ハイエースワゴンのリセールバリューは?人気の理由や高く売る方法も解説

目次
1.ハイエースワゴンとは 2.ハイエースが人気の理由 3.ハイエースワゴンは希少 4.ハイエースワゴンのリセールバリューの相場 5.ハイエースワゴンを高く売る方法 6.ハイエースワゴンの高価買取ができる業者の特徴 7.ハイエースワゴンの売却なら旧車王がおすすめ

ハイエースワゴンは、国産車の中でもリセールバリューの非常に高い人気の車です。今回はハイエースワゴンのリセールバリューについてや、高く売る方法について解説します。ハイエースワゴンの購入や売却を検討中の方は参考にしてください。

ハイエースワゴンとは

ハイエースワゴンとは、1967年に販売が開始されたトヨタのキャブオーバーワンボックスカーです。100万km以上の走行に耐えられる車体設計や5ナンバーのボディサイズが魅力で、同クラスの国産車内でも圧倒的な人気を誇ります。セミボンネット化する同カテゴリーの車が多い中でも、安全基準を満たすことで広大な車内空間を実現していることが最大の魅力です。

ハイエースが人気の理由

広い車内を利用した車中泊のためのベッドキットや数多くのドレスアップパーツなども揃っており、カスタムベースとして高い人気を誇ります。また、5ナンバーサイズのナローボディで低重心のため取り回しがしやすく、高い基本性能であることもロングセラーとなっている理由のひとつです。

ハイエースワゴンは希少

ハイエースワゴンは希少です。ハイエースはブランドとして月間数万台をコンスタントに販売しています。しかし、ラインナップで最も販売比率が高いのはバン系で、その割合は1ナンバーや8ナンバーを含むと90%前後にも及びます。

ビジネスユースだけでなくキャンパーやバイクの運搬、レースのベースカーとして圧倒的な支持を得ている証といえます。その半面で乗用に特化したハイエースワゴンは、新車の販売構成比も低く中古車市場での流通量も少ない状況です。

ハイエースワゴンのリセールバリューの相場

世界的にも人気のあるハイエースワゴンはリセールバリューが非常に高い車です。一般家庭でのレジャー使用だけでなく、団体での移動や商用利用にもニーズがあり海外での需要もとどまることを知りません。相場としては3年落ちで200万円台後半〜300万円台前半、5年落ちで200万円台前半〜200万円台後半、7年落ちで200万円台前半が目安となります。

他の車と比較すると使用用途の違いや耐久性の高さが異なるため、一般的に市場価値が低くなる新車登録から5〜6年が経過した車両でも高い価値がつきます。中古車市場の相場から考えると、新車からの値落ち率の低さは驚異的といえるでしょう。

ハイエースワゴンを高く売る方法

ハイエースワゴンを高く売る方法を解説します。ハイエースワゴンを所有されている方は参考にしてください。

内装の状態に気をつける

ハイエースワゴンは、複数名での移動や家族でのレジャーに使用されることが多いため、劣化が少ない内装のものは高く売却できます。こまめに清掃するとともに、シートやマットなどにシミが付着した場合は早めに拭き取りましょう。そのほか、除菌や消臭にも気を配ることもおすすめします。

車検非対応のパーツは外しておく

ハイエースワゴンは、多くのメーカーから様々なアフターパーツが販売されています。中には車検非対応のものもあるため、査定前には取り外しておきましょう。下取りや買取後に取り外す手間があると、査定価格はマイナス計上されてしまうため注意が必要です。

こまめにメンテナンスしている

ハイエースワゴンは長距離移動に使われることが多い傾向にあります。ハイエースワゴンは耐久性に優れているものの、エンジンオイルや消耗品の交換は推奨時期ごとにしっかり行うことが重要です。また、ディーゼルエンジン仕様の場合は、50,000kmを目安に燃料フィルターの交換を行うことでエンジンの調子を維持できます。ガソリン車とは異なり汚れやすいので注意が必要です。

ハイエースワゴンの高価買取ができる業者の特徴

ハイエースワゴンは、リセールバリューが高い車です。しかし、業者によって査定価格には大きな開きが出てしまいます。より高価買取してくれる業者の特徴について解説します。

二重査定をしない

二重査定とは、車の買取契約のあとに二重査定(再査定)を行い不備があった場合は減額されることです。最初に査定士が行ったチェックでは見つからなかった不具合が後に発覚した時に起こるケースで、民法上では瑕疵担保責任を追及できます。査定時に二重査定の有無を確認し、売買契約時にもその旨の説明があるか確認しましょう。

旧車の買取実績が豊富

ハイエースワゴンは、モデルサイクルが長く古い型式でも高額査定となる可能性が高い車です。旧車の買取実績が豊富な業者は型式やグレードごとの相場の違いを理解しており、的確な査定価格を提案してくれます。一般的な車とは違い、ハイエースワゴン専門の査定士がいる業者がおすすめです。

ハイエースワゴンの売却なら旧車王がおすすめ

旧車王では二重査定はありません。200ヶ所に及ぶ項目を設定し細部まで鑑定するため、買取契約後に減額といった内容には至らず安心して買取依頼をしていただけます。カスタム仕様に関しても状態によって加点してくれるケースもありますのでおすすめです。

よくある質問

ハイエースワゴンに関するよくある質問です。

Q.ハイエースワゴンはどんな車

ハイエースワゴンは発売から50周年を超えたトヨタのキャブオーバーワンボックスカーです。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q.ハイエースワゴンが人気の理由は

ハイエースは車内が広く、カスタムベースとしても人気です。 詳しくはこちらをご覧ください。

ハイエースワゴンのリセールバリューは?

ハイエースワゴンは、リセールバリューの高い車です。 詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

ダットサン ピックアップのリセールバリューはどのくらい?車両概要や高く売る方法も解説

ダットサン ピックアップのリセールバリューはどのくらい?車両概要や高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-07-11
ホンダ プレリュードのリセールバリューはどのくらい?魅力や高く売る方法についても解説

ホンダ プレリュードのリセールバリューはどのくらい?魅力や高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-11
スカイライン 2000ターボのリセールバリューとは?高く売る方法についても解説

スカイライン 2000ターボのリセールバリューとは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-06
シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

シーマのリセールバリューは?高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-07-05
トヨタ セルシオのリセールバリューはどのくらい?高く売る方法も解説

トヨタ セルシオのリセールバリューはどのくらい?高く売る方法も解説

旧車市場動向 2022-07-05
パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

パジェロのリセールバリュー 高く売る方法についても解説

旧車市場動向 2022-06-30
パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

パブリカのリセールバリューは?歴史や高く売る方法を解説

旧車市場動向 2022-06-29
アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

アルテッツァが値上がり中!FRスポーツセダン「アルテッツァ」の概要と中古車事情について解説

旧車市場動向 2022-06-06

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12
4
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-02-16
5
JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

JDMとは?海外の若者が熱狂する日本車文化

旧車売買の豆知識 2022-02-16
6
新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

新型が出る今が買い?150系ランドクルーザープラドの中古車事情

旧車市場動向 2022-04-08
7
シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

シビックTYPE Rは高騰している?今後の予測も解説

旧車市場動向 2022-04-12
8
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え!