性の高いし室内空間と、ミニバンには無い高い走行性能が大きな魅力です。そんなSUVの中でも、...

大きく強いアメ車、その人気は旧車であっても健在
旧車の魅力 22.02.10

大きく強いアメ車、その人気は旧車であっても健在

たびたび映画やドラマに登場し、物言わぬ小道具として作品を印象付けるうえで、大きな役割を果たす古いアメ車は、いつの時代も一定の人気があります。今回は、男性なら一度はあこがれるアメ車の魅力と、人気のあ...

オープンエアと超高回転NAエンジンの快感!ホンダ S2000の特徴と中古車事情
旧車市場動向 22.02.10

オープンエアと超高回転NAエンジンの快感!ホンダ S2000の特徴と中古車事情

燃費が良く安全、それでいてエンジンは低回転から最大トルクを発生して乗りやすい。近年販売される車種のほとんどはとにかく優秀で良くできた車ばかりです。しかし、優秀過ぎるが故、操る楽しさやエンジン回転数...

今が底値か!?280馬力規制のきっかけになったZ32型フェアレディZの中古車事情とは
旧車市場動向 22.02.10

今が底値か!?280馬力規制のきっかけになったZ32型フェアレディZの中古車事情とは

2020年9月16日、日産は新型フェアレディZプロトタイプをオンラインで公開。歴代Zの要素を随所に散りばめた姿は、大きな話題となりました。そんなフェアレディZの歴史の中で、大きな転換点になったのは、4代目に当...

レガシィの中古車はNAモデルがねらい目!?走りと実用性を兼ね備えたオールマイティカー
旧車売買の豆知識 22.02.10

レガシィの中古車はNAモデルがねらい目!?走りと実用性を兼ね備えたオールマイティカー

スバル レガシィは、旧体系の経営で倒産の危機にあったスバル(当時:富士重工業)を救い、日本にステーションワゴンブームを巻き起こした歴史的な車種です。そんなレガシィも、今や北米に軸足を置き、日本ではず...

これで解決!車の所有者が死亡した場合の名義変更
旧車売買の豆知識 22.02.10

これで解決!車の所有者が死亡した場合の名義変更

普段何気まなく使っている車ですが、洋服や家電と違い、車は法律によって所有権が定められた財産です。そのため、所有者(持ち主)が死亡してしまった場合、そのままにしておくことはできず、所定の手続きを行わ...

廃車?売却?損をせず相続人がいない車を処分する方法とは
旧車売買の豆知識 22.02.10

廃車?売却?損をせず相続人がいない車を処分する方法とは

故人が所有していた車は、残された家族が相続するのが一般的です。しかし、中には故人が多額の負債を抱えているなど、相続そのものを拒否したい場合もあるでしょう。ただし、この場合その車の名義は故人のまま残...

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?