ランドクルーザー200が高騰している? その理由と魅力を解説します。

目次
1.ランクル200とは 2.ランクル200は高騰している? 3.ランクル200はいつまで値上がりしそう? 4.価格が高くなりやすいランクル200の特徴

1951年8月に発売されて以来その抜群な走破性能と居住性が高い評価を受け、世界108カ国で愛用されているランドクルーザーシリーズ。今回は2007年にデビューしたランドクルーザー200系にフォーカスして、その魅力と特徴をお送りします。また、現在の買取相場や今後高騰する見通しについて解説します。ランドクルーザー200系を所有している方や、購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

ランクル200とは

ランドクルーザー200とは、2007年にトヨタ自動車が世に送り出したハイエンドSUVです。超高張力鋼板を用いた安全性と軽量化が施されたボディシェルを採用しています。シャーシには、歴代から受け継ぐラダーフレームに強化されたサイドレールを採用し堅牢な剛性を獲得しました。

ボディシェルとラダーフレームを結びつけると、振動遮断の点で有利になります。オフローダーでの仕様を前提としているランドクルーザーは、細かな振動を吸収する仕組みや、操縦の安定性を高める仕組みを採用しています。

足回りはフロントにダブルウィッシュボーン式、リヤに上下左右4本のコントロールアームにラテラルロッドを加えたリジットサスペンションを採用し、走破性と走行安定性の両立を図りました。

約2.7トンの車重を軽快に走らせるのが、V型8気筒エンジンです。2007年登場時には、4.7リッターエンジンでしたが、2009年にはトルク重視のチューニングが施された4.6リッターエンジンに換装されました。

トランスミッションは全グレードに6速オートマチックを採用し、シーケンシャルシフトマチックと呼ばれる方式でマニュアル感覚のシフト操作もできます。AX Gセレクションに採用されているKDSSは油圧作動スタビライザーを装備し、サスペンションチューニングがなくてもオフロードに適したトラクションを確保してくれます。

ランクル200は高騰している?

ランクル200は高騰しています。2021年8月にランクル300が発売されましたが、納車に4年近くかかることからランクル200に注目が集まっていると考えられます。

2021年6月の平均車両価格は約421万円でしたが、2022年5月の段階では約481万円と60万円近く高騰しています。最も高い車両は約899万円となっています。(出典元:車選びドットコム

ランクル200はいつまで値上がりしそう?

明言はできませんがランクル200は緩やかに高騰が続きそうです。ビッグマイナーチェンジを行った中期モデルは未だに人気があり、その中でもZXグレードは非常に人気が高いため値上がりは今後も続くでしょう。

価格が高くなりやすいランクル200の特徴

ランクル200を売却を検討される際には、車両の価値を事前に確認することが大切です。
続いて高値になりやすいランクル200を詳しく紹介します。

こまめにメンテナンスをしている

ランクル200はその他のSUVと同様にシビアなドライビングを前提に造られています。走破性を担うシステムの多くが電子制御化されていますので、通常のメンテナンスにプラスして電子的な点検も必要になってきます。1年に1度はトラブルを未然に防止するために電子的なチェックをディーラーで行うとよいでしょう。

その他にもオイル関係は交換時期が短い傾向があるため、忘れずに交換してください。定期交換部品の指定通りに交換することが長持ちの秘訣です。

エンジンが変わって人気が高まった中期以降のモデル

発売から8年後、2回目のマイナーチェンジを迎え、内外装のデザインと電装系が大幅に変更されました。ヘッドライト、フロントグリル、フロントフェンダーがワイルドで威厳のあるフロントフェイスになりました。
リヤコンビネーションランプとライセンスガーニッシュもより一体感のあるデザインへ変化しています。

インテリアは約7割が見直され、基本デザインは踏襲されているものの、手元や足元などは表皮巻きを施し、スイッチやセンターコンソールは金属感のあるシルバーで統一されています。

エアコンなどの操作系は中央に集約され、ユーザーが迷うことなく使用できます。特徴的なメーター類なども大幅に変更され視認性の向上を果たしました。ドライバーをサポートする4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイはナビゲーションと連動してエコドライブインジケーター、タイヤ切れ角度、速度を表示します。

プリクラッシュセイフティシステムから大幅に変わったのがトヨタセーフティセンスを全車標準搭載した事です。プリクラッシュセイフティシステム、ミリ波レーダーと単眼カメラによる検知システムによるレーダークルーズコントロール、車線逸脱を知らせるレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの4つのパッケージを装備しています。

マルチテレインモニターには、アンダーフロアビューとフロントビューを表示し、車両の死角となる部分も視覚化できる運転支援機能もあります。その他にも4輪とスペアタイヤの空気圧も監視できるタイヤ空気圧警報システムも設定されています。

最上級グレードのZX系

AX Gセレクションをベースに先進的なシステムを装備しているのがZXです。足まわりは20インチアルミホイールに4ホイールアクティブハイトコントロールとアダプティブ・バリアブル・サスペンション・システムを装備しています。4ホイールアクティブハイトコントロールは乗り心地を良くするとともに、車高調整機能によってハイモードでフロントを50ミリ、リヤを60ミリ上げることができます。

また、ローモードではフロントを60ミリ、リヤを40ミリ下げることができます。(標準の最低地上高は、225ミリ)ハイモードでは走破性能を、ローモードはユーザーの乗降性を高めるため、用途やシーンに合わせて使い分けるとよいでしょう。
電子制御式可変ダンパーのアダプティブ・バリアブル・サスペンション・システムにも注目してください。
道路の走行状態に合わせて減衰力をコントロールすることができるほか、パワートレインとパワーステアリングの制御まで行います。

シートはセミアニリン仕上げの本革を使用しています。セミアニリンとは、革の高級感を持ちつつ、直射日光や水滴、衣服の擦過に対する高い耐久性を持つレザーです。

よくある質問

Q.ランクル200ってどんな車?

2007年にトヨタ自動車から発売されたハイエンドSUVです。 詳しくはこちらをご覧下さい。

Q.ランクル200は高騰しているの?

ランクル200は緩やかに高騰しています。特に中期モデルや最上級グレードのZXに人気が集中しています。 詳しくはこちらをご覧下さい。

Q.ランクル200はどんな状態だと価格が高くなりやすいの?

走行距離が短く、定期的にエンジンや足回りを含む電子的なメンテナンスが行われている状態だと付加価値が高くなる傾向があります。詳しくはこちらをご覧下さい。

画像1 画像2 画像3
画像ギャラリー(全3枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-06-28
アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

旧車市場動向 2022-06-06
スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

スポーツカーの絶版モデルは人気が高い!絶版スポーツカーの魅力や人気モデル8車種を紹介

旧車市場動向 2022-06-01
MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

MT車の中古車が高騰中?!操る楽しさが価値になるMT車の買取り事情を解説

旧車市場動向 2022-05-31
絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

絶版車の人気が上昇中!? その理由と魅力を解説します。

旧車市場動向 2022-05-27

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

【旧車いじめ?】13年以上経過車の自動車税はいくらかかる?

旧車売買の豆知識 2022-02-10
4
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
5
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
6
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベント