車の「初度登録」とは?調べ方や初年度登録年月が必要な場面について解説

目次
1.初度登録年月とは 2.初度登録年月の確認方法 3.初度登録年月の情報が必要なシーン

車に備え付けておかなければならない車検証には、さまざまな情報が記載されています。今回は、車検証の情報の中の「初度登録年月」が何の年月を意味しているのか解説するとともに、初度登録の情報が必要となる場面、製造年月や登録年月日との違いについて紹介します。

初度登録年月とは

初度登録年月は、その車が日本国内で初めて登録(車検証を交付)がされた年と月のことです。軽自動車の場合は「初度検査年月」となります。普通車と軽自動車のいずれも車検証の上段中央付近に「令和4年3月」というように和暦で表記されます。

初度登録年月は、一般的に年式と言われるため、年式と表記した方がわかりやすいかもしれません。しかし、後述する製造年月を年式と呼ぶこともあります。そのため、「年式」が最初に登録された年を指しているのか、製造された年のことなのか間違えないよう注意してください。

では、製造年月や登録年月日と初度登録年月には、どのような違いがあるのでしょうか。

製造年月との違いは?

製造年月は、車が製造された時期のことです。製造年を燃焼装置と呼ぶこともあります。また、初度登録の年月は、製造年月と一致しないこともあるため、初度登録=製造年と認識しないよう注意してください。

登録年月日との違いは?

登録年月日は、車検証が交付された日です。そのため、普通車の車検証には「登録年月日/交付年月日」と表記されています。

中古車を購入したり、車検証の記載事項を変更したりすると、新しい車検証が交付され、登録年月日が新しい日付に変わります。なお、登録年月日が変わっても、初度登録は変わりません。

旧車王バナー旧車王バナー

初度登録年月の確認方法

ここからは、初度登録の確認方法を紹介します。

車検証を見る

車検証を見ると、最初に登録された年月(初度登録年月)を知ることができます。

普通車の場合は「初度登録年月」、軽自動車の場合は「初度検査年月」が最初に登録された年月(初度登録年月)です。車検証の初度登録と車検証が交付された日を示す「登録年月日/交付年月日」と並んでいるため、確認するときに見間違えないよう注意しましょう。

売買契約書を見る

売買契約書を見ることで、登録が予定されている年月を知ることができます。

ただし、工場を出荷する日や輸送状況、納車整備や装備品の装着などが遅れると登録時期が変わります。そのため、売買契約書に記載されている年月はあくまでも目安と考えておく方がよいでしょう。

また、新車の場合、世界的な半導体不足の影響などにより、納期が未定になったり、1年以上の長期になったりすることも珍しくありません。そのため、売買契約書による初度登録の確認は目安程度に考えておくとよいでしょう。

初度登録年月の情報が必要なシーン

ここからは、初度登録年月がどのようなシーンで必要になるのか紹介します。

車両保険金額の目安を知りたいとき

最初に登録された年からは、自動車保険の車両保険金額(支払限度額)の目安がわかります。
車両保険の支払限度額は、車のあらゆる情報をもとに決定します。この支払限度額を算出するために必要な情報のひとつが最初に登録された年なのです。車両保険金額は、契約している保険会社や新たに契約する保険会社に確認しましょう。

税金の目安を知りたいとき

税金が重課される時期を知りたいときも、最初に登録された年がいつなのかという情報が必要です。

自動車税は、初めて登録された年月から一定の年数が経過すると重課されます。自動車税が重課されるタイミングは、ディーゼル車が11年、ガソリン車が13年経過したときです。また、自動車重量税も13年経過すると重課されます。

例えば、現時点から12年前が初度登録の中古車を購入した場合、翌年から税金が重課となります。年式が古い車を購入するときは、いつから税金が重課されるのか、税金がどのくらい高くなるのか確認しておきましょう。

よくある質問

初度登録年月について、よくある質問をまとめました。最初に登録された年月である初度登録年月の意味や確認方法などを知りたいときの参考にしてみてください。

Q.初度登録年月って何?

日本国内で初めて登録された年月です。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.初度登録年月はどうやって確認する?

車検証で確認できます。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.初度登録年月がどういう場面で必要になるの?

車両保険金額の目安を知るときや税金が重課される時期を知るときに必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。

画像1 画像2
画像ギャラリー(全2枚)を見る

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取No.1の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して22年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

関連する記事

日産 R34型GT-RとER34の違いとは?同じR34型なのに中古車価格はひと桁違う!

日産 R34型GT-RとER34の違いとは?同じR34型なのに中古車価格はひと桁違う!

旧車売買の豆知識 2022-10-03
これぞシンプルイズベスト!?リーフスプリングのメリットとデメリット

これぞシンプルイズベスト!?リーフスプリングのメリットとデメリット

旧車売買の豆知識 2022-10-03
盗難車での事故!賠償責任は誰に?所有者が気もつけるべきポイントも解説

盗難車での事故!賠償責任は誰に?所有者が気もつけるべきポイントも解説

旧車売買の豆知識 2022-09-30
【初心者向け】中古車の買い方ガイド!失敗しないためのポイントを徹底解説

【初心者向け】中古車の買い方ガイド!失敗しないためのポイントを徹底解説

旧車売買の豆知識 2022-09-30
中古車を減価償却する方法とは?耐用年数や計算方法も解説

中古車を減価償却する方法とは?耐用年数や計算方法も解説

旧車売買の豆知識 2022-09-30
これでOK!中古車購入の必要書類ガイド|準備の手順も解説

これでOK!中古車購入の必要書類ガイド|準備の手順も解説

旧車売買の豆知識 2022-09-30
【完全ガイド】中古車購入の流れ!必要書類・注意点も解説

【完全ガイド】中古車購入の流れ!必要書類・注意点も解説

旧車売買の豆知識 2022-09-30
登録済未使用車とは?メリットとデメリット・購入時の注意点を解説

登録済未使用車とは?メリットとデメリット・購入時の注意点を解説

旧車売買の豆知識 2022-09-30

記事ランキング

1
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2022-02-16
2
トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

トヨタ史上最強のエンジン!現在も活躍し続ける「2JZ-GTE」の魅力と秘密とは?

旧車の魅力 2022-01-17
3
運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

運転免許が期限切れでも返納はできる?免許返納のメリットについても解説

旧車コラム 2022-01-31
4
免許返納後に再取得はできる?再取得の流れや費用なども紹介

免許返納後に再取得はできる?再取得の流れや費用なども紹介

旧車コラム 2022-02-09
5
買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

買って後悔!?ランクル70の3つの魅力と3つ欠点

旧車の魅力 2022-08-30
6
てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

てんかんの発作があると免許は返納しなければならないのか解説

旧車コラム 2022-01-31
7
免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

免許返納をしたらタクシーの特典を受けられるのか解説

旧車コラム 2022-01-31
8
クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

クラウンは高騰している?値上がりがいつまで続くかも解説

旧車市場動向 2022-04-12

カテゴリ一覧

# 旧車ニュース # 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー