なんと発売から14年目! デリカD:5が長きにわたり愛される理由とは?

目次
1.デリカD:5の歴史 2.クリーンディーゼルのメリットとデメリット 3.数あるミニバンの中からデリカD:5を選ぶ理由 4.デリカD:5を売るなら旧車王に査定を依頼する

三菱を代表する車種といえば何を思い浮かべるでしょうか。パジェロやランサーエボリューションという人もいるでしょう。しかし両車種とも現在は販売終了しています。今の三菱を代表する車種といえばデリカD:5ではないでしょうか。

驚くべきことに、発売から14年経った今でも好調な販売をキープしています。途中何度も改良を加えつつも、14年という長きに渡って愛されてきた理由は何だったんでしょうか。その理由を紐解いていきます。

デリカD:5の歴史

デリカD:5は2007年にデリカシリーズの5代目としてデビューしました。D:5がこれまでのデリカシリーズと大きく異なる点は、パジェロベースからD:5専用設計となったことです。専用設計となったことである程度のオフロード性能は保ちつつ、大部分を占めるであろう市街地走行での快適性が大幅に向上しました。

さらに2013年には、新たにクリーンディーゼルを投入したことで燃費やトルクも向上し、結果として商品力にも磨きがかかりました。実際、追加後は過半数以上の人がより高価なディーゼルを購入していることからもその人気がうかがえます。

そしてその後も堅調に販売を続け、2018年には主にフロントフェイスなど大幅な改良を施したビッグマイナーチェンジ版が発売されました。外見が大きく変わっただけでなくディーゼルエンジンがより改良されたものになったりと機関面でも様々な変更点があることも特徴です。

クリーンディーゼルのメリットとデメリット

従来の排気ガスがもくもくと出るディーゼルエンジンとは違い、排気ガスが綺麗なことがD:5に搭載されたクリーンディーゼルの利点です。そして生まれ変わったディーゼルエンジンを積んだD:5では、環境面に優れているだけでなく、販売面からみても主力エンジンになりました。

そこで、もはやD:5のメインエンジンとなったディーゼルモデルについて詳しくみていきます。

メリット

メリットの一つ目はガソリン車と比べて、燃費やパワーが優れていることです。もちろんガソリン車との価格差はありますし、燃料代だけでそれをペイすることは厳しいでしょう。しかし、発進時から大トルクによる余裕の加速力を感じられ、ロングドライブ時も低い回転数で快適に巡行できます。また7~8人乗車や荷物が満載といったD:5ならではの場面でも、パワー不足を感じることもないでしょう。

そして、売却時もガソリン車よりも大幅に高いリセールバリューが期待できます。燃費の差と買取金額の差を足せば、ガソリン車との車体価格差も大きく縮むかもしれません。

デメリット

デメリットのひとつめはやはりガソリン車と比べ価格が高いことでしょう。中古車で買うとなると約30万円以上の価格差があります。もちろん多少燃費や売却時の価格も優れていますが、そうは言っても最初に払う金額が多いのは確かです。

また、ビッグマイナーチェンジ後の車両は排ガスを綺麗にするためにアドブルーという水溶液を補給する必要があります。これはエンジンオイルとは全く別ものであり、かつタンクが空になってしまうとエンジンの再始動ができなくなります。補給するタイミングは大体1万キロごととなりますが、一回で約5,000円ほど費用もかかります。

数あるミニバンの中からデリカD:5を選ぶ理由

デリカD:5の個性といえば、家族も荷物もみんなで乗れるミニバンでありながらオフロードや雪道も難なく走れる四駆性能をもっていることに尽きるでしょう。これは他メーカーにはない、デリカD:5だけの唯一無二の個性です。

車においての個性は、ある意味そのままセールスポイントになる場合があります。デリカD:5はその最たる例といえるでしょう。例えば、家族でスキーなどのアウトドアに行っても、または昨今多く発生している異常気象の中でも、優れた四駆性能をもつデリカなら安心です。もちろん基本はミニバンなのでユーティリティも兼ね備えています。

昔ディーラーのセールスマンにこんなことを聞いたことがあります。それは「デリカを一度買うと、デリカを乗り継ぐ人が多い」という話でした。実際、豊富なカスタムパーツやデリカの専門店があることからも人気の高さが分かります。

デリカシリーズはこのようにファンが多いことも特徴です。一度乗ってみると、その魅力に気づき、虜になるかもしれません。

デリカD:5を売るなら旧車王に査定を依頼する

デリカD:5を高価で売却したい場合は旧車王がおすすめです。デリカD:5に精通した専門スタッフは特徴及びセールスポイントを正確に把握しています。そのため14年以上経過した初期型などの、一般買取店では評価が難しい状態でも高額査定を実現します。

ディーラーでの下取り金額では不満な方、一括査定の鳴り止まない電話にうんざりの方などは、高価査定の旧車王にぜひともお任せください。

[ライター/旧車王編集部]

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

空冷よりもポルシェらしい!?初の水冷エンジンを搭載した996型ポルシェ911

空冷よりもポルシェらしい!?初の水冷エンジンを搭載した996型ポルシェ911

旧車の魅力 2022-05-11
一般市場だけじゃなくレースでも無敵!日本の大衆車市場を切り開いた日産 サニー

一般市場だけじゃなくレースでも無敵!日本の大衆車市場を切り開いた日産 サニー

旧車の魅力 2022-05-09
シビックはtypeRだけじゃない!EG6シビックSiRの底力!

シビックはtypeRだけじゃない!EG6シビックSiRの底力!

旧車の魅力 2022-05-02
鉄仮面ことR30型スカイラインは日産の技術力で時代背景をも打ち破った車種だった

鉄仮面ことR30型スカイラインは日産の技術力で時代背景をも打ち破った車種だった

旧車の魅力 2022-04-20
最高出力150psのフレンチホットハッチ!ルノー・クリオ・ウィリアムズの魅力に迫る

最高出力150psのフレンチホットハッチ!ルノー・クリオ・ウィリアムズの魅力に迫る

旧車の魅力 2022-04-13
80万円で買えるMT車は実力派ぞろい!?初心者から上級者まで楽しめるMT車5選

80万円で買えるMT車は実力派ぞろい!?初心者から上級者まで楽しめるMT車5選

旧車の魅力 2022-04-06
いすゞ117クーペは「カーデザイン」の革命児

いすゞ117クーペは「カーデザイン」の革命児

旧車の魅力 2022-03-31
詰め込まれた最新技術と豪華な内装がスゴイ!日産 430型セドリック

詰め込まれた最新技術と豪華な内装がスゴイ!日産 430型セドリック

旧車の魅力 2022-03-24

記事ランキング

1
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
2
これぞ名機!根強い人気を保つ日産「L型」エンジンの魅力に迫る

これぞ名機!根強い人気を保つ日産「L型」エンジンの魅力に迫る

旧車の魅力 2022-02-09
3
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
4
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
5
トヨタ MR2の維持費はいくら?国産初のミッドシップスポーツに今乗りたい!

トヨタ MR2の維持費はいくら?国産初のミッドシップスポーツに今乗りたい!

旧車メンテナンス 2022-02-10
6
4ドアになってもFF最強!FD2型シビックタイプRの中古車事情とは?

4ドアになってもFF最強!FD2型シビックタイプRの中古車事情とは?

旧車市場動向 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

オークションでは1億円越えで落札!国内最高峰のスーパースポーツカー、レクサス LFAとは?

旧車の魅力 2022-02-10

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール