日本アルミ弁当箱協会会長「アルミ弁当箱図鑑 厳選50 」出版への道

目次
1.■第4回 ~アルミ弁当箱図鑑 厳選50 出版への道~ 2.■「アルミ弁当箱図鑑」という発想 3.■しかし簡単には・・・・ 4.■苦労は続くよどこまでも! 5.■そしてついに出版!まさかのYAHOO!のトップ記事に! 6.■今回の斜めから見た旧車~「日産スカイライン(1968年)」

■第4回 ~アルミ弁当箱図鑑 厳選50 出版への道~

どうも!「日本アルミ弁当箱協会」会長のマツド・デラックスでございます。

 「旧車王ヒストリア」連載4回目となりました今回は「アルミ弁当箱図鑑 厳選50 ーマニア編ー 出版への道」を語らせていただきます!

旧車王バナー旧車王バナー

■「アルミ弁当箱図鑑」という発想

まず、この「アルミ弁当箱図鑑 厳選50 ーマニア編ー」を作りたいと思ったきっかけからお話ししていきます。

そこは遡ること3年前、今回出版させていただく編集部の編集長さまとの久しぶりの再会からはじまりました。

以前はファッション系(男性)の雑誌を作られていて、そこで記事を書かせていただいていたのですが、私が車系のライターに方向転換し、疎遠に・・・。

久しぶりにお会いすると、本の出版を数多く手がけており「どうだい?本作るか?」という軽い問いかけに、瞬時に「図鑑を作りたいです!アルミ弁当箱の!」と答えたのです。

■しかし簡単には・・・・

ところが、ここから発売まで3年という年月を費やすことに。

簡単にはいかなかったのです。

それはなぜか?それは私が「オタク」寄りの出版物を出したかったからです。

しかし、ヴァンタスさんの出版物は正統派のものが多く、私の構想と大きくかけ離れてしまいました。

私は、出版は諦め、コレクターとしてアルミ弁当箱を極めたいと収集に全力を尽くしていくと、少しずつ展示のチャンスをいただき、ついにはトークショーを開催するまでになったのです!

そこで取材やメディアへの露出のおかげで、再度出版のチャンスをいただくことになったのです。

この期間が3年でした。

旧車王バナー旧車王バナー

■苦労は続くよどこまでも!

しかしこれですべてOKとはならないのです。

アルミ弁当箱会社へアルミ弁当箱の使用許諾をとりたかったからです。

そこで「日本軽金属協会」さまに問い合わせ、私の所有しているアルミ弁当箱会社を調べていただきました。

なんと、その結果・・・99%のアルミ弁当会社が「吸収合併」「部門消滅」「倒産」「廃業」「不明」という結果でした。

そして、1社だけ現存していたアルミ弁当箱会社「大一アルミニウム」さんにたどり着いたのです。

70年間アルミ弁当箱を作り続けている会社に訪問させていただき、アルミ弁当箱の衰退期のお話から当時の繁忙期のエピソードまで教えていただくことができました。

■そしてついに出版!まさかのYAHOO!のトップ記事に!

そんな四苦八苦の道のりを経て「アルミ弁当箱図鑑 厳選50 ーマニア編ー」はできあがったのです!

そして取材していただいた「集英社オンライン」さまの記事が掲載されると奇跡が起きました。

まさかのYAHOO!のトップ記事で紹介されたのです。

なんとコメント数が600近くも!

なおかつ、コメントは温かいものが大多数を占めていました。

感動しました。

6年間という長い道のりではありましたが、ここまでこられたのは、私に愛想を尽かさず応援し続けていただいた皆様のお陰です。

病気などもあり、諦めかけていたこともアルミ弁当箱への「愛情」を持ち続けることでここまでこれたのだと思っております。

最後の目標としてはアルミ弁当箱ミュージアム設立まで走り続けたいと思っております!

改めて皆様ありがとうございます!そして9月17日発売の「アルミ弁当箱図鑑」をよろしくお願いいたします!

オールカラーの100ページに様々なジャンルのアルミ弁当箱を詰め込んでおります。是非、読んでいただければありがたいです!よろしくお願いいたします。

◎アルミ弁当箱図鑑 厳選50 ーマニア編ー マツドデラックスコレクション (ヴァンタス) | マツド・デラックス 

https://www.amazon.co.jp/dp/4907061471

旧車王バナー旧車王バナー

■今回の斜めから見た旧車~「日産スカイライン(1968年)」

さてまたまたやって来ましたこのコーナーは、本当に無理矢理アルミ弁当箱からの「斜め」から見た旧車コーナーです。

今回は「スカイライン」です。

ではなぜ今回「スカイライン」なのか?

それには今回のアルミ弁当箱図鑑のなかで私が語っていた「愛情」が関係しています。

お察しのとおり今回は「キャッチコピー」からの旧車です。

そう私のアルミ弁当箱への「愛」と「愛のスカイライン」をつなげてみました。

イメージ的には「ケンメリ」の方が「愛のスカイライン」のイメージが強い方も多いかもしれません。

実は意外にも(ファンは知ってます!と突っ込まれるかも)「ハコスカ」からのキャッチコピーだったのですね!

スカイラインに限らず自分の車は「愛車」。

そして、コレクション等も「愛」があってのこと。

これからもアルミ弁当箱にも旧車にも「ゆる~く」愛情を注ぎながら、旧車を紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

[画像・日産/撮影&ライター・マツド・デラックス(山本圭亮)]

 

画像1 画像2 画像3 画像4
画像ギャラリー(全4枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

お調子者営業マンだった私が、Z32専門店を立ち上げるまで[エピソード2]

お調子者営業マンだった私が、Z32専門店を立ち上げるまで[エピソード2]

ライフスタイル 2022-10-02
愛車を連れ大海原の波に揺られて・・・カーフェリー旅のススメ

愛車を連れ大海原の波に揺られて・・・カーフェリー旅のススメ

ライフスタイル 2022-09-19
お調子者営業マンだった私が、Z32専門店を立ち上げるまで

お調子者営業マンだった私が、Z32専門店を立ち上げるまで

ライフスタイル 2022-09-07
日本アルミ弁当箱協会会長の「ちょっと斜めから見た旧車たち」Vol.3

日本アルミ弁当箱協会会長の「ちょっと斜めから見た旧車たち」Vol.3

ライフスタイル 2022-09-04
クラウンも変わる激動の時代!16代目クラウンの登場に想いを馳せる

クラウンも変わる激動の時代!16代目クラウンの登場に想いを馳せる

ライフスタイル 2022-08-29
ワンオーナー車のセリカXXも販売中!ガレーヂカレントジャパン直撃レポート

ワンオーナー車のセリカXXも販売中!ガレーヂカレントジャパン直撃レポート

ライフスタイル 2022-08-27
絶対楽しい旧車ライフ超入門!!その2 各年代に触れ、雰囲気も楽しむ

絶対楽しい旧車ライフ超入門!!その2 各年代に触れ、雰囲気も楽しむ

ライフスタイル 2022-08-24
1台だけよりも心強い⁉複数台所有のメリット・デメリットとは?

1台だけよりも心強い⁉複数台所有のメリット・デメリットとは?

ライフスタイル 2022-08-16

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
4
免許返納後に再取得はできる?再取得の流れや費用なども紹介

免許返納後に再取得はできる?再取得の流れや費用なども紹介

旧車コラム 2022-02-09
5
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-08-30
6
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー