参加台数は100台以上!熱海ヒストリカ2022イベントレポート

目次
1.■小雨が降るなか「熱海ヒストリカ2022」が開催 2.■特異なクルマと若者の邂逅 3.■「蒼いクルマたち」が集結 4.■横道を行く 5.■国内最古のカークラブ、オートモービルクラブジャパン(ACJ)とは? 6.■まとめ:クラシックカーのイベントは敷居が高そうに思う方ほど参加を!

■小雨が降るなか「熱海ヒストリカ2022」が開催

去る10月10日、小雨降る南熱海・長浜海浜公園芝生エリアにて、クラシックカーイベント「熱海ヒストリカ2022」が開催された。

主催はACJ(オートモービルクラブジャパン)。

長浜海浜公園では秋の風物詩ともいえるイベントで、この日公園内の緑地部分にクラシックカーが100台以上が整列した。

参加資格は1995年までに製造された車両、国産外車は特に区分けはない。

会場には10時から開催となっていたが、既に9時を過ぎた頃にはほとんどの車両が集まっていた。

クラシックイベントでも、1995年という枠組みから、わりと近年の車両と思えるR32GT⁻Rのようなクルマから、見たこともないような欧州車まで・・・。

広範囲にわたるクルマで参加者や居合わせた見物人を楽しませてくれた。

旧車王バナー旧車王バナー

■特異なクルマと若者の邂逅

今年のヒストリカではバブルカーが少なからずエントリーしており、筆者も唖然とする車両がこのツェンダップ・ヤヌスである。

バブルカー最盛期に1年ほどというごくわずかな時間生産され、現存は世界でも数十台もちろん、日本にはこれ1台だという。

正直、筆者も初めて見るどころか、存在すら知らなかった。

50代である筆者をしてその状態なのだから、若い方などは推して知るべしである。

BMWのイセッタベースの600など、ドアが前面から開くことに驚き、なぜこのようになっているのかと質問攻めにするほどであった。

黎明期の車両など、現代の洗練されきった車両からすれば一見無意味な構造に違いない。

しかし、そうなった過程にはもちろん意味があるのだが、彼らからすれば不合理極まりないものに見えるようだ。

温故知新、そうしたことを知ることも、また教える意味でもこうした車両の存在は大事だろう。

■「蒼いクルマたち」が集結

今回は主催者の意向であるテーマ車両が多数参加していた。

それは「Team Blue Blood」と称する蒼いクルマのエントリー枠だ。

いわゆる青系なら年式問わずどのようなクルマでも参加可能というものだ。

この枠には30台近くエントリーしていた。

そのこともあって毎年クラシックカーのみ(一部現行のスーパーカー等を含む)が芝生エリアに並んでいたが、今年は現行モデルの国産車がちらほら姿があった。

イベントの区分けとしてはどうなのか?

そう思われる向きもあるかもしれないが、筆者は悪くない試みではないかと思う。

現代の水準において、旧車はあまりにも値段が上昇してしまった。

その結果、人によっては縁遠い、あるいは手の出ないものとして捉えられているかもしれない。

それでも、懐かしさだけでなく興味を持って会場を訪れてくれた人に、より身近にクルマもオーナーも知ってもらうことは重要だと感じるからだ。

そうした意味で、現行車両でテーマに沿って来てくれた人も、参加者として迎え入れた意義は大きいと思う。

旧車王バナー旧車王バナー

■横道を行く

会場外にいる車両をピックアップする横道を行く。

例によって探した結果、今回は駐車場ではなく会場内で見つけた1台を。

明らかにモディファイドされたクルマなのですが、ベースはMR-S。

一見するとリア回りなどポルシェのボクスターのようにも見える。

いったいこれは何かとたまたまクルマに戻ってきたオーナーに伺うと、アブフラックというエアロパーツ(カスタマイズ)メーカーのものだそうだ。

■国内最古のカークラブ、オートモービルクラブジャパン(ACJ)とは?

主催であるオートモービルクラブジャパン(ACJ)は、国内最古のカークラブである。

最古参というと他にも名乗りを上げそうな話ではあるが、ACJの歴史は明治41年にまで遡る。

さすがにここまで過去にさかのぼられてはいかなるカークラブも最古を名乗ることは難しい。

それもそのはず、この明治41年の8月1日に日本で最初の遠乗会つまりツーリングが行われたのだ。

この時に先頭に立たれたのが有栖川宮殿下であり、他10台と連れ立って国立鎮守の森谷保天満宮まで走ったのが国内初のドライブツアーだとされる。

この際に同時に自動車クラブとして設立されたのがはじまりだ。

前述の谷保天満宮でのイベントはもちろん、熱海ヒストリカをはじめ、多数のイベントを企画または他のクラブとの連携やコラボレーションを行っている。

旧車王バナー旧車王バナー

■まとめ:クラシックカーのイベントは敷居が高そうに思う方ほど参加を!

最近では、熱海ヒストリカも参加車両が多くなり、エントリーが難しくなっているようだ。

しかし、ACJクラブ員は優先的にエントリーができるようになっている。

最古のカークラブとしてこの先を見据えての新しい試みなど、世代交代にも向けた取り組みに歴史と重みを感じずにはいられない。

クルマ好きだが、自クラシックカーのイベントは敷居が高そうに感じる。

そう思われている方こそ、こうした枠組みをきっかけにエントリーすることをお勧めしたい。
 
■Automobile Club Japan
https://acj1908.com/
 


[ライター・撮影/きもだ こよし]  

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10
画像ギャラリー(全28枚)を見る

旧車王のLINE友だち登録
カンタン査定申し込み!

友だち追加

この記事をシェアする

旧車王ヒストリアは
旧車買取20年以上の旧車王
が運営しています

旧車売るなら旧車王

旧車王は、「自動車文化遺産を次世代へ」という信念のもと、旧車・クラシックカーに特化して23年、年間11,000台以上の査定申込をいただいております。改造車から希少車まで、適正価格を見極めて買取させていただきます。弊社所属の鑑定士が最短当日で全国無料出張査定いたします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。特別なそして価値ある希少車の買取こそ、確かなノウハウと実績を持つ旧車王にお任せください!

すぐ査定依頼が可能!

旧車王サイトはこちら

まずは車について気軽に相談したい

どんな相談ができるの?

関連する記事

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
古き良き時代と未来を感じる「2023クラシックカーミーティング&発動機運転会」イベントレポート

古き良き時代と未来を感じる「2023クラシックカーミーティング&発動機運転会」イベントレポート

イベントレポート 2023-11-28
ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」~ マツダ RX-7を完全制覇したご夫婦 ~

ニュージーランド・インタビュー「2Degrees」~ マツダ RX-7を完全制覇したご夫婦 ~

オーナーインタビュー 2023-09-30
世界最大級!マツダ車のみを展示する博物館がドイツにあった!

世界最大級!マツダ車のみを展示する博物館がドイツにあった!

ドイツ現地レポ 2023-08-21
大発見!野球の9つのポジションに当てはまる国産旧車たち

大発見!野球の9つのポジションに当てはまる国産旧車たち

ライフスタイル 2023-07-03
昭和の名車とは?名車の条件や代表的なモデルについても解説

昭和の名車とは?名車の条件や代表的なモデルについても解説

旧車売買の豆知識 2023-06-28
魅惑のロータリーエンジン! オーバーホールの基準や相場は?

魅惑のロータリーエンジン! オーバーホールの基準や相場は?

旧車コラム 2023-05-01
3年ぶりに開催「第14回ゆーるぴあんミーティング」イベントレポート

3年ぶりに開催「第14回ゆーるぴあんミーティング」イベントレポート

イベントレポート 2022-10-05

記事ランキング

1
固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

固着したネジでも諦めないで!回らないネジの緩め方アラカルト

ライフスタイル 2023-09-14
2
アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

アメリカ「25年ルール」とは?名車の中古相場が急騰するしくみ

旧車市場動向 2023-12-28
3
車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

車の雪下ろしは必須!雪を下ろす方法や注意点などを解説

旧車売買の豆知識 2024-02-08
4
車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

車庫証明は本人じゃなくても取得できる!代理人による手続き方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-13
5
車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

車のアンダーカバーが壊れた!修理費用はどのくらい?

旧車メンテナンス 2023-10-18
6
ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

ナンバープレートから個人情報は特定できる?特定できる情報を解説

旧車売買の豆知識 2023-10-27
7
ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

ハイブリッド車は冬に弱い?燃費が落ちる理由や抑える方法を紹介

旧車売買の豆知識 2023-11-28
8
車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

車のキュルキュル音は放置しないで!原因と修理料金を解説

旧車メンテナンス 2023-11-10

カテゴリ一覧

# 旧車コラム # 旧車の魅力 # 旧車売買の豆知識 # 旧車市場動向 # 旧車メンテナンス # エディターズノート # ライタープロフィール # イベントレポート # ライフスタイル # 加藤久美子&博人の見識 # ドイツ現地レポ # ライター愛車レポート # タイレルP34を追え! # オーナーインタビュー # 名車&迷車烈伝 # マツド・デラックスの世界 # 海外現地レポ