未だ人気の衰えないFRハッチバッククーペ!日産180SXの魅力を解説

目次
1.スタイリッシュ&スポーティで若者を熱狂させた180SX 2.180SXの3つのモデルについて解説 3.180SXの中古車市場 4.まとめ

1989年のバブル絶頂期に登場したFRスポーツハッチバック、日産180SX。S13シルビアをベースとしつつ、リトラクタブルヘッドライトを採用したシャープな外観や、高出力のターボエンジンといった個性を持ち、当時の若者に絶大な人気を誇りました。

今回はそんなスタイリッシュかつスポーティな180SXの魅力と、中古市場について解説していきます。

スタイリッシュ&スポーティで若者を熱狂させた180SX

180SXは日産の小型ハッチバッククーペとして、1989年5月に発売されました。

1988年5月に登場したS13シルビアとは兄弟車であり、プラットフォームやエンジン、そのほか車体の多くの部分を共有。ファストバック形状のボディや角型2灯式のリトラクタブルヘッドライト、全グレードターボモデルのみのラインナップなど、S13シルビアと比べてスポーティ寄りのコンセプトとなっています。

最高出力175psの1.8リッター直4ターボエンジン(CA18DET型)や、Cd値0.30の空気抵抗係数を誇るボディラインといった走行性能の高さも相まって、若者を中心に人気が爆発。約11万5000台の販売台数のうち9割はMTモデルで、スポーツカーとして多くのファンを生みました。

180SXの3つのモデルについて解説

180SXは、1989年5月から1999年1月の約10年という長い期間で販売され、そのモデルサイクルのなかで大きく「前期」「中期」「後期」の3つに分類することができます。

本来の「180」エンジンを持つ前期型

1989年5月に発売開始された前期型は、最高出力175ps、1.8リッターターボのCA18DET型エンジンを搭載。180SXの「180」は排気量を現すものですが、中期型からは2.0リッターにアップするため、車名どおりのエンジンを搭載するのはこの前期型のみとなります。

グレードは「タイプⅠ」と「タイプⅡ」に分けられ、前者は簡易装備の廉価モデル。後者はオーディオやパワーウィンドウなどの装備を充実させた快適仕様です。前期型の特徴としては、フロントバンパーのナンバー上部にはダミーダクトがあり、シートはヘッドレスト一体型のものが使われている点が挙げられます。

モデルサイクル中もっとも人気の高かった中期型

1991年1月のマイナーチェンジで中期型となった180SXは、エンジンが2リッターターボのSR20DET型に一新。最高出力は前期型の175psから30psアップの205psとなりました。

外観はフロントバンパーのダミーダクトがなくなったことでシンプルな印象になったとともに、タイヤのサイズアップやホイールデザインも変更されています。グレードはデジタル表示式オートエアコンや、専用リアスポイラーなどを装備した最上級グレード「タイプIII」が追加されました。

エンジンの出力向上でさらにスポーティになった中期型は、走り屋の若者を中心に大ブレイク。販売期間中でもっとも生産台数が多くなったモデルでもあります。その分峠などでの事故が多くなり、修復歴ありの中古車がこの時期に一気に増えてしまいました。また、保険料が上昇してしまった車種としても有名です。

後期型ではアグレッシブなエクステリアに

1996年8月のマイナーチェンジから後期型に一新。フロントバンパーはダクトが追加され、疾走感のあるデザインになったとともに、リアコンビネーションランプもスカイラインを彷彿とさせる丸型に変更。そのほかにも大型リアスポイラーが装着されるなど、後期型はエクステリア面での変更が多くなっています。

新たなグレードとしては、2リッターの自然吸気(NA)SR20DE型エンジンを搭載した「タイプS」が追加されました。最高出力は140psと、当然ながらターボモデルほどの出力はなく、あまり世に出回っていませんが、NAエンジンを愛するコアな車ファンにはひそかに人気のグレードとなっています。

そして、この当時はすでにミニバンなどの実用車が人気を博しており、スポーツカー人気は低迷真っただ中。180SXも例外ではなく、この頃には通常の生産ラインに乗らず、ほぼ受注生産に近い状態で生産されていました。最終的には1999年1月発売のS15シルビアの登場と同時に販売終了となりました。

180SXの中古車市場

そんな180SXですが、スポーツカーとしての人気は衰えず、サーキットやドリフト界では未だ現役であり、それとともに市場価値も上昇しています。

2021年12月時点での大手中古車サイトでは、1997年式 11.7万km走行の後期型最上級グレード「タイプX」が452万円のプライスとなっていました。最安値でも1995年式 16.9万km走行の「タイプX」が130万円となっており、当時の同グレードの新車販売価格が約260万円であることを考えると、180SXの人気の高さがうかがえます。

一方、旧車王の買取価格は中期型、後期型ともに大きな違いはなく、廉価グレードの「タイプⅠ」や「タイプS」では~200万円。上級グレードの「タイプX」では~300万円の高価買取となっています。

まとめ

FRハッチバックスポーツとして多くの若者を魅了した180SX。1993年10月のS14シルビア発売後もフルモデルチェンジはせず、そのままのS13シルビアベースで販売され続けたことが、180SXの何よりの人気の証といえます。

今や180SXは安価で購入できる車ではありませんが、リトラクタブルヘッドライトを備えたFRハッチバッククーペという時代離れしたそのフォルムは、必ずやコスト以上の満足感を与えてくれるでしょう。

[ライター/増田真吾]

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

空冷よりもポルシェらしい!?初の水冷エンジンを搭載した996型ポルシェ911

空冷よりもポルシェらしい!?初の水冷エンジンを搭載した996型ポルシェ911

旧車の魅力 2022-05-11
一般市場だけじゃなくレースでも無敵!日本の大衆車市場を切り開いた日産 サニー

一般市場だけじゃなくレースでも無敵!日本の大衆車市場を切り開いた日産 サニー

旧車の魅力 2022-05-09
シビックはtypeRだけじゃない!EG6シビックSiRの底力!

シビックはtypeRだけじゃない!EG6シビックSiRの底力!

旧車の魅力 2022-05-02
鉄仮面ことR30型スカイラインは日産の技術力で時代背景をも打ち破った車種だった

鉄仮面ことR30型スカイラインは日産の技術力で時代背景をも打ち破った車種だった

旧車の魅力 2022-04-20
最高出力150psのフレンチホットハッチ!ルノー・クリオ・ウィリアムズの魅力に迫る

最高出力150psのフレンチホットハッチ!ルノー・クリオ・ウィリアムズの魅力に迫る

旧車の魅力 2022-04-13
80万円で買えるMT車は実力派ぞろい!?初心者から上級者まで楽しめるMT車5選

80万円で買えるMT車は実力派ぞろい!?初心者から上級者まで楽しめるMT車5選

旧車の魅力 2022-04-06
いすゞ117クーペは「カーデザイン」の革命児

いすゞ117クーペは「カーデザイン」の革命児

旧車の魅力 2022-03-31
詰め込まれた最新技術と豪華な内装がスゴイ!日産 430型セドリック

詰め込まれた最新技術と豪華な内装がスゴイ!日産 430型セドリック

旧車の魅力 2022-03-24

記事ランキング

1
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
2
これぞ名機!根強い人気を保つ日産「L型」エンジンの魅力に迫る

これぞ名機!根強い人気を保つ日産「L型」エンジンの魅力に迫る

旧車の魅力 2022-02-09
3
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
5
トヨタ MR2の維持費はいくら?国産初のミッドシップスポーツに今乗りたい!

トヨタ MR2の維持費はいくら?国産初のミッドシップスポーツに今乗りたい!

旧車メンテナンス 2022-02-10
6
4ドアになってもFF最強!FD2型シビックタイプRの中古車事情とは?

4ドアになってもFF最強!FD2型シビックタイプRの中古車事情とは?

旧車市場動向 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール