AE86は高騰している?値上がりはいつまで続くのか

目次
1.AE86とは 2.AE86は高騰している? 3.AE86はいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいAE86の特徴

頭文字(イニシャル)D人気によってコアなファンから熱狂的に人気のあるAE86。そんなAE86がここ最近値上がりしてきているように感じている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、AE86は高騰しているのか、そしていつまで高騰は続くのかについても解説します。

AE86とは

AE86は通称「ハチロク」と呼ばれ、1983年にトヨタ自動車が販売したコンパクトタイプのスポーツクーペです。リトラクタブルヘッドライトのスプリンタートレノとカローラレビンの2車種があります。価格が安価ながらボディ剛性が高く、FRでパワーもあったため多くの若者の間で人気を博しました。また、スプリンタートレノは頭文字Dに登場し、主人公が乗っていた車としても高い人気を誇ります。

旧車王バナー旧車王バナー

AE86は高騰している?

AE86の中古車価格は高騰し続けています。大手中古車サイトを見てみても、その多くは150万円〜200万円ほどです。新車価格が130万円ですから、新車価格よりも値が上がっています。

AE86はいつまで値上がりしそう?

AE86の値上がりが続く期間については明言できませんが、今後も長く続くことで最終的にはかなり高額になる可能性があります。AE86の値上がりしている理由は、販売当時20代だった世代から高い人気があることや、乗れる個体が希少なことなどです。今後も人気が続くことに加え、乗れる個体がさらに少なくなっていくため価格は高騰し続けると予想できます。

旧車王バナー旧車王バナー

価格が高くなりやすいAE86の特徴

希少なAE86の中でも、どういった特徴を持つ個体が価格が高くなりやすいのでしょうか。ここからは価格が高くなりやすいAE86の特徴について解説します。

こまめにメンテナンスをしている

こまめにメンテナンスをしているAE86は価格が高くなりやすいです。現在は普通に乗れるAE86でも希少なため、こまめにメンテナンスをし、なるべく長く乗れるようにすることで価格がかなり高くなります。

事故車・水没車ではない

事故車・水没車ではないAE86は価格が高くなりやすいです。車は一度壊れると板金や修理をしても完全に同じように修復はできません。そのため、事故車・水没車は無事故車・無水没車と比べてかなり価格は落ちてしまいます。また、AE86はただでさえ希少なため、事故車・水没車ではないことで高くなる価格の幅も大きいです。

フルノーマル

フルノーマル車は価格が高くなりやすいです。AE86はもともとドリフト好きの間で広まった車のため、カスタムされた個体が非常に多く存在します。中古車市場でもカスタムされた車が多く、フルノーマルで売られているものは数少ないです。そのため、フルノーマル車は希少価値があり価格が高くなりやすいと言えます。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

よくある質問

AE86の高騰について、よくある質問をまとめました。

Q.AE86ってどんな車?

AE86は通称「ハチロク」と呼ばれ、1983年にトヨタ自動車が販売したコンパクトタイプのスポーツクーペです。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.AE86は高騰しているの?

AE86の中古車価格は高騰し続けています。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.AE86はどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

フルノーマル車、こまめにメンテナンスをしている車、無事故・無水没車は高くなりやすいです。詳しくはこちらをご覧ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

アルファロメオの伝統のエンジンV6ブッソを徹底解説!名機を載せた名車147GTAと156GTAも紹介

アルファロメオの伝統のエンジンV6ブッソを徹底解説!名機を載せた名車147GTAと156GTAも紹介

旧車の魅力 2022-11-25
クルマには「それぞれの時代が反映された魅力と楽しさがある」と思う

クルマには「それぞれの時代が反映された魅力と楽しさがある」と思う

ライフスタイル 2022-11-21
突如やってきた押しかけ女房「デカレディ」!快適装備の実用旧車ライフ

突如やってきた押しかけ女房「デカレディ」!快適装備の実用旧車ライフ

ライター愛車レポート 2022-11-21
初めて工具を手にした旧車オーナー必読!次に揃えるべきモノとは?

初めて工具を手にした旧車オーナー必読!次に揃えるべきモノとは?

ライフスタイル 2022-11-21
解雇された人の苦悩や不安は解雇された人にしか分からないという話

解雇された人の苦悩や不安は解雇された人にしか分からないという話

エディターズノート 2022-11-20
S204 STIバージョンはなぜ高価買取が可能なのか?!突出した人気の理由に迫る

S204 STIバージョンはなぜ高価買取が可能なのか?!突出した人気の理由に迫る

旧車売買の豆知識 2022-11-18
自動車税は分割払いできるの?分割納付する方法を詳しく解説

自動車税は分割払いできるの?分割納付する方法を詳しく解説

旧車売買の豆知識 2022-11-18
新車価格は1,200万円のスペシャルGT-R!メーカーチューンの神髄を見せたニスモ 400R

新車価格は1,200万円のスペシャルGT-R!メーカーチューンの神髄を見せたニスモ 400R

旧車の魅力 2022-11-17

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

旧車売買の豆知識 2022-08-17
3
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2022-08-24
4
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
5
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31
6
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
7
日本車は海外で人気が高い!でも個人で自動車を輸出するのは大変?

日本車は海外で人気が高い!でも個人で自動車を輸出するのは大変?

旧車売買の豆知識 2022-02-10
8
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー