レパードの価格高騰はもう終わり!?レパードの概要と中古車事情を解説

目次
1.レパードとは 2.レパードの価格が下がっていく!? 3.レパードはもう値上がりしないって本当? 4.価格が高くなりやすいレパードの特徴

レパードとは1980年9月に日産自動車から発売された高級車です。レパードは英語で「豹」を表す「レオパード」から名付けられました。ニューエイジカーという新しいジャンルを開拓するべく開発されたモデルです。

そんなレパードの中古車相場は今後どう変わっていくのでしょうか。価格変動の見通しについて詳しく解説します。

レパードとは

レパードは、1980年から生産終了となる2000年の20年間までの間に4回モデルチェンジしました。初代から4代目まで様々なフレームタイプで販売されています。

初代は4ドアと2ドアのハードトップとして北米向けに開発されましたが、思ったように売れず、国内販売車として取り扱うことになりました。

2代目は2ドアクーペとして発売され、刑事ドラマ「あぶない刑事」でレパードアルティマが一躍注目を集め人気車種になりました。

3代目は逆輸入車として4ドアセダン、レパードJ・フェリーと名付けられ販売されます。
ラグジュアリーな雰囲気を持ったアメリカンな高級セダンです。

4代目はセドリック/グロリアの姉妹車となり4ドアハードトップ・グランツーリスモとしてロングノーズボディを持つ上級サルーンとして生まれ変わりました。

レパードの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

レパードの価格が下がっていく!?

レパードは非常に希少な車になっており中古車市場ではわずかしか販売されていません。
かつては高い車両で約990万円の値段が付いていました。

しかし、高騰していたレパードも現在以上に価格は上がらないことが予想されます。次の項目で詳しく解説します。

レパードの買取専門ページはこちら

レパードはもう値上がりしないって本当?

所謂「旧車バブル」でレパードの価格は高騰していました。しかし、そのバブルが崩壊するのも間もなくと言われています。

新型コロナウイルスの蔓延による外出の自粛で、旧車や腕時計、骨董品など、目で見るだけでも楽しめるものにお金をつかう方が増えました。この消費行動の変化が、旧車の価格高騰にも大きな影響を与えたと言われています。しかし、昨今では外出の自粛要請も緩和されて人々の生活は元に戻りつつあり、コロナ禍で価格が高騰したものがどんどん値下がる可能性があります。事実、アメリカの中古車販売大手の「カーバナ(Carvana)」の株価は、新型コロナウイルス流行初期に比べて99%も下落しました。(※2022年12月時点)日本にとっても決して対岸の火事とは言えません。

レパードの買取専門ページはこちら

旧車王バナー旧車王バナー

価格が高くなりやすいレパードの特徴

現在以上の高騰は見込めないとお伝えしましたが、そんな中でもどんな個体が評価されやすいのでしょうか。高値になりやすいレパードを紹介していきます。

こまめにメンテナンスされている

メンテナンスが行き届いているレパードは高く評価される傾向があります。特に年式の低い車両は、ゴム部品の劣化が進んでいる場合がありチェックする必要があります。
エンジンから足回りまで総合的にメンテナンスの行き届いている車両は高値で取引されるでしょう。

「あぶない刑事」の劇中車に近い仕様

劇中で登場する「港303」は2代目レパード前期型アルティマです。ボディカラーは、ゴールドツートンです。主な装備はサンルーフ、足回りにはスーパーソニックサスペンションを採用し、リニアに路面をサーチして減衰力を変更します。エンジンはVG30DE型を搭載しています。インテリアはフルコンソール・スタイルで操作系を理想的な位置に配置。運転席にはラグジュアリー・パワーシートで助手席はパートナー・コンフォートシートを装備しています。熱心なファンはレストア時にルーフパネルを交換し、サンルーフ仕様にしているようです。

希少な4代目「JY33」

初代の雰囲気を踏襲しつつ、より高級感とより高性能な車両として生まれ変わりました。
電子制御によるトラクション・コントロールとサスペンションにより安定した走りを提供します。N/AのVG30E型エンジンとターボ仕様のVQ30DET型エンジンの2種類があります。インテリアは滑らかな曲面を基調とし、明るいカラーコーディネートで統一。

なお、後期型はバンパー形状が一部変更されています。前期型の販売台数が10,000台に対して後期型の販売台数は2,000台と少なく、特に希少価値が高くなっています。現在中古車として流通しているJY33型はわずか2台しかありません。

 

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

よくある質問

Q.レパードってどんな車?

日産自動車から1980年に発売された高級セダンです。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q.レパードの中古価格はどう変動していく?

レパードの現在以上の高騰が見込めないと言われています。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q.レパードはどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

総合的にエンジンから足回りまでメンテナンスが施されている状態だと価格が高くなりやすいです。 詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

古い車の買い替えのタイミングは?何故なるべく早く売却するべきなのか?

古い車の買い替えのタイミングは?何故なるべく早く売却するべきなのか?

旧車市場動向 2022-02-15
旧車を高く買い取ってもらう方法。査定相場や業者選びのコツも紹介!

旧車を高く買い取ってもらう方法。査定相場や業者選びのコツも紹介!

旧車売買の豆知識 2022-02-01
ハイソカーって何?現代車の礎となったバブル期の名車を振り返る

ハイソカーって何?現代車の礎となったバブル期の名車を振り返る

旧車売買の豆知識 2022-01-17
トヨタ MR-Sの価格高騰はもう終わり!?MR-Sの概要と中古車事情を解説

トヨタ MR-Sの価格高騰はもう終わり!?MR-Sの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-02-03
トヨタ3代目セルシオ(30系)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

トヨタ3代目セルシオ(30系)の維持費は高い?内訳といくらかかるかを解説

旧車売買の豆知識 2023-02-03
トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

トヨタ ランドクルーザー(70系)は故障が多い!?修理費はいくらかかるかを解説

旧車メンテナンス 2023-02-02
トヨタ FJクルーザーの価格高騰はもう終わり!?FJクルーザーの概要と中古車事情を解説

トヨタ FJクルーザーの価格高騰はもう終わり!?FJクルーザーの概要と中古車事情を解説

旧車市場動向 2023-02-01
車の遺品整理はどうしたらいい?相続手続き・売却について徹底解説

車の遺品整理はどうしたらいい?相続手続き・売却について徹底解説

旧車売買の豆知識 2023-02-01

記事ランキング

1
旧車バブルは崩壊が始まった!?中古車の価格高騰が終わりを迎える理由とは

旧車バブルは崩壊が始まった!?中古車の価格高騰が終わりを迎える理由とは

旧車市場動向 2023-01-24
2
走行距離課税とは?現時点でわかっていることやメリット・デメリットを解説

走行距離課税とは?現時点でわかっていることやメリット・デメリットを解説

旧車売買の豆知識 2022-11-28
3
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-08-30
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
5
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2022-08-24
6
車を親名義にしておくメリットやデメリットとは?売却手続きや名義変更についても紹介

車を親名義にしておくメリットやデメリットとは?売却手続きや名義変更についても紹介

旧車売買の豆知識 2022-09-29
7
オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10
8
車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

車購入時に気をつけたい「車庫飛ばし」 故意に行われるケース、過失によるケースも解説

旧車売買の豆知識 2022-08-17

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝