クルマがオーバーヒートした時の修理は高い?オーバーヒートの原因や修理費用の目安を解説

目次
1.クルマのオーバーヒートとは 2.クルマのオーバーヒートの原因 3.オーバーヒートが起きたときの対応方法 4.オーバーヒートの修理費用の目安 5.まとめ

クルマのオーバーヒートは、エンジンが異常に熱くなることで発生する現象です。エンジンが故障し、クルマが動かなくなる可能性もあるため、早めに対処する必要があります。今回は、クルマがオーバーヒートする原因や修理費用の目安などについて解説します。

クルマのオーバーヒートとは

オーバーヒートは、エンジンの冷却や排熱がスムーズにできなくなることで起きる異常発熱です。エンジンがオーバーヒートしないよう、日頃から冷却システムや排熱システムの手入れやメンテナンスをしておく必要があります。

旧車王バナー旧車王バナー

クルマのオーバーヒートの原因

オーバーヒートは、エンジンの冷却システムに不具合が起きたり、エンジンで発生した熱を排出できなかったりして発生します。ここからは、オーバーヒートの原因を詳しく解説します。

冷却水の漏れ・不足

エンジンの冷却に必要な冷却水が漏れていたり不足していたりするとオーバーヒートしやすくなります。主な原因は、タンクやホースなどの損傷や劣化です。

ウォーターポンプの故障

ウォーターポンプは、冷却するための水を循環させるためのポンプです。このポンプが故障すると冷却システムが作動しなくなるため、オーバーヒートしやすくなります。

ラジエーターの故障

熱を帯びた水を冷やすラジエーターが故障すると、オーバーヒートしやすくなります。ラジエーターはクルマの前方に向けて取り付けられていることが多く、飛散物によって破損したり塞がってしまう場合があるため、定期的に状態をチェックしておくとよいでしょう。

サーモスタットの故障

サーモスタットは、冷却水の流れをコントロールするバルブです。サーモスタットが正しく作動しないと、冷却水の流れを正しく調整できないため、オーバーヒートしやすくなります。

潤滑システムの故障

エンジン内部をはじめとするオイル関係の潤滑がスムーズにされないと、オーバーヒートしやすくなります。オイルは、各部を潤滑するという役割があるだけでなく、各部を冷却するという役割も担っています。そのため、定期的なオイル交換やフィルター交換は実施しておきましょう。

オーバーヒートが起きたときの対応方法

日頃から点検や部品交換などをしていても、悪条件が重なるとオーバーヒートしてしまう場合があります。もし、クルマがオーバーヒートしたら、安全な場所に停車して、クルマを冷却しましょう。

ここからは、オーバーヒートの前兆や対応方法について詳しく紹介します。

オーバーヒートの前兆

クルマがオーバーヒートする可能性については、メーター内の表示が参考になります。メーター内の水温計が70〜90℃であれば正常です。しかし、それ以上の温度になり「H」ゲージに迫っているときは、オーバーヒートするリスクが高まっています。

メーター内に水温計がない場合は、赤の警告灯が点灯するため、すぐに異常であることがわかるでしょう。異常な高温に気がついたら、安全な場所に停車して、クルマを冷却してください。

オーバーヒートしたときの対処法

安全に停止できる場所がすぐに見つけられなかったり、メーター表示に気が付かなかったりして、走行中に異音や異臭がしてきたら、すでにオーバーヒートしている状態です。このような場合は一刻も早くクルマを止めて冷却してください。そのまま走行を続けると、エンジンが故障してしまいます。

安全な場所にクルマを止めて冷却した結果、水温が下がれば再び走行できます。ただし、オーバーヒートを引き起こす原因を突き止め、修理や部品交換をしなければ再発してしまうでしょう。そのため、走行できる状態になったら、いち早くディーラーや整備工場などにクルマを持ち込んで修理してもらいましょう。

旧車王バナー旧車王バナー

オーバーヒートの修理費用の目安

オーバーヒートした際の修理費用は、原因・修理内容・交換部品などによって異なります。

冷却水の不足が原因だった場合は、補充だけで修理が完了するため、1,000円程度で修理できるでしょう。ただし、冷却システムや排熱システムの複数箇所に不具合がある場合は、数万円の費用がかかります。

また、オーバーヒートによってエンジンそのものが故障してしまった場合は、少なくとも10万円以上、エンジンによっては100万円以上の費用がかかります。

このような予定外の出費を強いられないようにするためにも、日常点検や法定点検などの各種点検は確実に実施しておきましょう。

まとめ

クルマのオーバーヒートは、冷却システムや排熱システムの進歩によって減少傾向にありますが、冷却や排熱がうまくできない条件の下で運転していると起きてしまうことがあります。オーバーヒートを防ぐためにも、日頃から点検やメンテナンスを実施してください。また、冷却や排熱ができない条件下で長時間さらした場合は、休憩する際にクルマを冷却しましょう。

旧車の買取なら「旧車王」におまかせ!

長い時間を共にした愛車だからこそ、売却先にもこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。
旧車王は、旧車に特化して20年以上買取を続けております。旧車に関する実績と知識なら、どこに負けない自信があります。また、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する「二重査定」も一切ございません。誠実にお客さまのクルマと向き合い、適正に査定いたします。
全国どこでも無料で出張査定にうかがいますので、大事な愛車の売却先にお悩みの方はぜひ「旧車王」にご相談ください。

画像1
画像ギャラリー(全1枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して24年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

ホンダ EF9型グランドシビックがVTECの凄さを証明! ホットハッチの定番車種にまでのぼりつめた魅力に迫る

ホンダ EF9型グランドシビックがVTECの凄さを証明! ホットハッチの定番車種にまでのぼりつめた魅力に迫る

旧車の魅力 2024-06-25
ランドクルーザー プラドのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

ランドクルーザー プラドのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

旧車市場動向 2024-06-25
トヨタ ハイラックスのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

トヨタ ハイラックスのリセールは高い?買取相場や高く売るコツを解説!

旧車市場動向 2024-06-25
トヨタ センチュリーのリセールはよい?買取相場や高く売るコツを紹介!

トヨタ センチュリーのリセールはよい?買取相場や高く売るコツを紹介!

旧車市場動向 2024-06-25
2023年1月にランクル100が25年ルール解禁!今後値上がりする?

2023年1月にランクル100が25年ルール解禁!今後値上がりする?

旧車市場動向 2024-06-25
クルマのサンバイザーの修理方法は?故障の原因や交換についても解説

クルマのサンバイザーの修理方法は?故障の原因や交換についても解説

旧車メンテナンス 2024-06-25
クルマのウインカーの修理はどこに依頼したらいい?主な故障や修理依頼先について解説

クルマのウインカーの修理はどこに依頼したらいい?主な故障や修理依頼先について解説

旧車メンテナンス 2024-06-25
「タイレルP34」と「レイナード93D」に見惚れる!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.10

「タイレルP34」と「レイナード93D」に見惚れる!手作りの6輪F1タイレルP34を追え!Vol.10

タイレルP34を追え! 2024-06-25

記事ランキング

1
20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

20代のクルマ好きから「初代ロードスター乗りたいんです」と聞かれてマジレスした話

ライフスタイル 2024-05-30
2
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
3
車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

車検ステッカーの貼り付け位置はどこ?間違えた場合の罰則も紹介

旧車売買の豆知識 2024-02-02
4
MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

MT車(マニュアル車)の運転方法とは?発進・停止・ギアチェンジ・坂道発進のコツを解説

旧車売買の豆知識 2024-04-19
5
車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

車用サンシェードの効果を解説!フロントガラスへの取り付け方や選び方まで

旧車売買の豆知識 2024-03-04
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

トヨタ 2000GTとは?値段・価格動向や歴史について解説

旧車売買の豆知識 2024-01-25
8
あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

あぶない刑事に登場した車8選!それぞれの特徴も解説

旧車売買の豆知識 2023-03-07

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ