免許返納の平均年齢とは。何歳で免許を返納すべき?

目次
1.免許を返納した人の平均年齢 2.高齢者の交通死亡事故の発生状況 3.年齢が若くても免許返納を検討した方がよいケース

免許の自主返納数は、増加傾向にあります。免許は、何歳からでも返納できますが、具体的に何歳ぐらいの方が返納しているのでしょうか。今回は、免許の自主返納する年齢について解説します。

免許を返納した人の平均年齢

画像1

運転免許統計によると、次のようなデータがあります。

(出典元:運転免許統計

上記は、令和2年における年齢別の免許返納数です。

75歳前後で返納する人が多くいることがわかります。

「高齢運転者」と呼ばれる70歳を過ぎると、免許更新するためには「高齢者講習」を受講する必要があります。免許を更新する方は、免許更新満了日の6ヶ月前から更新期間満了日までの間に受講しなくてはいけません。「高齢者講習」を受講すると、「高齢者講習終了証明書」が発行され、その証明書を持って免許の更新へ行く流れになります。(詳しくは、こちらをご覧ください。)

つまり、「高齢者講習」と「免許の更新」を別々に行う必要があり、また、それぞれに費用もかかります。加齢により、身体能力が下がってしまったり、認知能力・判断力が低下してしまったりする事実は避けられません。そんな中でも、どうしても運転を続けなくてはいけない場合、「運転が続けられる能力があるかどうか」を客観的に判断してもらう必要があります。

実際、免許を更新するために必要な段階は、面倒であったり、手間に感じてしまったりすることでしょう。また、実際に運転をすることに不安を感じていたり、家族から「心配だから」と提案されたりする場合もあるので、その年齢がちょうど75歳前後になるのではないかと考えられます。

高齢者の交通死亡事故の発生状況

「令和元年における交通死亡事故の発生状況等について」の資料によると、高齢者の交通事故の発生状況は、年々減少傾向にあります。警察庁の資料によると、令和元年時の交通事故死亡者の数が前年比の-317人(-9.0%)でした。交通事故志望者の数が減ったのは、自動車乗車中死者数の高齢者が減少した点が影響していると考えられます。

(出典元:令和元年における交通死亡事故の発生状況等について

また、75歳以上の高齢運転者による事故のうち、「ハンドルの操作不適」や「ブレーキとアクセルの踏み間違い」などが原因と考えられています。

年齢が若くても免許返納を検討した方がよいケース

免許は、若い世代でも返納した方がよい場合があります。具体的に、検討した方がよいケースについて4点紹介します。

運転に自信がない

免許を取得したものの、運転に自信がない場合は免許返納を視野に入れてみてもよいかもしれません。中には、とりあえず免許を取ってみたという場合もあるでしょう。運転する頻度が低すぎると、運転能力が少しずつ下がってきて、久しぶりに運転する際に不安を感じることになるかもしれません。

視力や判断力が衰えてきた気がする

身体能力の衰えは、年齢によって生じる場合もありますが、身体の状態・状況などによっても変化します。視力が衰えてきたり、判断力が鈍ってきたりする場合は、運転中に危険な状況に陥りやすいため、免許返納を視野に入れた方がよいかもしれません。

車の維持費の支払が厳しい

若い頃は、収入が比較的低い傾向にあることに加えて、ガソリン代の値上がりによって出費が大きくなる場合があります。月極駐車場を借りていれば駐車場がかかり、そのほかにも車検費用や定期点検などの費用などもかかります。このような車の維持費の支払が厳しくなり、免許を返納する方もいるでしょう。

いつの間にか車のすり傷が増えている

鍵が当たってついた傷や爪、鞄、小石などが当たってできる傷などがつくのは仕方がないことです。しかし、いつの間にか大きな傷がついている場合は、ぶつかったり擦ったりしたことに気づけていない可能性があります。このような場合、判断力や認識能力が低下していることが考えられるため、免許返納を視野に入れた方がよいかもしれません。

よくある質問

免許返納についてのよくある質問を紹介します。

Q.免許返納の平均年齢は?

免許返納の平均年齢は、75歳前後とされています。 詳しくは こちらをご覧ください。

Q.平均年齢に達していなくても免許返納はした方がよい?

平均年齢に達していなくても免許返納を検討してよい場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q.高齢者の交通死亡事故は増えている?

高齢者の交通死亡事故は、年々減少傾向にあります。 詳しくはこちらをご覧ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

ターボが搭載されなかった新型GR86!ユーザーの不満を受けてでも徹底したいそのコンセプトとは?

ターボが搭載されなかった新型GR86!ユーザーの不満を受けてでも徹底したいそのコンセプトとは?

旧車コラム 2022-08-03
広大な農場で使うのにちょうど良い!軽トラやデリカなどの実用車の旧車も海外で人気急騰

広大な農場で使うのにちょうど良い!軽トラやデリカなどの実用車の旧車も海外で人気急騰

旧車コラム 2022-07-13
市販車の基礎を築いたのにフェラーリの名を与えられなかった不遇の名車ディーノ 246GT

市販車の基礎を築いたのにフェラーリの名を与えられなかった不遇の名車ディーノ 246GT

旧車コラム 2022-04-12
自動車税(種別割)はクレジットカードで納付できる?方法や注意点も紹介

自動車税(種別割)はクレジットカードで納付できる?方法や注意点も紹介

旧車コラム 2022-03-30
グループAで活躍した車は今でも人気!代表的な人気モデルや中古車事情を解説

グループAで活躍した車は今でも人気!代表的な人気モデルや中古車事情を解説

旧車コラム 2022-03-29
西部警察の車は今でも人気!ドラマに登場した車を振り返ってみよう

西部警察の車は今でも人気!ドラマに登場した車を振り返ってみよう

旧車コラム 2022-03-25
免許返納は田舎で生活してるとできない?その理由と対策を解説

免許返納は田舎で生活してるとできない?その理由と対策を解説

旧車コラム 2022-02-25
死亡後の免許返納しなくてはいけないのか。免許返納手続きの方法を解説。

死亡後の免許返納しなくてはいけないのか。免許返納手続きの方法を解説。

旧車コラム 2022-02-25

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12
4
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-02-16
5
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
6
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
7
シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-04-12
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え!