盗難車が事故を起こしたときは誰が損害賠償請求される?所有者が責任を問われるケースや被害者への補償も紹介

目次
1.盗難車が事故を起こしたときは誰が損害賠償請求される? 2.盗難車が事故を起こしたときに管理責任を問われるケース 3.犯人による被害者への補償について 4.所有者による被害者への補償について

日本は治安がよいとはいえ、車が盗まれることもあります。盗難車は犯人から乱暴に扱われることが多いため、事故に発展する確率も高いでしょう。この記事では、盗難車が事故を起こしたときは、誰が損害賠償請求されるのかについて解説します。所有者が責任を問われるケースや、被害者への補償についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

盗難車が事故を起こしたときは誰が損害賠償請求される?

盗難車が事故を起こしたときは、基本的に車を盗んだ犯人が損害賠償請求されます。2017年1月に川崎市内で起こった盗難車の事故では、車の所有者は責任を問われていません。しかし車を盗まれた所有者は、100%責任を問われないわけではないため注意が必要です。

盗難車が事故を起こしたときに管理責任を問われるケース

車の管理が適切でなく簡単に盗まれる状況だった場合は、所有者にも落ち度があるため、損害賠償請求される可能性もあります。続いて、車を盗まれた所有者が管理責任を問われるケースを紹介します。

例①エンジンやキーをつけっぱなしにして長時間離れる

エンジンやキーをつけっぱなしにして車から長時間離れていた場合は、管理責任を問われ損害賠償請求される可能性があります。これは、エンジンやキーをつけっぱなしにして車から長時間離れるという盗まれやすい状況を自分で作ってしまっているからです。

またドアロックをせず、誰でも安易に接触できるような場所に車を停めていた場合も、管理責任を問われます。エンジンを止めてドアを施錠し、必ずキーを持って車から離れるようにしましょう。

例②盗難されてから盗難届を出さなかった

盗難されてから盗難届を出さなかった場合も、管理責任を問われ、損害賠償請求される可能性があります。盗難届を出せば、警察が車を探してくれるため、事故を防げる可能性もあるでしょう。しかし車を盗まれたにもかかわらず、速やかに盗難届を出さなかった場合、管理責任を問われます。盗まれた場合は、盗難届を速やかに提出し、車の行方と犯人を警察に追ってもらいましょう。

犯人による被害者への補償について

所有者に賠償責任がない場合、被害者への補償は、犯人が全額負担する必要があります。しかし車を盗難する犯人は、支払い能力がないケースがほとんどです。犯人に支払い能力がない場合、政府補償事業から被害者に対して自賠責保険の支払い基準をもとに、てん補金が支払われます。政府補償事業とは、盗難車や無保険車による事故に遭い、自賠責共済から保険金を受け取れなくて困っている被害者を救うための制度です。

しかし自賠責保険は、人が死傷したときに支払われる保険金のため、車の修理費用は補償されません。支払い能力がない相手と事故に遭った場合、車両保険に入っていると、車の修理費用も補償されるので安心です。さらに自賠責共済から支払われる保険金では足りない場合、被害者は自分が加入している自動車保険の人身傷害保険を使えます。人身傷害保険は、使っても等級に影響しないため、保険料が上がることを気にせず利用できます。被害者は、自分の人身傷害保険で不足分を賄えることも、把握しておきましょう。

所有者による被害者への補償について

所有者にも損害賠償責任がある場合は、契約している自賠責保険や自動車保険の対人賠償保険で補償できます。また盗難車が他人の家や車、電柱などに衝突した場合は、対物賠償保険で補償されます。対人賠償保険や対物賠償保険の保険金は、無制限で加入している人が多いですが、限度額が設定されている可能性もあるため、再度補償内容を確認しましょう。

よくある質問

盗難車による事故について、よくある質問をまとめました。車を盗まれた人は参考にしてください。

Q.盗難車の所有者が責任を問われるのはどんなケース?

エンジンやキーをつけっぱなしで車から長時間離れたり、速やかに盗難届を出さなかったりした場合は、所有者にも落ち度があるため責任を問われます。 詳しくはこちらを参考にしてください。

Q.犯人は被害者にどうやって補償する?

被害者に対しての補償は、犯人が全額負担する必要があります。 詳しくはこちらを参考にしてください。

Q.所有者が責任を問われた場合は被害者にどうやって補償する?

所有者が責任を問われた場合は、自身が契約している自賠責保険と自動車保険を使って、被害者に補償する必要があります。 詳しくはこちらを参考にしてください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

車の「初度登録」とは?調べ方や初年度登録年月が必要な場面について解説

車の「初度登録」とは?調べ方や初年度登録年月が必要な場面について解説

旧車売買の豆知識 2022-08-10
カーローンにはどんな種類がある?選び方やそれぞれのメリットについても解説

カーローンにはどんな種類がある?選び方やそれぞれのメリットについても解説

旧車売買の豆知識 2022-08-10
修復歴がある中古車は避けるべき?修復歴がある車のリスクやメリットなどを解説

修復歴がある中古車は避けるべき?修復歴がある車のリスクやメリットなどを解説

旧車売買の豆知識 2022-08-10
水没車とは?その問題点や見分け方まで解説

水没車とは?その問題点や見分け方まで解説

旧車売買の豆知識 2022-08-10
コスパが良いのは新車・中古車どっち?コスパの良さを比較してみた

コスパが良いのは新車・中古車どっち?コスパの良さを比較してみた

旧車売買の豆知識 2022-08-09
走行距離10万キロの車は廃車寸前?購入する際のメリットやデメリットについても解説

走行距離10万キロの車は廃車寸前?購入する際のメリットやデメリットについても解説

旧車売買の豆知識 2022-08-09
中古タイヤはお得なのか?メリット・デメリットや選ぶ際のポイントを解説

中古タイヤはお得なのか?メリット・デメリットや選ぶ際のポイントを解説

旧車売買の豆知識 2022-08-04
昭和の名車とは?名車の条件や代表的なモデルについても解説

昭和の名車とは?名車の条件や代表的なモデルについても解説

旧車売買の豆知識 2022-08-03

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12
4
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-02-16
5
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
6
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
7
シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-04-12
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え!